ヨコズキゲーム’

ゲームの事しか書いてない らじてんのブログ。

人のふり見て我がふり直せなかった

 タイトルが何か切ない。

 人のふり見て我がふり直せ。俺です。
 直せなかった俺です。


 ずっとプレイしていた「ヒットマン:アブソリューション」

 いやぁ、仕様上、起こりうる事だとは思ってたんで、人のセーブデータ破損を見て「やだなー、こわいなー、こわいなー(淳二)」なんて思ってたんですけどね。

 全く同じ場所で同じ状態になって、同じくセーブデータ壊れやんの。
 ポカーンなったわ。状況に。あと自分に。

 ここまでほぼフリーズがなかったから慢心してたのもあるんだが、いやー、ショックでかい。
 鼻たれてそうな、年中ジャージのアホみたいな「いやそんなん俺にはねーし。ご愁傷様だし。怖いまじ怖い。けど俺にはないし」と言いそうな、そんな心根が俺の中にあったのではないか。そのように自省して、今後は、他人のふりを見て我がふりを直していける、そんな俺になりたい。ゲームに関してだけは。


■バックアップは大切に
 というわけで、ニクオ氏と同じく、クラウドを活用することに。

 みんな、バックアップ、大切にしようぜ!!

 何せ、人のふり見て我がふり直さなかったら、思いっきり失敗した俺が言うことである。説得力が違う。はず。


■実は、ハゲ強かった
 こつこつやってたチャレンジは、一旦諦める方向で気を取り直し、チャレンジをわざわざ過酷なハードモードで解除するという、マゾな日々に別れを告げ、とりあえず何でも良いからハードモードをとにかくクリアするスタイルに転向。

 あっという間にデクスター工場に突入するところまで到達。
 発見されようがなんだろうが、クリアさえ出来れば、細かい失点は一切無視。証拠品集めだけ若干気にしながらプレイ、という雑極まりないプレイ。

 こうなるとハゲ、強い強い。

 まずは、見つかるまでコソコソ。
 あんまり慎重になり過ぎず、適度に。変装もガンガンする。
 殺した方が早い、と判断したら、ワイヤーも使うし、すぐにナイフを脳天に投げたりする。
 複数に見つかったらポイントシューティングで皆殺しにし、それでもバレたらすぐにダッシュでかく乱。その辺りにあるものを拾っては、こちらを探す敵に一気に接近して、殺す殺す、また逃げる。
 一周目では全く解除できなかった「スペシャリティー」がガンガン解除されていく。なるほど、こういうプレイもしないといけなかったのか、と思ったり。

 もう完全に別物ゲーム状態なのだが、ハゲの無双状態に何か笑ってしまう。
 サイレントアサシンとかコントラクト(ブラッドマネーは未プレイなので知らない)でこんなに強かったっけか?操作性が向上してるからなのかな。
 特にしゃがみダッシュでガッサガサ走り回りながら、敵をナイフでザクザク切ってると何か忍者みたいで面白い。なにこれ「天誅」?

 多少入手がきわどい証拠品などはもう後回し。
 そもそも、ブタ小屋基地でフリーズしたのも、きわどい作業に失敗し、チェックポイントからのリスタートを繰り返したのが原因。
 ブタ爆破博士がブタを爆破して大喜びしてる際に、床のガラスを撃ち抜けば、転落死してチャレンジ解除ではないか、とあたりをつけ、転落死させる際に銃を抜いても大丈夫なように、周辺の人払いに何度も何度もチャレンジしたのだが、まぁこれが面倒くさい。
 そういう事はノーマル難度以下でやればよかったのだ。
 別に、本来は縛りプレイしたい人でもないもの。面倒な気分になってまで縛りプレイをする意味はない!

 というわけで、ハードクリアをさっさとして、実績全解除を目指し、それでも、やる気が続いていれば、低難度でチャレンジ制覇に挑戦するつもり。
 チャレンジ制覇、多分出来る、と思われる(あー、でも『バーディーの贈り物』の射撃大会は苦手。エイム苦手)だけに、やりたい気持ちもあるんだよな。
 現時点では、一度解除したものをやりなおすのは、正直面倒くさい。


■今更
 ちなみに、アブソリューションが面白かったので未プレイなのが惜しくなり「ヒットマン:ブラッドマネー」を今更買った。いつやるつもりなんだろ俺。
 「メタルギアライジング」まで時間が、とか言ってたのにね。
 まぁ、すぐにやるかどうかわかりませんけど。