読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヨコズキゲーム’

ゲームの事しか書いてない らじてんのブログ。

えどたんとかスマホアプリ

駄文

 昨日は、バトルフィールド3で、延々とヘリ操作。
 COOPミッションの2がヘリ天国なので、そこで練習してた。
 まぁクリア前にEA鯖から切られちゃって、心折られたけど、ヘリの操作はそこそこうまくなった、はず。一応落ちずに飛び続けられるようになった。


 そんな感じでバトルフィールド3を楽しんでるうちにも、次なるターゲットが近づいて来てて嬉しい悲鳴が止まらんところに「ゼルダの伝説スカイウォードソード」の動画を見てしまった。恋人が「やばいで」って言うから、唆されて見てしまった。
 なんでこれ放り込んで来るかなー。このタイミングで?
 「あー舞台?空だろ?タクトの海を空にしましたー的な?」と語尾上げ気味で高括ってたこっちのハートを叩いて伸ばして鷲掴みですよ。
 ゼルダmeetsゴッドオブウォーみたいな雰囲気出してる「ダークサイダーズ」おもしれえらしいし、どっかのタイミングでやるかー、と思ってたところに、これですよ。

 「濃厚ゼルダ」とか言いやがって・・・。待ってたよ、って言う前に逆にお説教したいくらい。
 タクトは、トワプリはなんだったんだよ、と。喜色満面で。説教されてる方が引く勢いで。
 いや、タクトもトワプリもそれなりに楽しんだけど「濃厚」って言うくらいだから、時のオカリナ、ムジュラバリに来るんだろ?もう解ってるよ皆まで言うな、ってか皆まで聞いてない。聞いたら多分死ぬ。嬉死にする。

 ここまで言ったけど、もうバットマンと発売ががまる被りなので、購入、即プレイは諦めることにしてる。Wii動かすのに環境的に気合いいるし。ケーブル買わないと・・・。
 バットマン終わってから「待ってたか?子猫ちゃん?」みたいな顔して近づいたら「鬼や・・・鬼がおる・・・」って言う気満々でバットマン先にやる。



 さて、俺は「いつでも出来る」ということが重視され、「手軽」「シンプル」であるほど喜ばれる傾向が強いモバイル端末のゲームは、ほとんどやらずに過ごして来た。時代に取り残されつつあるタイプですね。
 なので、携帯電話使ってても、iphoneを使ってても、ゲームらしいゲームはそんなに入れて来なかったし、今も入れてない。ツール・ビューアー関係がメイン。ゲーム関係を入れても、「これどういう内容なんだろう」と気になって購入したとか、参考程度メインでの購入がほとんどで、がっつりそれらを楽しむために購入したか?というと、全然。
 別にそれを強く憂うみたいな話じゃない*1。何せ俺はターゲット層じゃないからしょうがない。

 似たような理由で、携帯端末に限らず、ブラウザベースだろうが、なんだろうが、ソーシャルゲームと呼ばれる類のゲームも全くやらない。
 現状、携帯系ゲームにソーシャル要素を上乗せする形のものが多いソーシャルゲームのイメージが自分の中で先行していて、探すこと自体ほとんどないし。
 ソーシャルを引っこ抜いたゲーム部分だけでも面白いものが出てくるのは、まだこれから先なんじゃねーかな、という気持ちでいる。あんなもなぁダメだ!みたいな気持ちはない。
 どうせ、アホみたいに同じようなゲームが出てる訳で、そのうち飽和して、ニッチを狙わないといけなくなり、マニアックなゲーム性を兼ね備えソーシャルならではの強みも活かしたゲームが出てくると思う。

 ただ、しょうがねえ、と思ってるものの、せっかくiphoneを持ち、先日には、勢いでipadも購入、ゲーム専用機以外の端末がこの手にある訳で、そうなると、まぁそれでしか遊べないような、アプリゲームもやってみたいかなぁ・・・と思うこともある。たまに。


 しかし、さっき書いたような嗜好、態度で、ストアを見ると、遊びたいタイトルが全く無い。ビビるほどない。
 俺好みの王道マニアック向けのタイトルが全くないか、っつーと、あるにはある・・・んだけど、どれも、ギリギリ俺のわがままを満たしてくれない。


 その、わがままの内容をちょっと書いてみる。

ローカライズされてない
 アドベンチャーやRPGなのにローカライズされてない、となると、いくら物語はおまけです、と言われてもいまいち食指が動かない。

・擬似スティックでキャラ操作
 擬似スティックというのは、タッチパネル画面上に置いた指を起点にして、そこから上下左右に指をスライドさせることで、キャラやカメラを操作させるシステムのこと。所定の位置に表示されたスティックをスライドで動かすってパターンもよくある。
 どっちにしろ、この操作方法、特に3Dグラフィックのゲームに多いが、スライドをする時に変に力が入ってしまう俺のようなタイプは、疲れてしまうからあんまり好きではない。

・リメイク多い
 どうしようもない。またリメイクのほとんどを家庭用、あるいは、アーカイブスなどでプレイしてたりするので、更にスマホでやろうという気にならない。

 ・シミュレーション系はいいわ
 もうわがまま言い放題。チマチマ楽しいだろうけど、根っからそんなに好きなジャンルじゃないから・・・。言いながらも手を出すかも知れないけど、今んとこプレイする気が起こらない。

 わがままを十全に満たすようなソフト・・・あるんだろうか・・・。
 あれ・・・これじゃね?

 という訳で、先日の「えどたん」購入に話が繋がる。



 まだクリアしていない(現在2話までプレイ済)が、ざっくりした印象を書いてみる。

 えどたんは、ミステリ好きの少年が、突如江戸時代にタイムスリップしてしまうところから始まる。
 主人公の「未来」は、タイムスリップ直後から殺人事件に巻き込まれ、ほとんど否応無しに、事件解決のための捜査を開始する。

 システムなど含めてゲームの作りは、「逆転裁判」と同じ手触りのアドベンチャーゲーム。制作が同じカプコンなだけある。
 軽妙な会話あり、多少のバカバカしい展開あり、ってな感じだが、逆転裁判ほど無茶ではなく、しっかりしてるっぽい時代考証とバランスが取れている。
 逆転裁判ケレン味=ハッタリの聞いた劇的過ぎる演出が好みの方は、薄味に感じるだろうが、こっちはこっちで地味ながら、しっかり積み上げていく部分は抜いておらず、何というか、抹茶っぽい感じ。
 アニメーション、表情変化などについては、逆転裁判より大人しいものの、別段変化に乏しいという訳でもなく、するべき演出はしっかりしている。

 難点を言えば、移動の際に、一足飛びに目的地に行けず、途中経路を全て辿って行かないと行けない場面が多々ある、あとは謎解きが(あくまで2話時点までで言うと)簡単過ぎる、というくらいか。
 この辺りは、徒歩がメインの移動手段だった江戸時代に思いを馳せて適当に自分を誤魔化せる範囲。


 このゲームの丁度いいとこは「過去にあったゲームと似たようなテイストだけど、ちゃんと作ってる」ってところだと思う。

 かつて(最近)、GREEの社長はおっしゃった。

「重要だと思うのは、あるゲームデザインが流行ったときには、それをコアにしていろんなモチーフのゲームを作るべき。作り手は飽きてしまうので、『新しいものを』という考えになりがちだが、ユーザーとしては『まだまだ同じものが欲しい』という状態である。そういうとき(作り手)は早く変化しすぎずに、(ユーザーが)いま欲しいと思っているものを提供するべき」

http://jin115.com/archives/51810467.html

 これは、本当に合ってると思う。勿論多数の注釈が付く話でもあるだろうが、これは俺のような飽き性にすら当てはまる。同じジャンルの似たようなゲームを連続でプレイしたくない俺でも、一本違うジャンルを間に挟めば、また同じようなゲームをプレイしたくなる、って事もよくある話。でなきゃドラクエシリーズとか出来ないもの。
 で、この話、今流行っていないゲームデザインじゃなくても当てはまると思う。少なくとも俺みたいな人間相手にする分には。
 地力のあるゲームデザインであれば、一過性の流行の中で、時流に沿ったリファインをされ尽くしたとしても、また別のタイミングで、その時に沿ったリファインをしてやることで、また通用するようになると思うの。
 じゃあ、別のタイミングっていつなの?って話なんだけど・・・それ今じゃね?と。

 スマホ出ましたー。ソーシャル流行ってますー。どうやら流れが大きく変わりましたー。
 じゃあ、その時流に合わせて、過去にあったゲームをリファインして、遊べるようにしちゃどうだろう。そりゃ、俺が言わなくてもやってる。やってるアプリもある。でも、まだまだ放置された土地が多くね?とも思うわけ。

 えどたんは、別にスマホ用、ソーシャル用に特化して生まれたゲームって訳ではない。
 けど、タッチパネル端末でストレスなく遊べて、過去にあったゲーム=逆転裁判をリファインし、大きく逸脱せず、しかし、また別の面白さを付加してきている。
 俺は、そういうゲームをスマホに求めていたんである。もっと増えろこういうの。

 この手のやり方でリファイン出来るゲームというと、ローグ系、ダンジョンRPG系、パズル系アクションRPG・・・。ここらへん、スマホアプリ市場ではまだまだ穴に見える。全然ないもの。そら、アマチュア制作者が作ったアプリはあるけども。それを見て「ああ、ここはもう開墾されなおしたな」とか思ってるんだったらどうかしてる。オリジナル病にかかってるとしか思えない。何してんだよもったいねえ。てか、そのアマチュア作品じゃ満足してないんですよ俺は。

 つーわけで、前も言ったけど、どこかのメーカーさんダンジョンRPG出してくれませんか。
 などと、俺が言うまでもなくどこかが作ってること期待してる。
 

*1: って書いたけど、やっぱ割と憂いてるかも。この手の話しょっちゅうしてるし