読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヨコズキゲーム’

ゲームの事しか書いてない らじてんのブログ。

終わると思ってたら終わらなかった

トゥームレイダー プレイ おっぱい アクション アドベンチャー

 暑い。いきなり夏。予感はあったけど春死んだ。来る前に死んだ感。もう春なんて信じねえ。俺です。

 今日も「トゥームレイダー」のプレイ日記。

■そろそろ終わりだろ、と思ったら勘違いだった。

 スラム街~城~森~海岸までをプレイ。

 スラム街近辺の展開から「あーこれは早くも最終決戦を予感させるな」などと思っており、城付近での展開からも、決着か?!と思いきや、全然終わりじゃなかった。流石に短過ぎると思ったので、割と嬉しい展開。

 城からの脱出シークエンスはジェットコースターな展開が楽しかった。一気に評価が上がる

 が、更にその後、また何か「え、そんな動機でそんな行動良いの?」という雑な展開が発生するところがお茶目だ。もうちょっと真面目に生き残りを考えて行動したまえ君たち。

 中盤以降、「序盤からの傷が痛い」という描写が頻繁に見られる。スラム入った時も同じ場所が痛んでた様子。と言うか、そもそも完治し切ってないのか。そりゃそうだよなー。杭刺さって何度も地面に叩きつけられてんだもんな。
 その上でヘドロに突っ込んだり、破傷風で死なないのが不思議

 弓矢での実績、ステルス攻撃の実績を解除してしまったので、接近戦やライフル、ショットガンでバンバン突っ込むプレイをし始めるが、敵の数が増えて来たので、無駄に死ぬ。こそこそヘッドショットする方が楽。
 しかし、TPSとして軽快でシンプルに楽しい

 海岸に着いてやっとひと段落着いた印象。オープニングからここまで、常に急いだ方が良い状況が続いていたので、急ぐ必要がないだけで、開けた景観も手伝い、開放感がある。まぁ、もうここまで随分シークレットトゥームなどをスルーして進めて来たし、早速次のミッションに出かけるんですが。海岸に出てからもまだ一展開ありげな雰囲気で、思っていたより色々詰まってる。

 トゥーム探索をほぼ放置してるので、トゥームをレイダーする要素は未だ希薄。もっと物語内でも、トゥームをレイダーしてくれていいと思うが、脱出劇という主要素とぶつかって焦点がボケるのを嫌ったのか。

 今日は以上。