ヨコズキゲーム’

ゲームの事しか書いてない らじてんのブログ。

俺の屍が越えられ中。

 真面目に過ごしていたらあっという間に時間が経ちやがる・・・。
 一週間以上経ってるとか普通に驚く。何をしてたんだろ・・・。ゲームか。それいつもやないか。


 今日はセインツロウ・ザ・サードかー。
 こちょこちょと予定があるので、すぐやり始められないだろうけど、どうでも良いことやりまくって遊ぶの楽しみ。
 まずは前作同様、友人(坊主頭で目が綺麗)そっくりのボスを作るところから始める予定。
 2の時ずっとそれでやっててクソ面白かったから。


 セインツロウ以前に、既にバトルフィールド3と俺屍に挟まれてる、俺です。


 「俺の屍を越えてゆけ」を購入。
 バトルフィールド3を起動する気力のない時や、オンになってる人がいない時などにチマチマとプレイ中。



 まず、バトルフィールド3。

 そこそこ慣れて来て、オンはコンクエをメインにプレイ。
 仲間内では偵察兵がとんといないため、偵察で突砂(突撃スナイパーって書くと目撃ドキュンに似てる)というより、ビーコンの撒ける突撃兵みたいなプレイしてる。ショットガンがサブマシンガンしか使ってないし。
 モーションセンサーをゲットして「これで大量ポイント獲得やで!」などと息巻いたものの、正直かなりうまくポイントを絞って置かないとろくすっぽ役に立たない。
 いつも分隊プレイしてるメンツの方針=勿論俺の方針も「たのしくテキトーにダラダラやるか」なので、モーションセンサーをここにどこに配置して・・・・みたいな動きではないのもあるか。コンクエじゃなくてラッシュなら攻めるポイントが絞られてる分、意味を出しやすいのかね。

 あとは状況の要請に応じて工兵で積極的に車両に乗り込み中。
 車両スペシャリスト目指してみよう!と思うんだけど、コンクエだと案外車両に乗らない人が多い。戦車はともかく、アムトラック乗ってガンナー待ちしてんのに、乗らずにスッタカターと戦場に駆け出していく人が結構いる。別に良いけど、こういう時に限って敵はバッチリ車両をうまく使って陣地を占領し続けたりするんだよな。
 とりあえず早くアムトラックに攻撃手段欲しい。あともうちょいなんだけど・・・タイミングがなぁい・・・。

 そんな感じですごく進んでる訳でも進んでない訳でもない状態。

 ちなみに、COOPとキャンペーンもそれなりにプレイしてみた。

 んだけど、まぁそんなに言うことはない。うん、別にそれほど面白くないけど、そこがメインじゃないからいいかーっていう。
 グラフィックは流石にオンより綺麗。基本変わらないけどオブジェクト数が増えてるのかそれっぽさが上がっている。けど、目を剥くほどではない。

 キャンペーンは演出がんばってるけど、置いてけぼりの感じが強い。順序の問題なのかなー。マップを考えて、逆算で状況やシナリオを作っていった感じがする。想像過ぎるけど。
 モダンウォーフェアの場合、多分、シナリオや状況の範囲でマップを考えるから、シナリオに筋が通ってわかりやすいんだろうな、と思ったり。わからんけど。 



 一方、俺屍

 アーカイブスでのプレイ以来なので3年くらい振りか。

 今は朱点童子を倒し、後半ダンジョンを順次攻略中程度の進捗。
 リメイクとしては、個人的には「ロマンシング・サガ ミンストレルソング」以来によく出来たリメイクだと思う。

 リメイクされて変わった点は以下。
 ・ダンジョンマップ、戦闘画面という重要なところはグラフィック周り全面的に作り直し。
 ・インターフェイス関係はPSPに合わせて多少調整。基本同じ、に見える。
 ・交神出来る神さまを随所の成長段階で追加。特に上位。
 ・交神した神のランク上昇、剣士など各職の能力調整やテコ入れ、など。
 細かくはもっとあるが、大まかにはこんなところか。

 何が感心するって、操作は細かく快適になっているのに、プレイフィールが全く変わってないということ。
 触って動かして考えてる時の感覚が、元のと全く変わっていない。そこを変えるような調整や追加機能が全くない。
 ストレスは減らす、けど、減らすためにゲームバランスが変わるような調整は全くしない、という事がバシッと決まっている。
 「ああ、そうそうそうだった」て安心感と「おお、ここ変わったのか」という新鮮味と、ちょっとした違いが「あーそうだったっけ?」と少しの驚きがバランス良くあって、無闇に「今の調整!」とかそういうのを押し出してない。あくまで以前の俺屍と同じであり、しかし、無用のストレスは減らしてる。

 いや、当たり前のこと書いてるけど、リメイク物って結構これ出来てない。難易度激変してたりするもの。
 俺屍の場合、競合するゲーム性のゲームがほぼないから、今風に大胆な調整を施す必要がなかったってのもある気がする。いや、この辺、自信や美学の問題なのかも知れないけど。

 難易度は「しっかり」でプレイ中。それなりに詰まったり、サクサク進んだり、丁度良い。
 正直、序盤はサクサク進み過ぎて「あー、これ交神しない神さま結構出てくるなー。前もそういうとこあった気がする。どうしよ・・・」などと調子こいた事思ってたんだけど、中盤に突入後、程よく進捗が捗りにくくなってきて、同じくらいの段階の神との交神が続き始めた。
 素質が開花して来て、能力が安定するまで、ふんばりどころ、っていうのが解ってるから、頑張るけど、この中盤から徐々に辛くなってきて、工夫がしっかり必要になってくるのは良い感じ。
 少し詰まったら詰まったで、中堅クラスの交神のランクを上げたり、投資するなど、地味に効いてくる「やれる事」があるのも、このゲームがよく出来てるとこ。

 グラフィックの刷新では、ダンジョンが劇的に見やすくなってる。
 剣士と拳法家が強くなってるのも良い。特に拳法家が使い勝手良くてたまらん。大筒、踊りはまだ使用してないので、どう変わってるのか不明だけど・・・うーん、今は無理に使う理由ないくらい一族の職バランスに不満ない。

 当座、出先などで一人で時間を潰す必要があるとき(これが結構ある。最近特に)に進めていく。
 元の俺屍プレイ済の人にとっては、一番の楽しみかも知れないクリア後のその後をプレイするためにも、頑張ってヤツを倒す。


 あ、あとこれ今更なんでしょうが、俺屍やってて気付いたんだけど、PSPっていつの間にかスクリーンショット機能ついたんだね。
 この手の機能は今後の全ハードで欲しいと思う。とりあえず意味なく撮りまくってる。一族の遺言とか。