読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヨコズキゲーム’

ゲームの事しか書いてない らじてんのブログ。

ダークソウル2日記:毒嫌いマグマ嫌い

 「人間性」を「人の像」に変えたのはなんでなんでしょうね。俺です。

 前作からの時間経過を想像させる要素の一つとして設定変えたのかなぁ。

 

 当然、今日もダークソウル2日記。今日も二日分。長い。

 

 ※以下、ネタのバレよ!

 

狩猟の森で狩猟されたところから

 大量のソウル消失に幽体離脱していては、先に進まない。

 とりあえず、森の仲間たちを適当に狩りながら、何度も死んだ吊り橋方面は避け、谷方面へ。

 どうせソウルもないし、後回しにし続けてもしょうがないのでネクロマンサーでも狩っておくことにする。炎のロングソードを適当に振り回しつつ谷の洞窟奥へ。割とあっさり柱の陰にネクロマンサー。おっと隠れる気が薄い!!ネクロマンサーは紙切れ装甲なので、スケルトンを無視して強引に叩き殺す。残ったスケルトンもお掃除。

 更に洞窟の奥で、もう一体のネクロマンサーを発見。

 早速同じ方法で接近して切り殺そうと思ったが崖の向こうにいやがる。魔法で攻めようと武器を持ち変えるも、泡を食っている間にスケルトンにザクザク斬られる。逃げる。雫石を使う。スケルトンの間を飛んで来ていた追尾ソウルの矢が。死。

 クソ!

 再度、谷へ。居場所さえわかってりゃなんてことねーんだよー!という訳で、適当に矢を撃ちこみ、スケルトンも片付ける。谷に平和が戻った。

 

道具類を見返す

 ボス霧に挑む前に、一旦、マデューラに帰還し、道具類を整理する事にする。

 駆け抜けて来たのでよく解らんものが沢山。いつ酒飲みに再会するかもわからないため、全部のアイテムをわんさか持ってる状態。その中に、ハイデの槍をなんて使えそうなものを持っている事に気付く。忘却の牢付近で倒した人がくれた・・・気がする・・・。覚えてない・・・。

 しかし、せっかく有用そうな槍なので、強化して、ネズミに挑む事にする。

 

ネズミ退治でネズミの王に会う

 聖人墓所に飛び、すぐにボス。

 やっぱりこの場所は槍の方が闘いやすい。敵が縦にまとまれば複数を同時攻撃出来るし、距離を取れるので被弾も減る。

 しかし、全然終わらない。何このボス。ネズミが減る気配がない。ネズミの分だけボスの体力メーターがあるのかと思ったが、減る時と減らない時の差が不明。

 負ける気はしないが持久戦になるとエストが尽きるかも知れんな・・・などと思いながら、適当な一匹をどつくと、ボスの体力ゲージがメリメリ減った。なるほどそういう事か。

 タネが解れば一瞬。あっという間に倒せた。なかなかいいボスだったな。

 

 ネズミ部屋の奥にはこれまた何の見分けもつかないネズミがいた。話しかけれたので会話してみると、めっちゃ偉そう。ネズミの王?らしい。ボス同様、見た目全く他のネズミと区別つかないんすけど・・・。誓約を結べるようだったが、場所柄と、鐘守の一件を思い出しやめておく。またそのうち気が向いたらな。

 

更に深く潜る。そうだよね、帰りたいよね

 ネズミを倒した後、先に進むと縦穴状の場所に出る。際どい場所にアイテムがあるが、届かなかった場合は下に落ちる。戻って来れそうもないし・・・落ちたくねぇ・・・。銀猫を装備していざ突貫。

 やっぱり取れなかった。落ちた。しかし、大したダメージも受けずに着地し、着地先で別のアイテムを拾っていると、げぇ!煙人間!!気が付いたら間近に接近されており、反射で盾を構えたが攻撃される。まさかの爆発。煙を出すどころじゃねえ。と言うか3匹くらいに囲まれてる・・・。死。

 再度、縦穴へ向かい、煙人間を遠距離から排除して更に下へ。上には戻れない。ところどころのサインで「絶望」「帰りたい・・・」などのメッセージが。うん、帰りたいよね。

 そして、新しいエリア、クズ底に到着。クズ底て・・・。暗いを通り越して、禍々しい雰囲気が漂っている。腐れ谷などを彷彿とさせる嫌な場所の予感。

 あまりに暗いので崖付近に寄っていくと、どこかから毒を食らう。どこから狙われているのか全然わからん。見回してみるが、毒が飛んできた方向を見ても何もいない。どこだよマジで。

 苔は食べたくないし、雫石も浪費しそうだし、第一たいまつか照らす光(セットしてない)なしでは、攻略出来る気がしない。一旦、このエリアは後回しにして帰還石を使う。また会おう!クズ底!!(全然会いたくない)

 

狩猟の森で滝裏のボスに挑戦

 しょうがないので、滝裏のボスに行く。ここら辺はもう雑魚しかいない。

 ボスは魔導師風味の骸骨たち。またも3体同時かよ!!

 が、途轍もなく遅い。移動速度が、攻撃間隔が遅い。そして強い味方である柱がある。しかも2本も。遠距離で火球を飛ばして来るやつがいてちょっと怖いが柱があるので何でもない。この人たち耄碌してるのでは。

 雑魚スケルトンが染み出るように登場したが、復活しない様子。魔法が飛んできて当たるが即死するほどでもない。柱の陰で回復すれば余裕。

 ってな感じで繰り返していたら勝った。道中のネクロマンサーより弱い!

 

露出姉ちゃんの顔が怖いがおっぱい

 早速、滝裏部屋の先へ進んでみる。

 進んで行くと、久しぶりの晴れた空が広がる溜りの谷。

 少し進むと・・・ナオンだ!ナオンがおる!しかもおっぱいがでかいナオンだ!

 話かけてみると、どうやらあの鍛冶屋の娘らしい。ああ、おっぱい見てて気付かなかったけど、その持ってるの石か。石を見ると自然におっぱいも視界に入りますね。話の内容がぼんやりしてるけど大丈夫か。

 ただ・・・この人ちょっと顔が怖い。もう少しかわいいおっぱいが良かったけれど、貴重なおっぱいなので、贅沢言わずに拝んでおく。

 

余計なものをふんだんに溜めている場所

 おっぱい後、溜りの谷攻略を開始。

 どうやら「毒を溜める=溜りの谷」らしい。地面いっぱいに毒の霧のようなものが沈殿している。

 まだ明るいだけマシ・・・まだ明るいだけマシ・・・と自分に言い聞かせつつ、毒耐性の高めな放浪装備で毒だらけの水泳大会へ。ポロリ(死)もあるよ。

 このエリア、明るい場所なため、敵が発見しやすく、また、対処しやすい敵ばかりで、かなり簡単。ありがたい。

 毒を食らう度に雫石を使いながら、あちこち見えてる範囲のアイテムをかき集める。時々エスト瓶も使う。あー、もっと毒耐性の高い指輪とか装備欲しいな・・・。

 毒だらけの洞窟内では、酒飲みと再会。機会の逃がさず、溜めこんだ要らない装備を売り飛ばし、巨人の指輪を購入する。強靭度上昇か・・・。盾受けをメインにしたいところでは使えそう。

 巨人に背後のバリケードを破壊させたり、デブに囲まれて逃げ回ったり、毒の中で右往左往、死にながらアイテムを回収したりしながら、サクサクと通り抜けた。ここはボス不在なんだろうか・・・。

 

毒沼の塔でげんなりしたが

 一体どこからこんな大量の毒が・・・。谷の向こうにあった土の塔は、底部に毒沼が。

 げんなりしながら沼地奥のアイテムを回収。勿論、毒にかかった。毒回復のため退避した部屋でキノコ虫に狼狽えてる間に毒で死ぬ。

 キノコ虫を倒し、ファロスの仕掛けを発見。毒沼が引く事を祈って、仕掛けを動かすと、宝箱が。中からは毒咬みの指輪。いや!毒こそ引かなかったものの、充分嬉しい!クズ底でも役に立ってくれそう。

 

ジャバザハットに瞬殺されて瞬殺する

 やたらと楔石を落す地味にありがてえデブを倒しながら塔を進む。

 またもすぐにボス部屋。

 ボスは・・・ジャバ・ザ・ハット。こいつがジャバ・ザ・ハットじゃなかったらジャバ・ザ・ハットもジャバ・ザ・ハットではない。

 でかい。這って接近してくる動きがしつこくで鬱陶しい。ロックしてスタスタと逃げる。ボスが攻撃準備モーションに入った。様子を見ていると・・・マジか。ジャンプしやがった。

 まさかのダイナミックなジャンプ攻撃に掠った途端即死。攻撃力高えな!

 一発即死したので、むしろ軽装に切り替え、再戦。

 ある程度攻撃も解ったし、むしろジャンプ攻撃を待って対処したら・・・あっさり完封で倒せた。隙がでかいんだよな・・・極端なヤツだ。

 

土の塔を駆け上がり一気にボスへ

 ここで日を跨いで翌日。

 土の塔を駆け上がる。

 土の塔は魔導師姉ちゃんがなんかエロいという点が一番重要。数少ないエロポイントなのでこの程度でも目の保養になってしまう。恐ろしい。

 ドワーフのようなおっさんに橋をかけてもらったり、サインに従ってよく解らんまま風車を止めてみたり、ミミックに殺されたり、槍騎士に殺されたりしたが、大した事でもない。

 中層の篝火、隠し部屋の上層篝火を解放し、さくさくとボスへ挑む。

 ボスはメデューサ。オーソドックス感の強いやつだ。周囲に弱酸性の毒が広がっている。リーチが異常に長く、結構素早い。密着するとしっぽで弾き飛ばして来たり、掴みから即死級の絞め技を繰り出す。なかなか攻守のしっかりしたやつだ。

 途中、ボスが手にした首をぶん投げて来た。気持ち悪いので回避しまくったが、当たってたら一発石化してそうな気配・・・。

 毒沼に入られるとチリチリ回復されるので、なんとなく焦る。なんとなく焦って4回ほど負けた・・・。

 が、最後は高速突進槍(判定がかなり狭いのか徒歩で避けれた)を連発してきた隙にあっさりと倒せた。若干運が味方した気がする。

 

熱そうな場所で発汗が欲しくなる

 蛇女部屋の先のエレベーターから上がると、溶鉄城なるマグマの城。如何にも炎系の敵がいそう。

 篝火すぐ横のマグマに試しに入ってみたが、一瞬であの世に逝けたほどダメージがきつい。激しい発汗や炎カット装備が欲しいところだが、そういうものは一切ない。

 一旦、マグマは無視して先へ。炎とまるで関係ないが、見た目がかなり格好いい黒騎士がガサガサしている。隙は少な目だが、防御は薄い。弓→盾ガード→バックスタブで沈めながら進む。腐れ谷の糞団子デブと同じ闘い方のイメージ。ソウルが美味しいので稼ぎ場所として良さそう。

 行商人と会ったり、出過ぎてフルボッコに殺されたり、すごい弓でいきなり撃たれたり、居合マンに切られて死んだり、ロックしてクルクルしてたらマグマに落ちたり、仕掛けを動かしたりしながら、とりあえずボス部屋に到達。

 早速ボスに挑む。

 炎のゴーレムを連想するボス。完全に強そう。

 実際強い。攻撃の隙は多いんだが、狭い場所でリーチのある攻撃を繰り出して来る。一番狙いたい攻撃タイミングで爆発波を出して丸焦げにしてきたり・・・。体力を減らすと剣に炎を纏わせ、本体から噴き出る火力もアップ。接近すると体力を減らされる。ほんと強いな!武器を槍に変えるか、そもそも火力カットの高い盾を探すか・・・。

 挑戦する度に騎士たちをじっくり排除して行かないといけないのも辛い。せっかく取得ソウル量の多い雑魚なので、いっそ枯れるまで倒してしまった方が良いかも知れない。

 

急に気が変わってクズ底に向かう

 が、雑魚狩りは面倒臭かったので、突如行きたくなかったクズ底に向かう。ひょっとしたら案外サクサク行けるかも知れんしな。

 聖人墓所を経由してサクサクと地下へ。照らす光を使って視界を確保しながら、誰がどうやって作ったのかよく解らないバラックに着地。

 暗いし気持ち悪いのも問題だが、そもそもここ、構造自体が不安定過ぎるだろ・・・。亡者はいるが、おおよそ知性のありそうなタイプが見当たらない。君らがこの空中掘立小屋を作ったの?イマイチ信じられないんだが・・・。入って来た際にいきなり床が崩れたせいもあって、どこを歩いていても足場が信用出来ない・・・。

 多分スタート地点となる篝火を発見したので、暖を取り、松明に点火して(照らす光では効果時間が短過ぎた)探索開始。

 ところどころに置かれた燭台(と一見気付かなかった)に火をつけられる為、それで明るい場所を増やしながら移動する。それでも暗いけどな。

 全体的に敵の動作が鈍く、たいまつ所持のまま移動戦闘をこなす前提のマップという印象。あのどこから飛んで来たか解らなかった毒、石像が出してたのね。前作の吹き矢野郎みたいな者がいるのかと思った。

 案外サクサク進めるが、基本徒歩で慎重に行動する。

 途中、開かない扉を発見したりするが、二度と来たくないので、勘弁して欲しい気持ちが強くなる。

 

罠サインを抜けて黒なんとか谷へ

 観察するに、ボスはいなさそうなので、霧もさっさとくぐり抜け、途中で切れた梯子の多いゾーンへ。ここのサインは嘘が多い。「ここだ!」じゃねえよ。どう「ここ」なんだよ。梯子途中で切れてるじゃねえか。

 最下層らしい場所では装備を破壊する酸?壺が面倒くさい。と言うか装備品がぶっ壊された。ただでさえ耐久が減ってるのに、最後になんて物を置きやがる。防具はともかく、指輪が壊れたのが痛い。パイクに持ち替えて遠距離から割る。

 そして、黒なんとか谷(忘れた)に到達。

 うーん、途中で呪術使いに会えるかと思ったが、全く会わなかったな・・・。まだ行けてない場所もあったし、そっちにいたのか、それとも暗くて見落としたんだろうか。それともこの更に暗そうな谷にいるんだろうか。

 とりあえず疲れたので一旦帰る事にする。明るい場所に行きたいです。

 

石化された人たちの事を思い出す

 クズ底探索中、唐突に、忘れ去っていた石化人たちの事を思い出した。暗い場所も嫌になったので、気分転換に助けてやるか。

 忘却の牢と、隙間の洞にいた気がする(最早ぼんやり)。まずは、どこにいたかあんまり思い出せない忘却の牢の人のところへ。確か上の方にいた気がする。

 忘却の牢でウロウロして石化された人を発見。ほんとここの煙人間嫌い。

 随分長いこと石にされていたようだが、じゃあこの場所いつからあるの。結構な魔導師の雰囲気を出しているが、あんまり欲しい魔法を売っていない。とりあえずソウルの矢を追加してみる。魔法はいまいちだが、巨大ソウルの交換をしてくれる様子。迷ったがとりあえず技量装備っぽい、歪んだ直剣(どっちだよ)をもらう事にする。

 次は隙間の洞の人。こっちは貴重な女性キャラだったはず。

 今では雑魚となった妊娠ゴブリンを倒して女性キャラを助ける。

 おお!まさかの呪術キャラ!こんなとこにいたのかお前!!めちゃくちゃ序盤じゃねえか!!しかも「激しい発汗」持ってる!!

 大喜びでいつの間にかゲットしていた暗い呪術の手を強化し、各種呪術、属性指輪を全力で全て購入する。服がない、と言うので、囚人の服をあげようと思ったが、酷過ぎる気もする。囚人装備以外の余ってた装備がアーロン装備しかなかったので、それをあげる事にする。

 呪術女の先には懐かしのカメレオンと妊娠ゴブリンの集団が。もっと早くに来る場所だったせいか雑魚。危なげもなく撃破。篝火発見。

 篝火を手掛かりにすると、ここは虚ろな影の森らしい。が、すぐ傍の鉄扉が開かない。何故だ。如何にも先に行けそうなのに。違う場所から入るんだろうか。

 

発汗とか意味なかった

 やっと激しい発汗を手に入れたので、早速溶鉄城にワープ。

 マグマ渡りの時間ですよ。火の指輪、アーロン装備、そして激しい発汗をセットし、いざマグマへ!

 うわー!全然ダメージ食らうー!でも何かゲット(ダメージに気を取られて見てなかった)。もう一方のマグマも行ってみるか??でもこのダメージ行ける気がしない・・・。いや、行ってみるか。

 やっぱり死んだー!うわー!変な場所にソウル残ったー!18000ソウルがー!!

 何故ソウルがある状態でこんな危ない事をしたのでしょうか。眠かったんでしょうか。 結局頑張って回収しようとしましたが、あっさりソウル消滅したので寝ました。

 

 

今日は以上。