読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヨコズキゲーム’

ゲームの事しか書いてない らじてんのブログ。

昨日のゼルダプレイ:その7

 会社内、ボーダーだらけ。俺です。

 土日は色々と忙しくて思ったよりゼルダをプレイ出来なかったが、それでも3日分進んだので結構な分量。今日もそんなゼルダのプレイ記録。

 

 

いよいよゲルド地方に行くぞ!

 ゲルド地方行くぞ!って何回思ったろうか。ゲルド地方に向かうと決めてから随分経過するせいで、放置したゴロン族のエリアをクリアした気になってしまうレベル。

 ウオトリー村近辺もざっくりウロウロしたし、カッシーワ(かしわ…)の助言により、森の奥地で祠見つけたりなど、目立った探索はそこそこ終わらせたはずなので、いよいよゲルド地方に進出する。やっとって感じある。

 

 馬宿から出発し、渓谷に正面から入っていく。

 道中でコログを見つけたり祠をクリアしつつ、谷の奥へ。今まででも指折りに切り立った崖が続く。壁面に木の渡しが設営されているが、「落ちたら戻るのが超面倒」という地形が続き、高さに恐怖を感じる。面倒が恐怖に繋がるとは…。

 木の通路を渡って渓谷の上部へ出て、ゲルド地方の塔を解放した後、今度は谷間に戻る。これまでこういう谷な地形は屋上部分を歩いて通過してしまう事が多かったが、谷底になんかある感じすごいあるもんな…と思ったら馬宿があった。降りて良かった。

 馬宿で各種情報を集めてから砂漠へ向かう。通り過ぎてしまった台地の辺りで仲間とはぐれた人がいたが、砂漠で色々片付けたら帰りになんとかするね。

 

 

砂漠だー!オアシスだー!

 砂漠。ひろーい!

 遠くまで見通しが良く、景観だけですでにエモい。

 早速、近場に見えたオアシスへ向かう。昼間なため暑い!ので、耐火装備を着たけど、意味がなかった。なるほど、耐暑は別なのか。そりゃそうだ。キートンよろしくスーツ装備とかないかな(ない)。

 硬い道から外れて砂に足を取られたりしながら、オアシスへ到着。早速情報収集。なるほど、ゲルドの街は女性しか入れないらしい。あとは砂嵐が一定時間消えるとか。とかやってたら、丁度夜になり、早速砂嵐が消えてるやないか。という訳で一路砂嵐の向こうへ。

 

 

塔を解放

 砂嵐が晴れた先にあった塔を目指す。

 この場所の塔、えげつなくでかい縦穴の中に建っており、半端ない高さにビビる。試しに塔の基部を見ようと穴に落ちたら死んだくらい深いとこから生えてる。古代人の技術わけわかんねえくらいすごい。ガノンにイチコロで乗っ取られたけどすごい。

 螺旋状の坂の要所に岩やモリブリンがいるため、崖を登ってショートカット。パラセールしながらバクダンを落として、敵になんとなく嫌がらせする。

 最上部にいたボコブリンなどをふいうちで全滅させ、パラセールで塔へ。解放に成功。これでマップが全て埋まった。これでまた新たな冒険のステージが始まった気がする。

 カッシーワがいて、直球な祠ヒントをくれるが、非常に時間帯が悪い。的は見えてるっつーのに。とりあえずパラセールで落下中に弓を撃ってみたが当然ダメ。出直すことにする。

 

 

ゲルドの街侵入作戦

 オアシスに戻って、ゲルドの街へ向かう。

 侵入を試みるがどうも無理っぽい。絶対見られてないと思っても見つかる。すごい監視体制なので、おとなしく方法を探す事にする。こっそり出入りしてる商人がいる、との事で、オアシスとゲルドの街の往路で探すが、見つからない。宿屋に入ったという情報もあったが、宿屋の中にそれらしい人物といないし…と思ったところで宿屋の外壁に階段があるのを見落としていた。屋上で怪しい人を発見。月光を浴びる変態…。

 たったの600ルピーで女装セットをいただく。リンクの仕上がりっぷりが半端ない。剣も女装も無自覚に才能が溢れている。流石天才剣士。

 サクサクとゲルドの街へ。目の前で着替えてもバレずに入れてくれるのに、街の中で脱ぐと速攻つまみ出されるのな…なんて男装に敏感なんだ…。

 

 

ゲルドの街を散策

 ゲルドの街は結構広く、要素が多い。

 酒場に行った後、盗み聞きしたり、恋愛教室を見学したりして色々と楽しんで見て回った。恋愛教室に通ってる人が夜に個人練習してるとこを見てしまったが、申し訳ない気持ちに。ペディの事を考えても、練習よりぶっつけ本番という気がするよ。大丈夫、君たちなんか大雑把っぽいから。

 ラブポンドを求めて旅する間に婆さんになっちゃった人を見つける。年の功で女装がバレた。この婆さんを思うと、ペディは運が良かったんだろうか。人生色々…。ラブポンドの泉についてリンクが話さなかったけど、それで良かった気もする。

 今回のゲルドは全体におっちょこちょい。かわいげがすごい…。

 

 散策もそこそこに、ゲルドの現族長ルージュに面会。早速女装がバレる。信用してほしけりゃイーガ団に盗まれた兜取り返して来いと。あいつらには個人的に絡まれた恨みがあるので望むとこです。

 ついでに問題の目を盗み、ルージュの日記を盗み見。基本基本…。実は結構抱えてるんだな。ちょっとルト姫を思い出す。そういやゾーラの石碑にルト姫の事書いてあってテンション上がったな。

 兵舎では、よくわからん新種の敵を倒してくれと頼まれる。勿論、安請け合い。

 

 

モルドラジーク退治

 街の入口付近で調教中のスナザラシをパクってモルドラジークを探しに出かけた…が、途中で思いっきり砂嵐に巻き込まれる。砂嵐はマップが使えなくなるのか。また一段と厄介な天候だなぁ。全体に天候に恵まれてない。

 ざっくりで進んでいると、ぽつんと戦士の像が見えたので、なんとなく像の剣が指す方向へ進み祠を発見。結果オーライ。

 祠を終わらせて地上に戻ると、嵐も切れていたので、今度こそモルドラジークの元へ。

 モルドラジークは、スナクジラという趣の敵。モンハンでも戦ったし、最近ホライゾンでもっとやばいのと戦ったぜ!予想どおり、バクダンで釣り上げに成功。巨体で体力もあるが、攻撃がシンプルなので倒しやすい。調子に乗りすぎて一発だけ尻尾攻撃をもらったが、特になんてこともなく撃破。余裕余裕。

 

 

イーガ団アジトへ

 一旦街に戻り、モルドラジークの肝を渡す。その病気の人はどこかに住んでるのかしら。

 次は、兜を取り戻しにイーガ団アジトへ向かう。道中、結構警戒しながら進むが、リザルフォスが少しと若干の敵が出たくらいで、思ったより警戒が薄い。イーガ団の雑魚から、二連弓を手に入れた。これはハテノ村の子供に見せに行かないとな。

 イーガ団のアジトに到着。ここは結構ガチなステルスが要求される様子。シンプルな分、純粋に難しい。外は手薄だったが、中が本番だったのか。思ったより巡回敵の数が多く、何回も死ぬ。ガチンコで敵幹部と戦うとこいつの使う居合抜きが強い強い。こいつの火力、ライネル級じゃない?ズルをしようと櫓に登ろうとしたら返しみたいな構造で失敗。壁を登ったら運悪くすぐ見つかった。ムカついたので、じっくり確実にステルスして徹底的に倒して回る。バナナめっちゃ投げまくり。

 ようやっと全滅させて回転扉から奥へ。

 イーガ団頭目とご対面。なんかがんばれゴエモンの遺伝子入ってるなこいつ。

 頭目とのバトルは、最初一瞬鉄壁っぷりにビビったが、穴を見つけたら完封余裕でした。最後の攻撃はむしろ弱体化してて、幹部の方がよっぽど手強いじゃないか。

 倒した後のイベントは…これいらなかったんじゃないかな…。ゴエモン臭がほんとにすごい。これでイーガ団に絡まれる生活も終わりと思ったら、捨て台詞から察するにそうじゃないらしい。まぁ、ルピーくれるからいいんですけど。

 アジトを抜けたついでに、周囲を軽く散策。近場にあった祠も解放し、一旦街へ戻る。

 

 

神獣へ

 ルージュに兜を返す。ウルボザとの思い出。姉御肌、かつ電撃の術士っぽくてかっこいい。結構、ズケズケとした物言いが清々しい大人物だったみたいだな。

 さて、そのまま流れにのって神獣へ。

 神獣まではザラシサーフィンで突入するらしい。同じくザラシに乗るルージュから離れるな、という内容に緊張するが、実際は結構ついて行きやすくて助かった。もらったバクダン矢を無駄にせず、きっちり4発で神獣の動きを止める。

 いざ、神獣内部へ。

 神獣内部のギミックは、これまででもっとも厄介に感じた。マップを見ても、細かい繋がりがわかりづらく、特に上層へ上がるのに結構苦労した。手当たり次第な感じで、シリンダー状の胴体を回す回す。回して試してを繰り返す。

 ギミックの中では、シリンダーを回し電流を通してから、神獣の尻部分の仕掛けを結線していたが、それを逆の順で操作すれば良いと気づくのに一番時間がかかったな。そこから上層に上がってからはサクサクとクリア。ここもそうだけど祠も電気関係のギミックが苦手だ。特に間違えて近寄ると痺れる辺りが最悪。星1です。リピしません。

 

 

ボス戦

 風のボスは余裕だったので、この雷ボスも余裕かな?と思いきや、そんな事もない。ラバー装備の防御力を全然上げてないため、水ボスと戦った時レベルで大ダメージを喰らう。高速移動に翻弄されるということもないが、たまに喰らうダメージで十分痛い。

 何より、戦闘場所になる胴体内部の構造を整える前に戦いに入ってしまったせいで、遮蔽物が多く、空中にいるボスを追い辛いったらない。戦闘に入るともう弄れないのかよ。降りて来いバカヤロー。

 最後は、刺さった杭をマグネットで拾い、無茶苦茶に振り回していたら勝手にボスが当って撃破。そんな倒し方かよ…。

 苦戦したような、そうでもなかったような。

 ともかく、ウルボザを解放。時のオカリナとの繋がりが垣間見える。ゲルドとしても、かっこいいなウルボザ。宿命の戦いという雰囲気がまた盛り上がって来た。

 

 

ゲルドの街で問題を解決して回る

 街に戻り、案外密やかに神獣調伏の報告。てっきり兜をくれるかと思ったが、それはまた別、とのこと。ルージュいわく、欲しけりゃ街の問題を解決せよと。内心は悩める年頃の子供だが、しっかりしてはるわ…。

 街に砂漠にウロウロウロウロと解決のために奔走する。レースに一発で勝利し、行方不明の隊員を探し、既に見つけ終わった祠チャレンジを瞬間で片付ける。

 ウロウロしていると、町中でミツバを発見。ミツバ「ちゃん」…。街のあちこちで見かけるが大体いらん事をメモってる。あと、ゲルドはゴロン族をメス扱いしてるらしく、リンクの女装も同じくらいの判断と知る。

 チャレンジを解決する度、色んな人に女装がバレていくが、特に変態扱いされない。男子禁制なのに先進的だ。リンク、才能あるしな。むしろ認めていくしかないよな。

 色々と解決して、ようやく兜をゲット。

 

 

意外と難航するブーツチャレンジ

 ゲルドの外壁でキャラの濃いメガネくんと会う。お前と同じ波長の男がハテノ村にいてな…。男装時は邪険にされたが、女装してると態度が全然違う。こいつの観察眼はゲルド女性並か。

 女装してブーツをかっぱらう。高地で英雄の像を探してくれば、砂漠用ブーツをくれるらしい。もう大分砂漠ウロついた後だけど、是非頂きたい。強欲なので。

 早速高地に向かったのが…ここで向かう先を思い切り間違えて東ゲルド高地に向かってしまった。ついでに迷路をクリアしたけど。全然違う場所を小一時間彷徨ってしまった。

 間違いに気づき、今度こそゲルド高地へ。

 山頂まで行くが、それらしいものは見当たらない。と言うか吹雪いてるわ暗いわで、よくわからん。代わりにライネルがいるやないか。探索の邪魔なので、ここで初めて倒すつもりの真っ向勝負を挑む。

 防御アップ薬を飲み、防具を最大防御のものにしていざ突撃。敵が動き出す前に接近し、さっさと接近戦に持ち込む。突進各種を回避しては尻を切る。どの攻撃ももう見慣れたもの、爆発攻撃だけに気をつけておけば後は怖くない。ガード越しにハート3つ分ほど削られたが、それだけの被害で撃破。よしよし、もう今度からライネルは全部倒そう。

 

 

やっと見つけた

 結局、山頂では巨大な剣が落ちていただけだった。剣を持ってるはずの石像上半身やらがどこかに崩れて転がってるかと探すが見つからず。一応、剣を撮影したが、チャレンジ関係のマークが出ないのでやっぱり違うっぽい。

 下山しつつ、他の場所も探していると、カッシーワが詩でヒントを出しそうな大壁画を発見。念のため撮影するが、当然これも違う。壁画の内容がヒントっぽかったので、パラセールからの電気矢で真ん中を射抜くとあっさり祠が出現した。解けちゃったけど、カッシーワ、どこかにいたんかな。

 祠を解放後、鉱石を掘っているとフロドラが。ライネルと戦っている最中も出てきたが、この辺、しょちゅうフロドラに会う。ほんとにこいつ、色んなよく会うな。ほんとに幻なのかよ。とりあえず鱗なりを頂こうと追うが、風に乗り損ねて崖をただ落下する。えー。

 と思ったら、すぐ近くに英雄の像をついに発見。剣はどうやって山頂にすっ飛んだんだ…。え、この吹き上がる風で山頂まで飛んだの?無理がない??

 なんにせよ、像を無事撮影。

 やっとゲルド高地を後に出来る…。

 

 

スノーブーツもくれ

 ゲルドの街に戻って、早速、メガネくんのブーツをカツアゲする。サンドブーツをゲット。

 しかし、スノーブーツは返してくれと言われる。そうだったこれ借り物だった、完全にもらったつもりだったわ……いやいや、これもくれよ。という訳でもう一度話かけてみると、おねだりが出来た。リンク、女装を有効活用しまくってんな。おねだりは漢字で書くとお強請り。一気にカツアゲっぽさが増すよね。

 今度は剣を撮影してきてくれ、とのこと。それがですね…既に撮影してあるんだよ!!(たまたま消してなくてよかった…もう一度登るのめっちゃ嫌だもんな)

 こうしてスノーブーツもゲット。念のため(?)、裸足になったメガネくんに男装で話しかけてみると「いい恋しろよ!」って言われた。リンク、罪な男の娘だな…。

 

 

思い出イベント

 これでゲルドの街でやれそうな事は一通り終わった気がしたので、オアシスへ。

 ずっと放置していた思い出イベントを確認する。

 なんか知らんが敵に追われるゼルダの元へ、颯爽と登場するヒーローリンクさん。ベッタベタだなこの人。

 そんなかっこいいリンクさんが、まさか100年後、同じ場所で女装しているとは。本人も想像だにしなかったろうな。

 

 

 そんな感じで昨日はここまで。

 神獣も3体撃破。残るはあと1体だが、まだまだ行った事ない場所やちゃんと探索した気がしない場所がある。マップは全て解放しても、世界はまだまだ広いし深い。

 差し当たっては、クライム装備(多分ラネール地方だな)、ラバー装備(これはウオトリーの周辺にあると見た)の胴体装備がないし、ビリビリトンボがいっぱい捕まえられるとこも見つけてないからそこら辺から探索だな…。

 

 

 

今日は以上。

昨日のゼルダプレイ:その6

 ゼルダは細かいところで凄いと感じることが多く、本当に素晴らしいゲームなんだけど、何より凄いところ含めて全体に自然な佇まいで作られている。それもまたすごい。

 今日も、ゼルダのプレイ記録。意外と続いてるな…。

 

 

ウオトリー村再訪

 ラブポンドの泉を後にする。念のためベティに話しかけたら「まだいたのか!」と言われた。それがいたんですよ。

 下山して正面からウオトリー村へ。朗らかでダラっとした南国な村だ。

 散策して料理素材をあげたり、宝を話を聞いたり、旅のゲルド女性から最果ての島の話を聞いたりした後、子供に話しかけたら遺跡に案内してやろうかと持ちかけられた。勿論頼む。子供について歩いていたら子供が突然Uターンするので、道間違えたかな?と思って話しかけたら晩御飯だから帰るって。これだから子供は!!晩御飯好物だといいな!!

 

 

遺跡の石碑探し

 子供は帰ってしまったが、なんとなく方向は解ったのでそのまま歩くと、遺跡を発見。遺跡の前では男が困っていた。どうやら遺跡の扉を開くためっぽい石碑が壊れてしまって石碑の文字が読めないのだとか。当然、首を突っ込んで手伝いを申し出る。近場の砂浜をウロついてそれらしいのを2つ発見。ウツシエで撮影し、見せに行ってやるがまだ足りないらしい。

 残りは結構遠くに流されたかも、とのことだが、大雑把で結構範囲が広い。まず、あと何パーツくらいあるんだ。

 わからんが、乗りかかった船なので探す事にする。砂浜を昼夜かけて走り、ついでに沈んだ宝を引き上げたり、しこたま蟹を拾ったり。

 ようやく、岬の端も端まで行って石碑パーツを1つ見つけたが、どうももう見つからない。せめて新しいヒントでも聞けないかと男のとこまで戻ったら…これで全部だったのかよ。良かったよ。

 石碑書かれた謎掛け自体はあっさり解けた。石碑集める前だと答え知ってても、男が動いてくれなかったろうな…。てっきり奥にある崖面が開いて何か現れるかと思ったが、そんな訳ないですね。祠が出現したのでさっくりクリア。入るの苦労したのに祝福じゃなかったの意外だったな。

 

 

宝探し

 ウオトリー村に戻って、今度は、爺さんから聞いた宝を探しに出発。黄金の三角がなんちゃらというヒントを元に船で適当に移動すると、海面に三角の岩がどことなく三角っぽく並んでいる。どこら辺が黄金なのかさっぱり解らないが。

 三角の中心付近には複数の宝箱が沈んでいたのでマグネットで片っ端から引き上げる。うん、中身は宝石が少々と地味な武器が少し。別に言うほどすごいものでもない。が、チャレンジ達成の様子。ここで合ってたか。

 

 

最果ての島に到着…してしまった

 せっかく大海原に漕ぎ出したので、ゲルド女性から聞いた最果ての島を目指してみることにする。サラッと確認してからゲルド地方に向かおう。

 宝箱を引き上げた際、マグネットで掴んだ物を使うと、筏が爆速で進む事を発見したので、宝箱でぐいぐい押しながら進む。でもこれ、継続的に進むけど加減めっちゃ難しいな。ボタンを押しっぱなしにするより断続的に押した方が安定して速い。

 そんな感じで島に到着。

 到着するとどこかから声が聞こえてきて…身ぐるみ剥がれた。マジか。

 スタート直後以来のパンイチ状態。武器防具どころか素材も料理もなんにもねえ。シーカーアイテムは使えるらしく安心する。

 宝珠をどうこうすればいいらしいが…よくわからないのでとりあえず島内を探索してみることにする。と、いきなり海岸でボコブリンに絡まれる。いや、武器一切ないんですけど!!ダッシュで近場のボコ槍を拾って反撃し、なんとか勝利。ここやばいわ。

 

 

やみくもにヒノックスと戦う

 島の中心部には底なし沼があり、中心には凹みのある切り株があった。はは~ん、あそこに何かをはめ込めばいいんだな。

 まぁ、違ったんですけど。

 ヤシの木に登って実を確保したり、とにかく生存の為に食料を集めまくる。少し状況が整ったので、近場のボコブリン拠点を襲撃。遠目にわざとおちょっくって弓矢を撃たせて全部回収(でもこの方法使うと倒しても矢束を落とさない気がするんだよな)。久しぶりにボコ槍や棍棒を振り回して拠点を制圧すると、宝珠っぽいものを発見。なるほど、じゃあこれを沼の(違った)。

 宝珠をはめる場所を探していると、ヒノックスを発見。おいおいこの状態でヒノックスとかいるのかよ。

 とりあえずスルーして高台に上がり、マグネット箱などで敵を始末する。更に肉などを確保。どうやら宝珠をはめる台座も発見したが…それより、高台の端には、ヒノックスに向かって転がせと言わんばかりに岩などがある。なるほど、これを使って奴を倒せと、解りました。早速、転がしてみる……おいおい、死なんやないけ。 

 何となく攻撃を仕掛けたが、よく見ると、ヒノックスは首から宝珠を下げているため、倒す必要があるらしい。こうなったらと覚悟を決め、バクダンを使って延々と攻撃を繰り返す。遅いから攻撃されることはないけど、固くて面倒くさい~。弓矢で目に打ち込もうとすると生意気にガードしよる。今思うとひょっとしてビタロックが効いたりしたのか?その時は思いつきもしなかったので地道にバクダンを使って撃破。時間かかった…。

 脅威も去ったので、ようやく高台の台座に宝珠をセット。残り2個。

 

 

最後の台座でまた

 どうも島の端に台座があるのでは?と見当をつけ、島の反対側へ。海の上に発見したのでアイスブロックで接近し、こちらはあっさりセット。

 最後はどう考えても、あの一番高い高台にあるだろう。上がってみると、やっぱり宝珠がある。けど、周囲にはモリブリンを含む雑魚が。ステルスで不意打ちを狙ったが失敗。シノビ服ないの辛いわ。仕方なく、騎士の槍など、ここまでに拾った武器をふんだんに使って殲滅する。

 モリブリンに一発もらって死にそうになったがミファーの加護でセーフ。ミファー、ありがとう…。

 あとは台座にセットするだけ。台座の上に乗っている板をビタロックでかっ飛ばす。

 これにて試練が終了。祠が出現した。じゃあ、装備奪ったのあの即身仏かよ。あいつ…そんな能力が…。

 あとは祠に行くだけ、と思ったら、このタイミングで大嵐が。嘘でしょ…。すぐ目の前の祠が登れない。待ってられるか!!というわけで色んな場所から崖を登ってみたり、掴まってからジャンプするタイミングを変えてみたりして、なんとか登頂に成功。ざまあみろ!!(?)

 祠は流石に祝福で終了。

 

 なお、サイハテ島の隣にあった小さな浅瀬島にも行ったが、こちらは木の矢10本の入った宝箱が沈んでいただけ…。ほんとにこれだけだったんだろか。

 

 

 昨日のプレイではここまで。

 ゲルド地方に向かうはずが、気軽に立ち寄ったサイハテ島のおかげで全然思い通りに行かなかった。それもまた楽しい。

 今日こそはゲルド地方に行くぞ。

 

 

 

今日は以上。

昨日のゼルダプレイ:その5

 ニンテンドーダイレクトでスイッチタイトルの発売日などが発表。

 気にはなりつつ、現状は購入決心までは出来ないタイトルが多い。個人的には、海外インディータイトルの充実に期待してます。

www.nintendo.co.jp

 「ARMS」、どんな感じなのか遊んでみたいなー。新キャラ、素晴らしいデザインだ…。しかし任天堂のキャラデザは、何故健康的で性的に見えるんだろう。対戦物は友人知人と遊んでなんぼという感覚なくせに、そういうタイミングを作るのが非常に難しく、気後れする。イカ2もヒーローモードだけ遊びたい。そこだけ売ってくれないかな。

 大逆転2は待ってる間に熱が引いてしまったし、差し当たっては「アライアンス・アライブ」かな。種はあるが熟成不足リソース不足で種のままだった「レジェンド・オブ・レガシー」から、どこまで面白さを積み上げて来ているのか気になる。

 

 

ライネルに喧嘩を売ってみる

 さて、ゼルダのプレイ記録。

 ヘブラ山脈近辺をウロウロして骨の馬探し…をするはずが、ひやひやハーブ?だかなんだかの草を発見。防具の素材に必要だかなんだかだった気がする。めちゃくちゃ薄らぼんやりした記憶を元に植物を拾っていると、ライネルを発見した。

 最初に雷獣山で即死させられて以来、これまでライネルはスルーして来た。しかし、マスターソードが手に入るほどハートは増え、防具も2~3段階目まで強化。武器ポーチも料理ポーチも満タン状態。ならば、ここらで一度戦ってみるかと。突然。

 

 ライネルの頭にバクダン矢を撃ち込んで開戦。

 とにかく回避やガードに失敗・直撃を喰らうと、どの攻撃も非常に痛い。痛い=瀕死or妖精使用ってレベル。大量にあった料理もガンガン食べて減っていく。

 しかし、戦ううちに少し攻撃が見切れるようになってきた。

 基本、離れすぎない限りは属性矢は使って来ない。属性矢を避けそこねた場合、追撃で死にかねないので、なるべく近づいた方が楽な感じ。攻撃全般は回避を頑張っていたがガードした方が被ダメが少ない攻撃も多い。特に突進からの横振りは変に回避しようとするより盾の方が楽だった。爆風攻撃はバク転で。火球3発と溜め突進が攻撃チャンスっぽい。特に溜め突進はラッシュが狙いやすくて助かる。

 というのが解ったところで、ようやく勝利。いやー、堅いなー。

 勝ちはしたものの、この練習による被害も大きかった。料理は結構減ってしまい、妖精はゼロに。武器や盾もそこそこ破壊されてしまった。ちゃんと準備して立ち回ればもっと被害を抑えて勝てそうだ。というわけで、事前のセーブをロード。

 そこで即座に再挑戦しないのが自分。どうせなら防具を3~4段階目までアップグレードしてから再度挑もうと決め、ライネルを迂回し遺跡に向かった。

 

 

迷路でウロウロ

 アッカレ地方で探索した迷路を同じような遺跡。

 勝手知ったる感じでどんどん探索していく。アッカレ地方の遺跡は、回避しろと言わんばかりにガーディアンがいただけで、モリモリ敵がいる感じではなかったが、こちらは奥にリザルフォスの集団が生息。何故こんな場所に住んで…。一匹ずつおびき出し、各個撃破していく。

 迷路は武器の宝庫らしく、いい性能の武器が結構手に入る。武器ポーチが満タンなので、適当に入れ替えたり、リザルフォス戦で積極的に近接攻撃を行いぶっ壊していく。

 途中、壁の上部に横穴を見つけたので、そこを起点に迷路屋上まで出る。アッカレの迷路では、ショートカットを咎めるガーディアンが上空にいたが、こちらはガラ空き。こんなん、絶対上がっておくでしょ。と、上がると宝箱が。ありがたいという思いと、読まれているという思いが交差する。

 迷路をほぼ反時計回りに辿り、ガノンの瘴気を破壊。祠に到達してクリア。アッカレの迷路よりだいぶ簡単だったな。あっちは空中に浮いてたもんな。関係ないけど。

 

 

ゲルド地方を目指す

 骨の馬のことをすっかり忘れ、ゲルド地方へ行くためワープ。

 まずは、適当な馬宿でテリーから矢を購入する。人をストーカー扱いしていたテリーがこちらを受け入れ始めたけど、ほんとこいつ気持ち悪いな…いい意味で。

 ゲルド地方がどの辺にあるのかよくわからないが、砂漠だろうし、一番南か?という雑な予想から、ハテノ研究所南西辺りの祠にワープする。これ、結果から言うと全くのハズレだった。リト族の方面に行く時にゲルドの話出てたし、素直にそっち側から攻めればよかったな。

 ハテノ方面からは山やら何やらで阻まれ、まず探索の起点になる塔すら見えない。ここでワープしなおさず、まずは適当に歩いてみることに。この近辺は高温多湿なジャングル地方らしい。小雨~大嵐までがしょっちゅう発生する。晴れていても霧が出てるような塩梅で、なかなかジメジメした雰囲気。困った土地柄だな…。

 足を踏み入れて最初に発見した祠はいきなり集落へのワープポイント代わりらしい。

 集落名は、ウオトリー村。如何にも魚を沢山入手出来そうな名前だ。ゾーラ装備の強化にハイラルバスが欲しいので期待……だが、なんとなく、ゴールに横から押し入った感覚がある。塔も見つけてないし、正面から集落に訪れたい。そんな訳の解らない感情により、村には入らず、村への道を遡る形で北上することに。また来るよ、ウオトリー村。

 

 

北上して龍を撃つ

 北上しながら、怪しい場所を見つけてはコログを探し、祠を探してはクリアし、池を見つけてはマグネットで宝箱を探し、魚を見つけてはバクダン漁。どんどん時間が過ぎていく。

 以前は、武器の消耗を避けて余り草刈りをしなかったが、マスターソード入手以降は積極的に草を刈っている。敵より草を斬ってる回数の方が多い。そんな感じで草を斬っていると、草に隠れた石の下にコログを発見。なにその厄介な隠れパターン。ますますマスターソードで草刈りをせねば…。

 寄り道に次ぐ寄り道を楽しんでいると、川周辺に突如風が吹き始めた。ちょうど対岸に渡りたかったんだよな、とパラセールしようとすると、いきなり目の前に龍が降りてきて驚かされた。でけえよ。

 咄嗟にパラセールで舞い上がり、スロー状態から弓矢をぶちこむと謎のキラ音がしてフロドラの鱗をドロップしてくれた。特に何も考えずにいきなり撃ったけど、大惨事になったりしなくてよかった。力の泉で求められたのはオルドラの鱗。ということはリト族の地方で飛んでた赤い方の龍がオルドラか。この鱗もどこかの泉(勇気の泉かな?)に捧げられそう。

 その後、馬宿を発見し、何故か屋根のディスプレイに刺さった斧を抜いてあげたりしてるとまた龍が。気さくによく出てくるなこの龍。

 早速追いかけ、今度は顔面辺りに弓をぶち込む。今度は角がドロップ。何に使うか解らないが…モンハンかよ。逆鱗とかあるのかな。滅多にドロップしないんでしょどうせ。なくていいです。

 

 

縁結びコント

 ラブポンドの泉を発見。別の場所でも似たようなの見たな。あっちはハート割れて水枯れてたけど。

 ゲルドの女ベティと、田舎の修学旅行生みたいな雰囲気のある男ワビスケがいて、ワビスケがしのび草さえあれば…と言い出したのであげる。

 悲恋に終わる展開を予想したが…これもうショートコントだな。20ルピーって報酬すくねえな!と思ったらベディが怒り出して100ルピー増えた。どっちにしろ120ルピーなら良いのかベティー。500ルピーくらい出してもらっても良いと思う。でも、それはそれで、500ルピーも持ってたのに20ルピーしか出さなかったのかってキレそう、俺が。

 

 昨日はここまで。

 特に目立った展開はなく細かいプレイが多かったけどそれが楽しいんだよな…。

 どんなにウロウロしても常に食い残しがあるように感じる。ただ、それが底知れないので、適当なところで躊躇なく切り上げれるし、特に残念もないって相当な事だな。

 今日はウオトリー村に行ってみようかな。

 

 

今日は以上。