読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヨコズキゲーム’

ゲームの事しか書いてない らじてんのブログ。

ジョジョとかナラティブとかなんか色々

 か、書き始めた途端トイレにいきたい・・・。俺です。

 行けよ。行きました。ふぅ。

 

 前回が割とネガなエントリ(この単語を使うことを覚えた)だったので、さっさと新しいものを書きたかったが、なんやーかんやーで今。

 ちなみに先日発売の「スプリンターセル:ブラックリスト」は一旦スルー。堅実に面白いとは思うが、今ちょっとそういう気分じゃなかった。11月くらいに買うかも。

  以下、ジョジョのプレイ日記みたいなもんと、ナラティブって概念を知ったよって話。

 

その後のジョジョ

 はい、「ジョジョオールスターバトル」のアップデートが発表。

 流石にバンナムも状況に焦ったのか、結構早めのアプデ+無料配信予告。

 「FF14新生」という前例が国内にも出来たので(スタートダッシュでログインゲー祭を展開したが比較的早く落ち着きを取り戻しているように見えるし、まずは復活の一歩を踏めたように見える)、今後の努力でどこまで汚名返上出来るか。FF14ほど気合い入れた事が出来るか?っつーたらまぁ出来ないだろうけども。やる気すらあるか知らんけども。

 一部の格闘ゲーマーは、ジョジョASBを解析して遊ぶ方向にシフトしている。そういう人たちにしてみれば、アプデでの調整も楽しめる要素になる。調整で良くなるか。それとも、更にバグが出るか。もう楽しみ方のステージは既に変わっているんだぜ・・・。

 自分は解析したり出来ないし、その手の遊び方はしないけれど、少なくとも、調整などによって、もう少し良い着地をして、次回作に望みを持てるくらいには良くなって欲しい・・・。ああ、俺はまだ数%の何かを期待してしまっている・・・。一応まったりプレイ中だし、俺はまだ墳上やリゾットを使いたいと思っているんだ!!

 

ナラティブの話

 以前のエントリで触れた、ナラティブの話。

 今日、またナラティブに関する記事がタイムラインに流れて来たので読んでみた。

ゲーム技術の研究所 テーマ「Narrative」

 非常にわかりやすいー!!!ぐええええ!!!!

 前回の俺の把握はあくまで一部でしかなくて、もっとでかい範囲の話だったっぽい。うん、すごくわかりやすかったけど、まだちょっと掴み切れてない。でも、面白い。

 振り返ると、ナラティブを意識したのだな、と言う海外ゲームの多い事多い事。

 最近だとスマホのシンプルなアクションゲームですら意識してると気付いた。

 

 しかし、現在の日本製ゲームで猛威を振るうキャラクターゲームの場合の、ナラティブな導入ってなんだろう。キャラクターそのものが世界に導いてくれるようなチュートリアルな導入がそれになるんだろうか?カード系ソシャゲの場合のアレって・・・大抵、めちゃくちゃつまんねえんだよな・・・アレをやってみろコレをやってみろ煩いよ・・・。先に期待があったらともかく何が期待されるのかすら提示する前にゴチャゴチャと・・・。

 キャラとの出会い+キャラがプレイヤー自体に話しかけて世界に導くところから始まり、いきなりワクワクさせる流れの中で、ゲームの基本フローを体験させないといけないからな・・・。ロボットアニメにおける初代ガンダム1話、って感じの理想形みたいなものはまだ出来ていないと感じる。

 

俺の屍と鋼の荒野が待ち遠しい

 続編の公式サイトがそろそろ公開。

 ポータルサイトをまったり見守ってきたが、あと四日に迫りワクワクが止まらねえぞ!

 ここのところ、小~中距離走なゲームを多くプレイしていたので、RPG熱が高まりまくっている。

 メタルマックス4も予約した。出来に対して不安はあるが、蓋を開けてみない事には解らない。何かを信じて買う。どの店舗予約が良いか迷ったがエビテンにする事にしたぜ!俺はダイダロスと戦う!!