読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヨコズキゲーム’

ゲームの事しか書いてない らじてんのブログ。

「デウスエクス追加DLC:ザ・ミッシングリンク」

 ゲームのタイトルクソ長いから略語にするって、会話でもネットでもよくあるけど、アレってよっぽどのタイトルでない限り、広めるって意味ではマイナスなんじゃねえの?俺です。


■ネット上のやりとりでは、タイトルを略して会話するとかしょっちゅうで、下手すりゃ、実際の会話以上な訳だが、アレって、そのタイトルについてまぁまぁ知ってる人じゃないと、さっぱり内容解らない。
 内容が面白そうであれば「それなんてタイトルのゲーム?」って聞く人もいるかも知れないけど、大抵は「何の話かわからん」で終わると思う。
 という訳だから、俺はなるべく、略語を使わないようにしてるんだけど。あ、ここでって話じゃなくて、ついったーでの話。
 あそこだと、このブログよりも圧倒的に不特定の人が見るし、どうせなら意味不明な話題にはしたくない。
 なので、なるべく略語は使わないようにしてる訳だ。
 
 書いてる人が「別に知らない人には解ってもらう必要ないし」と、結果的には、篩いにかけてるという意識があるなら別に良いんだけど、そうじゃないなら、せめて何でも略すのやめたら良いのにって思う。オススメ作品教えて!って言われたのに、略語並べて紹介してる人とか見ると辛い。

 当たり前だけど、別に、ユーザーはユーザーであって、広報担当ではない訳だから、広報活動を気にする義務はない。
 けど、どうせ話題にするなら、出来れば門外漢には意味不明の略語で書くのはやめてはどうっすか、と思ってしまう。
 つまらんならともかく、面白かったゲームなら色んな人にやってもらいたいっしょ?なら、略語で書いてても伝わらんと思うんだけど、と。

 なので俺は、CodとかGoWとかGOWとかも、なるべく書かない。特にGoWとGOWはややこしいし。

 かと言って、略さずには書けないタイトルがあるのも事実なんだけど。
 「ディシディアファイナルファンタジー」の新作とか、略さずにいられんほど長いしな。「ディシディア デュオデシム ファイナルファンタジー」って学名か。南米で発見された新種のムシか。
 違うとは思うけど、タイトルの長さで話題にしてもらおうって思ってるんだとしたら、相当品の無い広報戦略だと思うぞ俺。
 ああいうタイトルがある以上、略語ダメ絶対!とは言わないけどね。
 そもそも、個人の姿勢の問題でもあるだろうし。

 以上、アホなの?って思ってしまうくらい長いタイトル見たのと、知人がずっと薦めてたゲームが、かなりローカルな略語で、何のタイトルが半年くらい解らんかったのと、FEZを検索する度にファンタジーアースゼロが検索に引っかかって、言いたくなった話でした。


■先日、今更プレイしてクリアした、バイオ5。実績解除プレイでもしようかと思いましたが、正直、大半稼ぎプレイだったので、面倒臭くなってやめた。
 マーセナリーズは好きじゃ無いので、延々リッカーβ倒したり、ステージ回しするの想像してもういいや、となった。
 たまのCOOPでゆっくりやるか。


■バイオ5がもういいや、となったので、やっと「FEZ」のプレイ開始。

 レトロゲームがほんと好きななんだなぁ、と情熱が伝わる。
 開発者による、「最近の」日本ゲーム批判とセットで言われる運命を背負ったこのゲームだが、そりゃ、こんだけレトロゲーム愛に溢れてたら最近の日本のゲームの方向性は血迷ってるようにしか見えんわな。
 多くを語らず、演出もそこそこに、ストイックなシステムで、作り込む、というゲームのお手本のような内容。

 ステージのそこかしこに気になる色々が詰め込まれている。
 ドット絵が立体で回転するのが気持ちいい。ドットドラムセットが回転した時「おお」って声出た。何かグッとくる。

 全体マップ(というかマップノード)を見ると、どのエリアにどういう取りこぼしがあるのか解るようになってるのは親切。
 リトライも即って感じで、余計なストレスを感じさせないように作ってる。

 ただ難点は妙に重くなっていくところ。
 かなり長時間プレイしていたせいだと思うが、どんどん読み込みが重くなっていく気がする。メモリ関係の処理がうまくいってないのかな。
 
 
 最初はバンバンキューブを集めまくっていたが、しばらくして時々「アレ?あそこどうやっていくんだ?」とか「これは今はわからん要素に違いない!」とか「えっとこれはどこにワープするんだっけ???」というような状況が発生し、それがあっという間に増えてきたせいで、メモをとってプレイ中。あと、こういう時にスマホのカメラ便利。

 しばらくはこれで楽しむ予定。
 ドラゴンズドグマまで突っ走り切れるかって言うと、流石に難しそうだけど・・・。


■さて、FEZのプレイに先駆けて、サラッとデウスエクスの追加DLCをクリアしたので、その感想。

 久しぶり過ぎて、敵の探知範囲とか色々忘れてたけど、身体はまだぎりぎり覚えてた。よって、サクサククリア。

 細かい感想は本編の感想に書いたので、ざっくり書く。


■電池式おっさん再び。
 リリースまでそこそこ時間がかかったせいで、正直、追加DLCの話があったのを忘れていたのだが、本編での物語までは忘れていなかった。
 最愛の人がいる場所まで辿り着く事を信じて、コンテナに隠れてタンカーに乗り込んだ主人公電池式おっさん=アダムさんだったが、コンテナの中でただ寝てただけではなく、その道のりで実は実は、めっちゃ色々あったよ!という感じの内容。

 本編では、コンテナに乗り込んで、目的地に辿り着くまで、3ヶ月もの間時間が流れる訳だが、ゲームの内容自体、「あ〜、こりゃ3ヶ月くらいかかるわ」という内容ではない。
 正直、なんでやねん、と思った。

 乗り込んだタンカーで敵に捕縛され尋問をされまくったアダムさんは、謎の人物の手引きで脱出する事になる。アダムさんが脱出を進める間にも、タンカーは謎の巨大施設、ライフルマン・バンクステーションなる海上施設に到着。そこでは、怖ろしい実験が秘密裏に進められていた。脱出の為に、ライフルマン・バンクステーションの陰謀を暴く手伝いをする事になるアダムさん。果たしてアダムさんの選択や如何に!!

 という内容。

 この外伝の前後、どっちで、3ヶ月という時間経過がどこであったのかよく解らんのは、もう置いておくとして、実際プレイした感じでは、本編の起伏をより圧縮した感じだった。


 捕縛された時の影響で、身ぐるみどころか、拡張適応したオーグメンテーション=サイボーグ能力まで失ったアダムさんだが、牢獄脱出後、すぐに再拡張が可能になっている。

 脱獄を謎の人物が通信やハッキングで手引きしてくれるのだが、通信相手を完全に相棒のプリチャードさんだと思ってるアダムさん可愛い。一方のプリチャードさん本人は通信途絶状態のアダムさんにブチキレ心配中だけど。


■追加DLCは、外伝だから、変わった要素を入れてみました!!とか、本編とは趣の違う調整がなされている事が多いが、全体的に、本編と同じ感じ。
 マップ構造はより複雑に、ステルス、戦闘、心なしかよりきつめという感じか。

 ただ、物語の部分で、本編への補強と、続編への伏線めいた点があり、本編でもメタルギアライクに提示された続編の構想を、より強くアピールしたいのかな、という印象。
 オーグメンテーションのバリエーションや、敵AI、戦闘バランスなどに、結構やり残しがあると思うので、出来る事は多いと思うし、是非出して欲しい。


 で、もし続編を出すなら、ほんとマジでキャラモデリング頑張って。
 なんというか、アイドスさん、モデリングのセンスがずっと変わってない。なんでそんな骨っぽいの。
 フォトリアルでないとダメだ!とは思わないが、今時これは辛い。尋問シーンで突然サングラスをかけてないアダムさん、まるで中国人みたいに見えた。
 一番良い出来のキャラが、店のおっさんってどういう事なの。
 男性でそうなんだから、女性キャラはもっときつい。
 ドングリの背比べではあるが、本編はもうちょっとマシだった・・・はず。
 このDLCに出てくるのはまさに昔ながらのゴリラ。悲しい。


■まぁ、内容的には、デウスエクスの世界、システムをより楽しみたい人向け、という以上ではなく、目新しいフューチャーや、ダイナミックな仕掛けがないのは残念だったが、そこそこ楽しめた。
 俺が基本ステルスゲーム好きなせいもあるだろうけど。
 真横から接近されてもギリ気付かない敵すごい!!!

 以上、ミッシングリンク、感想でした。



■さて、久しぶりにステルスゲームプレイしてて、ちょっと思いついたんだけど、音を映像として認識出来るステルスゲームやりたい。
 プレイヤーキャラは、蝙蝠のエコーロケーションのような能力を使えて、それによって、大体どこにいるのか把握出来る。

 その能力は、音を映像的に捉える事が出来る能力で、音を発していると、その音源などが映像化されて、視界に表示される。煌めく円の集合みたいなやつで。
 曲がり角の向こうや、背後にいる相手は、衣擦れの擦過音や足音によって、壁向こうにいるのが透けて見える。
 かと言って、音が小さすぎると表示されないし、探知距離は視認範囲より狭い。

 曲がり角の向こうにいる間は、どんなにユーザーカメラには収まっていても、キャラの視界範囲外であれば、円の集合としてしか表示されない。ただ、プレイヤーキャラの視界範囲に入ると、すっと円の集合が消えて、人間として表示される。

 サイレンが鳴ってる場所だとか、空調のうるさい場所だと、それも表示されてしまうから、プレイヤーは動きや円の量なんかで、ちゃんと敵を見分けたりする必要がある。

 そんなステルスゲーム


 いや、なんでこんな事言い出したかって言うと、キャラからはどう考えても見えない敵を、三人称視点のウソで、把握出来ちゃってるの、現実的にはすごい変だなーと。
 ゲームなんだから、ってだけで片付けずに、設定によって補強出来ないもんかなーと考えた訳です。

 まぁそんだけなんだけど。