ヨコズキゲーム’

ゲームの事しか書いてない らじてんのブログ。

サガスカのバトル・育成は最高

 「イース8」続行中。

 そして「サガ・スカーレットグレイス 緋色の野望」が発売。ああ…こっちもやりたい。早く帰りたい。

 

 

ほんとに最高のバトルなんだよな…

 「サガスカ」は、コマンド式RPGのバトルとしては、ここ数年で一番面白かった。今回拡張アップデートとしてあらためてリリースされるあたり、シビアだったバトルも多少は軟化するのかな?なんて危惧を抱いたりしたものだが、既にプレイしている友人曰く「カエル戦士がどんどん増えて毒撃されまくった」と言っていたので、思わずニッコリ。

www.youtube.com

 ロード爆速化や移動高速化、多量の追加イベント・バトルと来ればプレイしないわけにいかない。サガスカの自由過ぎる展開をより楽しむため、なるべく早めに着手したい気持ちはある。

 

 

しかしイース8も面白くて悩ましい

 気持ちはあるのだけれど「イース8」が思ってたよりボリューミー。しかも全然面白さが途切れない。序盤よりイベント一つ一つの間尺は増えてきたけど、それでもサクサク進む。現在3部途中だが、サブタイトルの人はまだまだチラ見。こりゃまだまだ終わらんな。

 探索もバトルも激しくなっているが、フラッシュムーブとガードがかなり使えるようになってきたし、補助アクセサリーも登場し始めて、むしろ少し楽になってきた印象。

 プレイの方向全くは違うとは言え、並行して遊ぶのは自分にとって難しい2本なので、まずはイース8を終わらせようと思っているが、明日以降の俺はどうなっているのか。知らんがなって話ですよね。俺も知らないです。

 

 

 あ、マジで内容がない。

また無人島生活(イース8はじめました)

 なんでもない日記。

 

 「イース8」をはじめました。

 「ザンキゼロ」がゲームプレイ・内容ともにそこそこ重た目の内容だった。なので、次は、サクサク進みそうなゲームがやりたいな~と思いながら、PSstoreを見てたら、「イース8」が目に入った。一つ前の「セルセタ」がいまいちだったので、様子見したまま忘れてたし、いっちょやってみるか!と。

 

 

無人島から無人島へ

 プレイ開始してから気付いた。

 ザンキゼロ」に続いてまた無人島かよ!!

 全然内容違うけど。

 

 導入は、概ね「いつものイースなんだけど、遭難者を救助することで、次のエリアがアンロックしていく進行が、リニア進行をあまり感じさせず、かつ、地図を少しずつ広げていく冒険感を高めてくれている。

 戦闘・移動はイース7同様サックサク。とにかく、ストレスを感じさせないということをメインにして作られたであろう触りこごちで、爽快感が強い。雑魚を蹴散らし、走りまわって探索するという、基本プレイ自体がノンストレスに楽しい(何気に無双シリーズってこうあるべきなんじゃねえのって思った)。

 難易度ハードで遊んでいると、ボス戦はフラッシュガード・ムーブをしっかり使わないと勝てないバランスなのもいい。

 シナリオのテンポ、サブキャラクターが集まっていく必然性、短めのテキストでサクッと立ててくるキャラクター描写などなど、いちいちバランスの良さが心地いい。

 資材集めなどは多少のマメさが必要になるけれど、今のところ苦痛に感じる場面は皆無。視界に入った敵をサクサク倒すついでに素材ポイントを殴っていたら、なんとなく素材が集まっているレベル。そのうち任意に狙ったりする必要も出てくるのだろうが、地図にはなんの素材が出るかまで表記される上、ファストトラベルも一瞬なので作業カロリー低そう。

 

 とにかくストレス少なさそうなゲームを遊びたくてのチョイスだったが大正解だった。プレイした当時は全然しっくりこなかったんだけど「セルセタ」も今ちゃんと遊んだら楽しいのかしら。

 

 「シルバー」は並行プレイのつもりだったけど、イースが快適過ぎてちょっとイースに集中してしまっているな。

ザンキゼロの小テク

 まだ「ザンキゼロ」をプレイ中。

 難易度をVに上げ、最初のダンジョンから再訪。料理素材と強化剤を収集中。

 

 

無人島生活をほんの少し楽にする小テク

 独自性の強いゲームなので、チュートリアルはかなり充実している方だが、せっかくのチュートリアルをこちらが斜め読みしたせいか、クリア後に気づいた要素があった(普通に書いてないのもあるかもだが、いちいち確認はしてない)。

 同じような人のためにザンキゼロの攻略を楽にしそうな小テクを書いてみようと思う。 

 先に書くと、SNS攻略wikiで攻略情報をガンガン見る人は知ってそうなやつしかないです。

 

 

  • 難易度を上げると、探索中、落石予告や、発見物の報告がアイコンで突然表示される。アレ、長いこと何なのか気付いてなかったけど、ターゲットして〇ボタンでチェックすればいいんですね(壁のボタンなどを調べるのと同じ)。難易度Vだと落石一発で壊滅寸前にされるので必須。工業用接着剤を見つけたりして、うれしいこともある。多分、TIPSに載ってると思う。
  • ペットボトルをキャラに使用すると、ちょっと便意を下げれる。もうステージ1の海岸はゴミだらけなのだが、これに気づいてから、たま~にペットボトルを拾うようになった。終盤はお世話になることないけど。
  • ソイネ就寝はその気になったとき絆イベントまで連続消化するのが楽。どうせスコアは無駄に余るし、絆イベントで得れるスコア?によってそんなに総スコアも減らない。連続で就寝するなら空腹のままでも問題ない。ついでに、ベアリング弾99個などを持たせておけば、持ち物上限のシガバネも取りやすい。寝続けるのが嫌になったら干し肉食べさせまくって冒険に出ればいい。勘のいい人は序盤で速攻気付くんだろうな!
  • 食べ物は基本、干し肉オンリーで。料理を最後までやってわかったが、入手効率、倉庫占有率を考えると、干し肉が一番。基本こそ究極。次点は鶏肉系(でも調理場の改装が必要)。他の食べ物は、腹は満たされるものの便意が上がり過ぎる、重い、数が確保しづらいのに倉庫枠を使ってしまう、などの点から干し肉に劣る。イノシシを屠りまくれ。でも干し肉だけしか食べないのは色気ないから、たまにサラダ作ってあえてリョウに食べさせたりしてる。
  • シャチ肉は全部捨てていい。必要になったらすぐ集まるからどんどん海に投げ込んで吉。
  • 年齢調整だけしたい時はキノコ類を食べるのが楽でいい。拠点で瞬間即死出来るので。シガバネを獲得してしまうため、そのうち使えなくなる手ではあるが。ところで、初めて食べ物アレルギーで即死させてしまったときは、今まで味わったことのないショックを受けたな。そのキャラの魂をフッと落とし穴に落としてしまったみたいで。
  • 小麦粉や米は連続で拾える。ダンジョン中「不用品」とか書いた段ボールには、必ず小麦粉か米が入っているのだが、一回だけでなく、何度も調べると、3~4回くらい連続で入手できる。気付いたときは「マジかよ!!」とひっくり返った。あと、周期は不明だが、たまに復活してる時がある(経過日数?)。パーテーションも復活すればいいのに。もういらんけど。

 

 以上。

 どうでしたでしょうか。もう知ってたでしょうか。そうですか。

 

 クリアしてもなんとなく触り続けて、シガバネ集めするのが楽しい。

 特に、複数パターンの攻撃方法を持ってる敵はなかなかうまくいかない。シガバネ全取得が出来るとは思っていないので、本気で総潰ししていくプレイはしていないんだが、やるなら攻略wiki見ないと辛そうだ。

 手触りがしっかり作られているのもあって、出発→移動→チャージ→ヒット→アイテム回収→整理→帰還のサイクルがテンポよく進むし、慣れきった今でも、調子に乗るとやっぱり死ぬこと含め、クリアしてなお楽しい。もう癖になってる。

 もうしばらく無人島くらしだ。