読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヨコズキゲーム’

ゲームの事しか書いてない らじてんのブログ。

艦これとドラクラ

ドラゴンズクラウン 艦隊これくしょん ヴァニラウェア アクション

 仕事が忙しい上に、余裕があったら「艦これ」をしてしまうせいでブログを完全に放置。俺です。

 比叡!俺だ!早く来い!!おまえが来ないと(第四艦隊が)始まらないんだ!!!

 

とにかく艦これ

 まさかここまでプレイするとはな。
 一部で絶賛人気の「艦これ」こと「艦隊これくしょん」。

 正直、ブラウザゲーをプレイして、ここまで楽しめると思ってなかった。

 や、今までも一応テキスト海外MMO系ゲームやら「戦国イクサ」やら「ブラウザ三国志」やら「ブレイブリーデフォルト」やら、最近なら「千年勇者」やらプレイしてきた。
 なので、ブラウザゲームだからと言って、それだけでノーセンキューではなかったんだけれど、結局、ある程度プレイすると飽きて忘却してしまってきていた。今さっきこれまでプレイしたタイトルを列挙するだけで大変だったもんな、思い出すの。

 やめた理由はタイトルによりけりなんだが、大抵のブラウザゲーは待ち時間が発生する構造になっており(ちょこちょこプレイが推奨されてるのだろう)、あるいはギルドに入って他プレイヤーとの競争を煽る内容になっていて「課金しないと待ち時間長くなりすぎてやってらんねー」「周りのプレイヤーが強すぎて自分の好きなスタイル・ペースでプレイしづらい」&「それ超えて課金するほどじゃない」に尽きる。

 そうした俺に飽きられたブラウザゲームに対し、艦これの場合はどの辺が楽しいのか。以下に列挙する。

  • いわゆる「擬人化萌えゲー」に分類されるデザインだが、エロスだけを追求する方向のデザインではなく「ミリタリー」「かわいい」「かっこいい」の成分配合のバランスが良いベクトルでキャラデザインがなされている。
  • 一方、中破グラによってエロスも補完しているため、紳士安心。最初から露出が高いより途中で脱げた方が良いに決まってる紳士にとって大正義。
  • 史実艦のキャラへの落とし込みが凝っており、元ネタ艦を調べればキャラ側の深みが増す撃てば響く(轟音)設定。開発or軍事監修の情熱。
  • おかげで艦娘を集めるのが楽しい(大事)。
  • ソーシャル要素ほぼ皆無(他プレイヤーの艦隊と戦えるが自動戦闘だし強制する要素もほぼない)。
  • 戦闘は自動で、事前の編成・陣形が全て、というシンプルな内容だが、その分、色んな編成・戦略が可能になっている。
  • 全ユニットが課金なしで入手可能なため、課金していないからと言って戦略の幅が小さくならない。必要なのは忍耐と運のみ。
  • 待ちゲー特有の「プレイが進行と待機時間の正比例」が本作にもあるが、遠征艦隊は任務によって待機時間をユーザー側でコントロール出来るため、短時間遠征を繰り返せば比較的短時間でプレイ要素が発生する。
    どうしても待ち時間嫌なら別の艦隊を育てればいいしな。

 こんなところか。

 ざっくり飛ばしたが、特に戦闘仕様は、プレイヤー諸氏によるwikiなどを見ると、非常に凝っており、実際の戦闘をうまく落とし込んでいる
 それが、公式以外の、wikiや検証した方のブログを読まないと一切解らんのがすごい
 導入部分も致命的にヘタクソ、と言うか、よくあるチュートリアルな展開がなく、すぐにプレイ開始出来る反面、右も左もわからずにやめる人もいるんじゃないかこれ、というほど説明がない。最初クエストの受け方すら解らんかったぜ。
 今はプレイ人口も増えて「やり進めれば面白いらしい」という雰囲気が蔓延してる為、頑張ってプレイする人も多いだろうし、検索すりゃ記事もいろいろヒットするが、思い切ったバッサリぶり。

 

駆逐+軽巡中心艦隊でどこまでいけるか

 という訳で、現在司令部LV37。
 メインチームはこの人たちだ。

f:id:hirottemita:20130804130703p:plain

 あら、このブログには珍しい。画像ですよ、奥さん。

 現状、駆逐艦雪風」待ちである。スーパーシルフ欲しい。深井は雪風を待っております。

 お気に入りの艦に徐々に入れ替えながら、じゃんじゃんドロップする戦艦・空母を一切無視し、あえて駆逐艦軽巡中心の編成を目指している。
 そのせいか、いやーもう全く火力と装甲が足りませんな!!!ぼっこぼこ。司令部レベルは高いけど、その割に艦のレベルは低いし、まだ3-1に到達しておりません。型にはまったら鬼強いんだけどね。

 とりあえず、雪風の前に比叡だ比叡。比叡さえ来れば第四艦隊が出来て、第二艦隊をたまーに出撃させたり出来るんや。比叡・・・。

 ちなみに、艦これ、重課金仕様じゃないところも偉い。
 ドッグやら購入しても安いゲーム一本分の設計にしてる。その分、マルチ展開のグッズやらで収益を上げる構造らしい。角川ならではの収益構造ではあるが、うまく行けば今後のF2Pのモデルになるかも知れんので、その点でも気になる。 
 がんばれ角川ゲームス

 

古のドラゴンを倒す為には9つのタリスマンが必要だ

 古のドラゴンを倒す為には9つのタリスマンが必要だ古のドラゴンを倒す為には9つのタリスマンが必要だ古のドラゴンを倒す為には9つのタリスマンが必要だ古のドラゴンを倒す為には9つのタリスマンが必要だ古のドラゴンを倒す為には9つのタリスマンが必要だ・・・・・うるせええ!!!!

 うるさいが、谷口節さんは悪くありません。
 もうこのセリフが出ないようになったけど、そうなったらなったで妙な寂しさを感じるぜ・・・。そうでもないか。

 合間に艦これをポチりつつ、メインは「ドラゴンズクラウン」をプレイ中。

 と言っても、マルチに誘われたらプレイする、というくらいのプレイ頻度なので、まだノーマルもクリアしてません。エルフで現在LV31。

 安元の兄貴によるウィザードか、ミンゴスによるエルフか、寸前まで迷ったものの、最終的に「いつも暗殺者とか姑息いキャラを使っている俺」の本分に立ち返り、エルフでプレイ開始。
 当然、スキルはナイフ+メンテナンス+バックスタブに全力振り。たまに他の連射エルフとか見て「うげえうらやましい」と思いつつ、ナイフ振りまくってる。

 いやー、しかし、特に奇抜な事は何一つしてないゲームなんだけど、きっちり丁寧かつ、ゴージャスに作ってあるゲームは楽しいですな


 お前は村上隆かと思うようなデフォルメに、匂い立つエロスと、強力な声優をセットにして、それが暴れに暴れ倒す訳です。この時点で面白いに決まっているだろう


 操作の感触は、連打乱戦ボコスカゲームであり、ゴールデンアックスファイナルファイト系譜ってよりは「ガーディアンヒーロズ」っぽい印象。しっかり攻撃を置いて、立ち回りで敵に背後を取られないようにしつつ、敵を制圧するゲームじゃなく、ド派手に乱戦!みたいな。ギミック関係なんかはおもっくそゴールデンアックスとかそっち寄りの要素がふんだんに入っているんだけど。

 細かい操作のテクニックとかより派手味、爽快感を重視してる余り、自キャラ位置を見失う事はあるものの、それが気になるようなシビアな設計になっておらず、動かしていて非常に気持ちいい。レベルもサクサク上がるし。

 今のとこ、唯一の欠点はアレ。ルーンとロニ周りの仕様。

 まずルーン、覚えられんわ。雰囲気重視でそれっぽい楔文字風なのは良いんですけど、全然覚えられん。魔法の絨毯の「S・F・C(スーパーファミコン)」と回復魔方陣の「S・O・L(AKIRAの衛星兵器。大佐!!)」だけ覚えた。けど、別にこの二つ覚えなくていいやつだしな!!

 ロニは主に扉の開錠。
 宝箱はワクワク感があるから良いんだけど、扉の鍵は完全にただの待ち時間でテンポを悪くしている。戦闘のテンポがザクザクと気持ち良いから余計に気になるところ。飯出して食べたりすればいいのか。うーん。

 あとは、オンライン周りの仕様など、多少は気になるものの、慣れでカバー出来るとこかしら。

 巨大ボスも多くて巨大ボスファンには溜まらんね。
 追加DLCで追加ダンジョンとか配信してくれないかなー。もっと巨大ボス戦いたいわー。

 

おかげで「KILLER IS DEAD」触る暇ないよ。

 そんな感じで、ゲーミング。
 あとは、一時メタセコを使ってたのをやめ、Blenderを本格的にいじくり始めたり。今は習作としてペンギン作ってる。ピンドラの。キュッ!キュッ!サブディビジョン使うと贅沢気分で死にそうになる。

 そのような状態によって、購入はしたものの、「Killer is DEAD」触る暇一切なし。

 あれだよあれ、ほら、お盆休み?世間並みに?そういうものがもらえたり?したので??そこでガッツリプレイだよ。たぶん。

 今日は以上。

 よーし!比叡ー!!出ろーーー!!!!(400/30/600/30)

 

 (あ、バイオショックインフィニティDLCについて書くの忘れてた。えーっと、DLC1弾は割とどうでもいいです!暇でしょうがなかったらブッカーのモデリング見たさにやると思う。2弾についてはもうちょい情報出たらまたそのうち書く)