読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヨコズキゲーム’

ゲームの事しか書いてない らじてんのブログ。

「マックスアナーキー」とか最近やったゲーム+気になるニュース

感想 海外 おっぱい 近況 アクション

 銃犯罪についてやっさもっさな動きを見せるアメリカが「銃を出すゲームはやめよう」と思ったことがきっかけで、Wii初期の佳作「レッドスティール」やクソゲーとして一部で有名な「大刀」が変に見直されたら面白いのに、と思ってる俺です*1

 アメリカ人が「オリエンタルマジッーク!HAHAHA!」とか言いながら作った、忠臣蔵をベースにした「コールオブデューティー」とかやってみたいもんですね。
 ラストは、馬で逃げる吉良を追いかけながら、吉良の護衛を切りまくり。あともう少し、というところで、何故か登場した伏兵に一網打尽にされる刺客たち。これは全滅というところで、火矢に貫かれたままの大石良雄が刀を投げて寄越す。スローになった一瞬で笑う吉良の首を刎ねる。辺りが炎に包まれながらEND。
 こんなのプレイ出来たら爆笑もんっすよ。

 あと、全然話変わるけど「風ノ旅ビト」のラストで巨大な大川隆法が出現して説法始めたら、白目剥いちゃうな。そんで、気が付いたらスタート地点にいるの。めっちゃ怖い。

 そんなことばっかり考えてます。


■バカな話はさておき
 積んでしまっていた「マックスアナーキー」のストーリーモードを全クリア。

 結構独特な操作性だけど、慣れれば快適で、よく出来た乱闘アクションゲームだった。
 意外と格キャラの差別化があっさりしていたり、一部美人三姉妹のモーションが使いまわしなのは愛嬌かなぁ。
 少ない女性キャラの胸のサイズが差別化されていたり、良い感じで揺れるのは良いですね。サーシャ意外と幼い声でエロい。

 肝心?のマルチプレイについては、もう流石に今更。人が全くいないので、しばらく人待ちで放置しても始まらず。諦めて、プレイ終了することに。

 ストーリーモードは、思ったより浪花節な展開。もっとバカな内容かと思いきや、シリアスというか泥臭い路線。
 よく出来てるけど、一定スコアを取得しないと、進捗しないシステムのため、サクサクいけない時は退屈なところが問題。
 あくまで、キャラ紹介のためのストーリーモードと捉えると、十二分な出来だとは思います。共通内容も多いけど、2キャラ分で結構ボリュームあるし。
 それを下敷きにして、マルチで乱闘!と行かなかったのは残念だが、まぁ半年近く放っておいた自分が悪い。そもそもマッチングがいまいちとかそういう問題もあったのかなぁ。
 海外版は最近のリリースなので、同一サーバーなら、まさに今からが旬なのかも。
 まぁ、俺自身はもう良いか、って気分だけど。


■これまた放置していた「ゴーストリコンフューチャーソルジャー」
 さりげなく、誰か購入しないか待って置いてるうちにどうでもよくなりそうになっていたので、こっちもプレイ開始。
 現在、キャンペーンが中盤程度の進捗か。

 「スプリンターセル:コンビクション」のシステムを軸に、チームによる同時攻撃のシステムや、近未来ガジェット特有のシステムを織り込んでいる。
 正直、グラフィックなど「スプリンターセル」とほとんど変わらず、演出もクールな一方淡白で、突出した部分は感じない。
 「スプリンターセル」で完成した3人称ステルスカバーシステムが異常に出来が良く、それで十分面白い、という感じ。

 基本、四人一組で動くため、プレイヤーは敵にマークをつける事で仲間の積極的なバックアップを受けることが出来る。
 高所から偵察ドローンを飛ばし、マークをつけては攻撃指示を出すだけで、発見されずに敵部隊を全滅させたりする事も可能だ。
 こう書くと、難易度が低そうだが、逆に発見された際は一転苛烈な攻撃を受けることになる。
 カバーポジションに対して激しい攻撃をされると制圧効果で一歩も動けなくなるし、そうして固めた後はセオリー通りフラググレネードが投げ込まれる。
 銃弾4、5発で死ねる体力など、そうした部分で戦力を拮抗させており、スピーディーかつ緊張感が小気味良いゲーム展開になっている。

 マルチに関しては、周りで誰か買わないかな、と思って待っていたくらいなので、多分キャンペーンだけ終わらせたら、とっとと「アンチャーテッド3」をプレイし始めると思う。
 ゲームの性質上、マルチでのポテンシャルも充分、という気がするし、いささかもったいないが、まぁしょうがない。
 一番てっとり早い解決策として、家に箱○もう一台買って恋人と遊ぶって方法があるが(それならソフトは自分で買って一緒に遊んでくれるらしい)、それを今やると勿体ない気がしてなんか気が進まないんだよな・・・。


メタルギアライジングリベンジェンス体験版
 気分転換にプレイ。

 どうあれ、購入決定済みだけど、まぁ一応プレイしておくか、という気持ちで開始。

 グラフィックは硬質で見やすく、流石の出来。凄まじいレベル、という訳ではないが、当然、トップクラス。

 操作周りはレスポンス、ヒットした感触など極めて良好。
 アクションのモーションも良い感じ。

 意外だったのは、ロックオンが完全にないこと。
 向いた方向の敵を自動でロックオンして自動追尾しながら攻撃するタイプになっており、結構乱戦仕様になっている。
 移動スティック押し込みでロックオン、視点スティックを素早くはじくと切替、みたいな感じで良いから、実装して欲しかった気もするな。

 ロックオンについては、あっても良かったのに、という程度の事だが、プレイ時に少しストレスを感じたのは、自由切断モード時のカメラ。ピーキー過ぎる。
 そもそもメタルギアシリーズはカメラを操作した際、カメラ速度が速い、というか、硬い印象があったんだが、このライジングでも(制作違うはずなのに)似たような感触がある。
 移動時は全然気にならない。が、自由切断モードでは、カメラで見たい対象がカメラに近くなる都合上、あまりピーキーだと狙いがつけ辛くて困る困る。

 自分が箱○スティックに慣れ過ぎているだけなら、単に慣れの問題ではある。
 ただ、リリースされる本編では、カメラ調整のオプションあると、慣れを待たずして狙い通り切れる。それは嬉しい。けど、まぁ、この時期の体験版にないって事はなさそうだなぁ。

 それ以外は普通に大好物です。

 ニンジャランによる高速移動。
 軽やかでヒットバックも効いた攻撃アクション。
 自由切断でギッタギタに敵をぶった斬る感覚。
 シノギガード(ほぼスト3のブロッキング状態)による男らしいガードシステム。

 どこをとってもシンプルかつ遊び応えある感じ。

 メタルギアらしい薀蓄含みの会話も楽しく、本編が非常に楽しみになった。


■期待の新作ども
 次のハード発表の気配が濃厚になっている=今世代ハードが円熟してきたこともあってか、新作に関するニュースが妙に多い気がする。

 という事で、最近気になったゲームのニュースを適当に抜粋してみる。

 Choke Point | 『DmC: Devil May Cry』海外レビュー
 高評価だったので、動画などを見てると、武器のバリエーションも結構多いみたいで、ヒットマンを優先したいし、メタルギアライジングでアクション祭するし、発売日に購入しなくても良いかな、などと考えていたが、一気に欲しくなってきた。困った。

 Choke Point | 『The Cave』の配信日が今月末に決定
 シンプルに楽しそう。世界観もブラックな点はともかく、味があって良い感じ。
 『Trine 2』開発者がWii Uへの移植や開発について語る - Game*Spark
 こちらの「Trine2」もそうだが、この1年、インディーズディベロッパーによる、パズル性の高い、高品質な横スクロールアクションが目立つ。
 ローカライズなしには遊ばない、という基本姿勢なので(そうでないと遊ぶゲームがパンクする)ローカライズされるのかどうかが、どれもこれも気になるところ。

 CD Projekt RED: 『Cyberpunk 2077』のインゲーム映像はトレイラーのビジュアルが目標レベル - Game*Spark
 時間がなくてプレイを(ひっそりと)泣く泣く諦めた「ウィッチャー2」を制作したスタジオによる新作のティーザー。
 完全に俺の大好物な設定。新作アニメも開始される「攻殻機動隊*2だが、同じサイバーパンクなら俺はこっちの方が気になる。
 出てくる女性は実写のため、本編ではこのレベルの美女が期待できるのか気になるところ。
 いや、別に美女が出てくるかどうかを問題にしてるんじゃなく、美女って設定なのにブスが出てくるのが嫌なんだよ俺は。

 新システムもたっぷりと解説した『Tomb Raider』ビデオシリーズ第1弾が公開 - Game*Spark
 どんどんノリが「アンチャーテッド」に近づいて来てる本作。
 アップグレード関係のシステムや、オープンワールド(ファストトラベルとか)的な要素が、どう違いを見せてくるのか。
 一点、QTEによるレイプフラグ回避なんかはちょっといやだなぁと思うところ。だって、崖っぷちでおっさんに襲われてQTEとか、明らかに失敗したらゲームオーバーでしょ。
 単純に鹿や兎をちまちまと狩るのは楽しそう。


 という辺りで時間もなくなってきたし、この辺で。
 また今度。


 ※※追記※※

 ソニー、「PlayStation 4」を今春に発表か - CNET Japan

 これ本当だとしたら、ゲーム事業傾くだけ傾きたいのかと思ってしまう。
 「XBOXに先駆けて本体を売ってシェアを」しか考えてないなら、累計売り上げがやっとXBOXを超えたって事実を無視しすぎてるとしか思えないんだが・・・。
 むしろ更に廉価版のPS3を作る形で地道にシェアを広げてくれた方が嬉しい人は多いだろうし、大体完全な新ハード作るお金あるならVITAをなんとかしてください・・・。
 ただのフライングや誤報・誤解であって欲しいなぁ。

*1:マジな話、発端の事件に対してのリアクションとしては、この一連の騒動バカバカしすぎる。被害者の子供に謝れよお前らってレベル。問題がズレてる。ゲーム側の自主規制はともかく、ゲーム側に自主規制しろ、って話ではないと思うし、それは各家庭の問題。全米ライフル協会はクソ過ぎる。ほんとバカバカしい

*2:こっちはこっちで冲方 丁氏が脚本をするというのは非常に嬉しいし、草薙素子のビジュアルが完全にバロット入ってて、これマルドゥックじゃねえか、と思うわけだが、それより「マルドゥック」シリーズ完結作やら「テスタメント・シュピーゲル」の続編を執筆頂きたい気持ちがあるし、あと、作画監督として最強すぎる黄瀬氏だからこと、監督してどうなのか不安がある。まぁ、見るけども