読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヨコズキゲーム’

ゲームの事しか書いてない らじてんのブログ。

メタルマックス4楽しい!

 気の抜けた感想記事だよ!俺です。

 

 ゆえあってGTAオンライン(思ったんだけど、アレで技が放てたら、結構「くにお」に近いものがある。という訳で、今度フレンドと近接限定デスマッチとか、攻撃アリのレースをやってみようと思う)をやる暇がなかったので、未着手だった「メタルマックス4」をプレイ開始。

 序盤も序盤。メタルマックス2で言えばデルタ・リオにも入れていない状態、かつ、賞金首一体すら葬れておりません。メタルマックス3で言えばユムボマさえ倒していない状態。

 

余裕のメタルマックス

 予告のアニメトレイラーや、3Dモデリングを見た時は不安になったものの、実際プレイし始めてみると杞憂だった。これは安心のメタルマックス

 

 開始してすぐに始まるミッションタイトルが「最後の授業」。速攻で安寧の日々終了を告げてくれる。

 2や3ほどの壮絶な幕開けとは行かないものの、程よく盛り上げる導入。

 アニメパートはスタジオ4℃だが、劇場版制作時と違って相変らず作画に難がある。制作費そんなにないんだろうな、とか、過去の説明や、ドラマを盛り上げる展開をスムーズにやる都合上、ここらへん、アニメの方が楽なんだろうな、などと、余計な事を考えながら眺める。

 今回はキャラボイスも搭載。プレイ前は鬱陶しいかと思ったが、そんなに気にならない。ボイス途中に決定ボタンを押した際、イベントは進行するが、次のセリフがない場合はボイスがそのまま進行する。地味だが、テンポアップに繋がっていて、こういうところが余計なものと感じさせないのかも。

 上記のアニメムービーなどもあり、既シリーズに比べて少々長めの導入(それでも短いが)を終え、いよいよ冒険開始。

 

 戦闘のテンポもオプションで弄れば非常に良好。相変わらずほぼ同時攻撃を展開してバリバリサクサクと戦闘が終わる。

 3Dキャラのアニメーションもサクッと動く。プレイヤーキャラたちは、多少キャラデザとの差が気になるが、デフォルメ3Dモデルの定番みたいなもんなので流せるレベル。

 荒野、廃墟、機械と生き物がごっちゃになった敵達。容赦なく元気な人々。乾いた空気が、実にメタルマックスしている。

 最初の町の背後に書かれた壁の絵とかいいなー、これ。発展してるように見せかける粋で貧乏くさい感じ。

 

 前作「メタルマックス2リローデッド」からのシステム部分の変更は、主にキャラ育成と戦車改造部分の様子。ブーストポイントなるポイントで、キャラをスキル単位で強化出来るみたい。貧乏性なのでもう少し育ってから使ってみようと思う(ブーストポイントの獲得条件をはっきり認識してない)。戦車改造については全く手をつけれていないので、正直不明。

 チュートリアルはかなり最低限で、既シリーズをプレイした人間向けの仕上がり。メニューボタンや、各種コマンドの解説すらない。今時の小~高校生が、鋼と荒野のRPGをチョイスするのかは疑問だが、シリーズ初プレイのチビッ子でも問題ない内容にするためにも、もうちょい親切にするモードを選択出来ても良かった気がする。でも、そういう事言い出すと、むしろチビッ子には「メタルマックス2リローデッド」やってもらって、から揚げになった皆さんに絶望を味わって欲しい気もする。時間勿体なかったのかな。

 

戦車を!早く戦車を!

 早く戦車を入手すべくサクサクと進める。敵ドロップが結構激しい上、結構使える武器をポロポロ落としてくれるので、強化が楽い。徐々に難易度が上がるのかも知れないが、現時点の序盤ではかなりやさしい調整。

 だがしかし、やさしい顔をしてもこのゲームはメタルマックス。念のため慎重さも忘れずに進む。下手に誘導のない場所に進行すると、どういう雑魚が現れるかわからない。いきなりやばいのが出て全滅するのも楽しいが。

 多分、最初に自力入手する乗り物の「レーサーバイク」を入手して戦力アップ。ついでに早期購入特典の「野バス」をDLする。しかし野バスは穴がない。副砲すらつけられないので体当たりしか出来ない。改造するお金がない。なるほど、そう来なくっちゃ!(?)

 早速チャレンジを請けて雑魚狩り。お金を貯め、穴を開けて砲を積み、強化する。この間全部がサクサクと進む。

 一応、乗り物を入手したが、早くがっちりとした戦車が欲しいところ。タイガーとかウルフとか、今作で登場するチハとか。やっぱ戦車に乗ってなんぼだ。

 

DLCの数がすごい

 噂には聞いていたが、DLCの数が半端じゃない。

 そもそも無料の特典DLCだけですごい数だと思っていたが、有料の方もかなり数が多い。

 有料DLCの方は、WANTEDを除いて、サクサク進めたい人向けの内容。購入しなくても、プレイに支障は全くなさそう。実際序盤はまだまだ楽勝ムードで必要になりそうな気配すらない。

 WANTEDモンスターと、山本貴嗣氏のイラスト主人公「はんた」を購入。今作のメインキャラたちも山本貴嗣氏のイラストに変えられたら良かったのに(最初からそうしてくれた方が嬉しいが、絵は個人の趣味もあるので、いっそDLCで対応してくれたらいいなと)。

 購入時の遷移が遅いのが気になったが、まぁこれは3DS自体の問題という感じ。他ゲーでもそうだがほんと遅い・・・。ついでに言うと、任天堂はそろそろアカウントでのDL管理をして頂きたいです。今使ってる3DSが壊れたら俺の買ったデータ全部が消し飛ぶような状態でいつまでいればいいのか。おっかねえ。

 最終的にどこまで購入するのか解らないが、次回作を祈願する賽銭と思って、全くいらないもの以外は購入するかも。

 

よし、まずは一匹でも賞金首を倒そう

 まず賞金首を一匹でもいいから倒す。そこからやっとハンターとしての道が始まる。

 今のままじゃ田舎のださいガキだからなー。戦車よりミニ四駆操る方がうまそうだもんなー。ミニ四駆操るエロガキとしか思えないもんなー。

 

 

今日は以上。