ヨコズキゲーム’

ゲームの事しか書いてない らじてんのブログ。

朧村正が届いた。

 やっと届いた。

 DL版買えばよかった、と思って四日か・・・。

 さて、今日帰ってやるわけだけど、その前にWii版の感想を思い出して書く。

■Wii版「朧村正」追億編

 良かったところ

 ・絵画が動くごとき圧巻ビジュアルでいつものヴァニラウェア
 ・アクションも小気味良い
 ・修羅難度でもサクサク遊べる快適
 ・ボス戦ではちゃんと歯応えもあり
 ・アクションとして重要な、上達できるポイント(受け流し・居合いタイミング)がある
 ・時代考証面で、急に繊細な作りが世界観への没入度を高める(個人差でかそう)
 ・エロい
 ・特に紺菊と雪女がエロい
 ・桃姫は射程外

 いまいちなとこ

 ・2シナリオあるが、舞台がまる被りで飽きる
 ・ベストEDのために108本の刀を収集するのが面倒で飽きる
 ・Wの飽きる要素で最後は作業感たっぷり
 ・雑魚・ボス共にアクションゲームとして楽しいギミックが少なかった

 以上。


■Vita版でも同じかな。

 しかし、ビジュアル・世界観において、滅法好みのゲームだったので、再度Vita版でも購入した。

 何の変化もなさそうだが、もう一度遊んでみる。


 以上。