ヨコズキゲーム’

ゲームの事しか書いてない らじてんのブログ。

フロム=尻好き

 さて、ダークソウルをぶりぶりプレイ。


 〜前回までのあらすじ〜
 残る未踏の地は、強敵だらけっぽいデーモン遺跡で本気で嫌。


 嫌だけど、安定攻略のためだけに、稼ぎプレイはもっと嫌なので突入することに。

 その前に、前回赤ちゃん骸骨で貯めた人間性を、蜘蛛の人に捧げまくり。

 手持ち40個近く全部あげてみたところ混沌の従者のレベルが2になり、呪術をくれた。この呪術は人間性で攻撃力がうんたら〜らしいので、多分使わないけどありがとう蜘蛛の人!!
 あと、従者レベルがあがったからか卵憑きの人が呪術の火をくれた。今頃別にいらないけどありがとう卵憑きの人!!

 もらいものをいっぱいしたところで、以前撤退したデーモン遺跡の霧の方へ。

 霧の手前で横道を発見する。
 前回来た時は完全に見落としてた。

 横道をまっすぐ進むと変な虫がいるので蹴散らす。太陽虫という装備をくれる・・・うわ、これ照らす光と同じ効果じゃねえか。
 骸骨ランタンと違って盾が使える。これが地下墓地突入前にあれば・・・と思ったがもうあそこはクリアしてるのでどうでもいい。二周目で使おう。


 そのまま進むと楔デーモンがいたりしつつ、混沌の廃都イザリスに到着。


 ・・・あれ?じゃあさっきの白い霧はなんだったんだ。


 テキトーに火を吐くダルマを殺して進むとすぐに霧が。

 木の根っこ的存在のボス。
 敵の射程外から、弓を手当たり次第にぶちこむも、どこが攻撃出来るところかわからん。

 とりあえず、左右に変なオーブ?が見えるので、シースと同じパターンか?と思って突貫。
 おお、攻撃したら何か変形した。

 しかしこれで攻撃場所がわかった。反対側にもオーブがあったので、そっちに行こうとしたら・・・床が崩れて墜落死・・・。うーむ。


 せっかく出戻りになったので、今度は正面の霧に突入してみる。

 こっちもボスかよ!!

 ただ、こっちのは使いまわしっぽい雰囲気で大したことはない。
 爆風?が面倒くさかったがチクチク尻を攻撃して撃破。
 ご褒美はショートカットの開通。これで山羊を無視できる!


 しかしこのゲーム、尻をよく攻撃するゲームだな。

 バックスタブによる攻撃時はダークリング、もとい尻に*1槍を突き立てるし、シースの尻尾を切ったとき、プリシラの尻を燃やしたときも尻攻めだったし、最初のボスもはぐれデーモンも、炎の司祭も全部尻攻め。

 病み村の巨漢にいたっては、バックスタブで尻に槍をぶちこんで、ドロップするアイテムが「糞団子」って。
 この糞団子、使うとこちらにも被害が出るらしいが、拾った段階ですでに精神的な被害が発生してる。「毒効果がある」とアイテム説明にはあるんだけど、ほんとに毒なのか、それは。


 フロムソフトウェア=尻好きという話はさて置いて、炎の司祭を突破し、少し進むとまたボス。
 短くてボスの多いダンジョンなんだろうか。前作における嵐の祭祀場みたいな。


 ボスの百足野郎の攻撃はともかく、戦闘場所が溶岩地帯なことの方が痛い。
 ともかく狭いのにどんどん近づいてくるので、ロックオンを外して戦う。

 何度が再戦してるうちに尻尾を切ることに成功し、溶岩を歩けるアイテムをゲット。何度か負けることが前提のボスなのか・・・。

 溶岩が歩けるとなればかなり楽になる。
 適当に側面に回ってチクチクチクチク・・・撃破。


 ショートカットを使ってデーモン遺跡を抜けた場合、こいつら全スルー可能なんだよなぁ、と思うと、ここまで苦労する意味はあるのか・・・と愚にもつかないことを考えながら、イザリスへと侵入。

 太陽戦士ソラールが黄昏れているのを横目に溶岩を渡って燃えながら全身。指輪の効果とは言え、パワフル過ぎる。

 その先には無数の恐竜(の下半身?)が!!でかい!!うざい!!!
 釣っては逃げて弓で殺していくが、そこそこ数が多い。数体釣れた場合、同士討ちするケースがあるので、がんばってみるが、欲張る=追いつかれて殺されるため、地道に削っていくことにする。なんと面倒くさい敵なんだ。
 再配置されないので徐々に数を減らし、やっと安全に通れるようになる。


 そして火吹きダルマ地帯を走り抜けた先は・・・・ズコッー!!!ショートカットで来た場所でしたー!!!

 なんじゃそら!!


 せっかくなのでショートカットを抜けて戻ることにする。
 途中、変な亡者が襲ってきたので倒す。・・・・かわいそうに(色んな意味で)・・・・。


 蜘蛛の人のところからボスまで一瞬ということで、その道中を何度も繰り返す。たんびごとに再配置される首なしデーモンを倒すため、デーモンの楔石が溜まる溜まる。

 途中の穴でたまねぎ剣士を発見したら、また困っているところだったので、敵をすべて掃討してあげることにする。
 なんか凹んでるんだけど。かわいそうなことをした気分。


 ボスの木、混沌の苗床さんは、というと、床が崩れて死亡、お掃除アタックで穴に落とされ死亡、となかなか手強い。
 さすが、元イザリスの魔女。もう魔女らしい雰囲気微塵も残ってないけど。オープニングで見る限りは美人だったようだが、見る影もない。シースやニトと同様に衰えたに違いない(主に容姿が)。
 というか、手強いよりも、そもそもダメージが入ってない。なんなのお前。


 しかし、さすがに何度も死んだので攻撃のタイミングが見え、中心部分に到達*2
 
 そして中心部分で燃やされながら適当にコアっぽいものに槍をぶちかます。

 撃破。


 イベント戦闘っぽいやつだったな。
 デモンズにはいなかったタイプで、その点は好感触。2周目でも楽に撃破できそうなタイプは好きだよ俺。

 混沌の苗床を倒してくれ!と頼んでいた呪術師匠に報告しにいく。
 お礼に、と呪術をもらい、トロフィーゲット。
 トロフィー名が「呪術者の絆」という名前だったので、てっきり師匠と仲良くなった証なのかと思ったら、全呪術習得が条件だったらしい。
 

 さて、これで集めろー、と言われた王のソウルがすべて集まった。

 早速、フラムトのおっさんのところへ。
 扉が開いてなんとなくラストダンジョン的な雰囲気の場所へ。

 そこで登場した黒騎士がバシバシ強化素材を落とす。
 フロムどうした!急に親切じゃないか!デモンズでもこういう敵欲しかったな!俺!!

 というわけで、ボスっぽい霧の前で引き返し、家路を使いながら強化素材を集めまくる。
 デモンズでの経験を活かし、ボスソウルが使える武器がわからない=各種系統の武器すべてを総当りで鍛えることにする。
 ショートボウ、ライトクロスボウ、セスタス、ファルシオン、シミター、スピア、ハルバート、メイス、ロングソード、バスタードソード、レイピア。

 まさに俺の嫌いな稼ぎプレイなのだが、トロフィーをなるべく集めたいと思ってる以上、多分どうしてもやらんといけないだろうし、二周目でやるのは嫌なので、ここでがんばることにする。


 というところで、今回はここまで。

 正直、地下墓地攻略前あたりまではどこも行きたくなかったが、いざ攻略するとサクサクと進んだ感がある。
 多分、もう終盤と思うんだが、まさか、ここからが本当のダークソウル・・・ってことはないよな。強化素材的にも。

*1: ダークリング=アメリカのスラングで尻穴を指すらしい。ダークソウルは元々ダークリングというタイトルだったがスラングを考慮してタイトルを変更したとか。名残は自滅ルーラアイテムと、バックスタブによる執拗な尻攻めに残っている

*2: タイミングが見えた後も飛び降りポイントがずれて穴に落ちまくった。なんで道を微妙に曲げるのか。嫌がらせなのか