読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヨコズキゲーム’

ゲームの事しか書いてない らじてんのブログ。

ダークソウル2日記:白ファンの人すごすぎるだろ

ダークソウル2 プレイ ダークソウル RPG アクション

 朦朧としてる。眠い。俺です。

 何故ならダークソウル2が楽しくて遅くまでやり過ぎたから。

 

 ダークソウル日記。ああ、初周プレイ失敗の予感を覚える度、2周目をやる気がどんどん増してくる。

 

 ※ネタバレの嵐

 

思い出した場所で弓を撃つ

 ソウルを消失したショックか、すっかり存在を忘れていた狩猟の森奥の不死刑場に出かける。

 入ると早速ボス。

 古代馬戦車に乗った亡霊?が、環状ステージを止まる気配なく、スケルトンを轢き殺しながら走る走る。

 最初こそちょっとびっくりしたものの、スケルトンとネクロマンサーを適当に排除した後は、コースの窪みに隠れて弓を撃つだけの簡単過ぎるお仕事・・・。お前最弱確定。

 体力ゲージを70%ほど削ったところで、姿が見えなくなったので探しにいったら、息が切れたのか、コースの途切れ目(この時初めて気づいたがここを飛び越えてたのか)にぶら下がっていたので、矢を撃ちこんだら落ちてった。なんて悲惨・・・。

 レバー鉄格子を下ろし、走行を止めたりも出来たようだが、そこまでの必要すらなかったな。

 刑場上階には、薄気味悪いやつが。話しかけると、やたらとこっちが残虐な人か確認してくる。闇霊誓約か何かっぽいので、一旦やめておく(あとで鐘守の誓約を結んだ際に気付いたが、とりあえず誓約してみて、ダメなら即、猫のところで破棄すれば良いだけだね・・・)。

 

月の鐘楼と陽の鐘楼でダッシュダッシュ

 不死刑場には他に何もなさそうだったので、これまた放置していた月の鐘楼へ。

 鐘守に侵入される前にクリアするのを目標としてとにかくダッシュ。屋上に上り宝箱を開け、小人を倒し、レバーを引く。ここで侵入されて殺される。毎回2人が相次いで侵入し、即刻1対2になるのは勘弁してもらえませんかね・・・。

 再度ダッシュ。屋上のソウルを回収して、鉄格子のなくなったボス扉へ。ボスは・・・。

 お前・・・知ってるぞ。懐かしの鬱陶しいボス、ガーゴイルはん!初っ端から2体同時。と思ったら途中で3体になった!!酷過ぎやしませんか!!滅多刺しにされて死。

 再挑戦。最初にある程度攻撃を畳み掛けれるものの、自キャラの火力では殺し切る事が出来ないせいで、終始3体同時に相手取る事を強いられる。攻撃頻度は鈍いので、様子を見ながら慎重に一体一体倒す。・・・が、倒すとまた新しいガーゴイルが動き出す。なんじゃお前!!

 4回ほどの再挑戦で、ようやく落ち着いた対処が出来るようになり、なんとか撃破。とにかく攻撃チャンスが作りにくいので、魔法呪術メインで攻めたが、理力にもっと振ってたらもう少し楽だったかな・・・。

 ガーゴイルの先の篝火であったまり、すぐ横の梯子を降りるとワンコの大群。呪術で焼き払い降りると、今度は闇霊。サクサクと片付ける。犬とまとめて来られたら死んでたな。色々アイテムをゲットする。月の鐘楼は多分これで終わり。ここはオンライン用ゾーンかな?

 

 次は、溶鉄城の篝火から、もう一方の鐘守さんのところへ。月の鐘楼と繋がってなかったここは何?

 そこは陽の鐘楼月の鐘楼と対になるエリアかな。小人だけかと思ったら魔法使いタイプの鐘守もいて厳しい。えっちらおっちら戦ってるうちに灰霊PCが侵入してきて殺される。だから二人掛りはやめろって!!

 3度目の挑戦で、通り抜けに成功するが、ボスがいるって事もなく、スタート地点の溶鉄城に出た。多少アイテムを拾ったが目を剥くようなものはなかったし・・・。何か見落としてるんだろうか。オンラインプレイ専用エリアだとしてももうちょっと何かありそうなもんだがな・・・。また今度じっくり探索しよう。死んでもいいようなソウル量の時に。

 

もうほんと暗いとこ嫌なんですよ・・・黒渓谷へ

 次なる放置場所、黒渓谷へ。

 毒石像が山ほど建っており、破壊するのが面倒くさい。が、猛毒を食らってばかりだと雫石が枯渇してもおかしくないのでがんばって破壊。

 炎で燃える池からは黒いフェイスハガーみたいなヤバイ生物が。出てきた瞬間ガードしてたら掴みで食い殺されました。

 暗いわ、石像多いわで結構面倒くさい。石像を切ろうとして崖から落下死など、かなりしょうもない死に方をしたり。ジリジリ進むと、すぐにボス霧っぽいものが。ふぃ~。すぐ近くに篝火もある。意外に狭い場所で良かった。この倍のエリアサイズあったら神経病んでたよ・・・。

 ボスは、その名も「腐れ」。我が名はレギオン・・・って感じの見た目が非常に良い。でもなんであなた大ナタ持ってるんですか。武器いらねえだろ!やめて!!

 巨躯の割に結構移動速度が早い。掴み攻撃からの人間搾りで死。鉈の3連続振りおろしを回避し損ね死。更に体力が減ると謎の腐れパワーを爆発させられ死。鉈先から腐れパワーを飛ばされ死。と手がつけられない。

 が、ここでの最大の敵はボスそのものより、エリアのところどころにある炎。マグマほどでないにせよ、スリップダメージがバカにならず、ボスの巨体に追い詰められるまま炎を踏むとメリメリ体力が持って行かれて死にまくる。

 10回ほど戦ったうち、炎ダメージが原因での死亡は5回。炎指輪をつけて軽減しても辛い。指輪の属性防御もうちょい上げてくれー!!

 闘ううち、密着左回転によって、大抵の攻撃が避けられるのに気付く。真後ろにつくと腐れ爆発をしやすい気がするので、気持ち、敵の右手近くをキープてチクチク攻撃。炎に気を付けて位置取りして・・・・勝利。

 どうやら、聖人墓所から続く一連の地下ツアーはここで終点の様子。はじまりの火を灯す。

 篝火経由で、途中の坂まで戻り、崖を確認。と言うのも、サインで「この下」みたいな事が書いてあったからだが・・・。降りてみると鍵がかかっていて開かない扉を発見。鍵・・・。どこで手に入れるんだろ。とりあえず帰還の骨片を使って篝火に戻る。

 

再び王城へ行き、なんとなく白ファントムを呼ぶ

 そろそろ本当に心当たりの場所がなくなってきた。

 いい加減何か変化があるかも知れないので、再び王城へ。王の証寄越してくださーい。

 期待して来てみたものの、相変わらず敵は石化したまま。なんだけども、入った事のない扉を発見。・・・ええ・・・なんでこんな目立つもの見落としてたの・・・。

 ところどころ手すりがない危ない通路を渡り(この城の建築家はアホ)城を上がっていく。途中で女王っぽい人が見える。弓で撃ってみようか迷ったが、ろくな事にならない気がしてやめておく。

 ボス前へ。サインを見ると「仲間がいる」「二人組が必要」などとある。

 ふーむ・・・試しに白ファントムでも呼んでみるか。前回のソラールさんみたいなものがいるかも知れない。いつの間にか40個もあった人の像を使用。

 残念ながらNPCはいなさそうだったものの、大量の白サインがあったので、二人ほど呼ばせてもらう。宜しくお願いしまーす!(土下座)

 早速ボスへ。ボスは前に倒した竜騎士?と思ったのも束の間、白ファンのお二人が凄まじい魔法・呪術をジャンバリジャンバリ放ち始めて何がなんだかよく解らなくなる。とりあえずガードガード。

 槍を一発もらったので退避してエストを飲んでる間に試合終了。うぉー、なーんもしてねー。と言うかこの人たち強過ぎやしませんか。ボスを討伐したせいか、白ファン2人は退場。

 白ファンさんに応援してもらうプレイ、楽になり過ぎじゃないかこれ・・・。

 

白ファンさんのガイドがすごすぎる

 篝火に到着して一服。と思ったら、間違えて白ファンを召喚してしまう。ああ・・・すいません、これどうやったらキャンセル出来るの・・・。篝火・・・使えない・・・。エスト少ない・・・。

 しかし、せっかく来てもらったし、とりあえず行けるとこまで行ってみるか、考え直す。さーて、この先はどうなってるのかなー?

 と思ったら白ファンさんがここ雰囲気を察したのか、猛然と案内してくれる。

 と言うか、敵はガンガン先行して倒すし(クラブ+大盾って強いのな・・・)、仕掛けやアイテムの位置に先導してくれるし、レバーもガンガン引いてどんどん進む進む。

 なんや解らない間にエレベーターを使えるようにして、エレベーターで上がる上がる。檻の変な人は鍵がなくて助けられないので、観察もそこそこにエレベーターを降りる降りる。別の鍵で扉を開けて霧の見える雷雨の通路へ。

 今度はボスまで一直線に走る走る。待って!なんかすごい雑魚が来てるよ!え、これこのままボス行くの?!

 と思ったら、もたついてたせいで雑魚に袋叩きにされて死んだ。あ、ありがとう白ファンの人・・・。

 

丁度良い歯応えのボスと戦う

 白ファンさんの快進撃のおかげで一気にボスまで到達。エリアの構造は全く把握出来てないが、まぁ、またソウル稼ぎしたくなったらじっくり行ってみよう。

 という訳で構造把握は後回しにし、再度ボスへ。ちなみにボス前の通路は、白ファンさんのやってた通り、走り抜けて霧に入るのが一番楽っぽい。雑魚はボス戦後、ゆっくり狩れば良いのな。

 ボスは鏡の人。ミラーマンある程度体力を減らすと鏡の盾から雑魚を生み出す。

 全体的に堅実な攻撃で、タイマンならなんとでもなりそうな人だが、この雑魚が邪魔くさい。ハイデ剣でなるべく素早く仕留めたいが、雑魚に気を取られているとボスにどつかれ死する。しかし、雑魚を大量発生させないところが良心的ですね・・・。

 3回ほどの挑戦で、攻撃を把握。雑魚対処も速攻畳み掛ければ楽勝。電撃を少し食らいつつ勝利。

 強すぎず、弱すぎず、程よい難易度のボスであった。地味だけど。

 

王城地下へモリモリ降りる

 エレベーターを降りて、王城の地下?へ。地下には大空洞が広がり、幻想的で平和な雰囲気。わかってますよ。平和な訳ないですよね。

 溶鉄城より、実は王城の方が地盤の緩いとこに建ってんじゃないの?と思いつつ、カエルマンや、エロそうな(最早女性キャラなだけでエロいと感じる体質に)魔導師(鬱陶しい)を倒しながら進む。

 ここの最大の障害は崖。水の中の崖とかやめてくれ・・・(後で思ったのだが、照らす光とか使えば楽なのかな・・・)。足場に気を取られながら進み、魔法で焼かれたり、滑落したり、槍で刺されたりして死ぬ。やっぱり平和じゃねえ・・・。

 このエリア、珍しくBGMがあるなぁと思ったら、どうやら女性が歌を歌っていた。何という癒し・・・。世間知らずを通り越した存在に、薄い本の事を考えながら先へ進む。

 

ズルムケガエルを倒して墓場へ

 ボスは硬いカエルを剥いたやつ。ライチみたいな感じ。

 足を殴ると「カンッ!」と弾かれたので、にゅるんとしたところを殴ったらやはり弱点。にゅるんと出てくる度に攻撃を避け、腕を殴り、引っ込んだら回避準備して~~を繰り返したら勝った。初見で勝利は嬉しい。プレス攻撃、ジャンプなどが脅威なのかも知れないが、避けやすかったので、どのくらい凶悪な攻撃だったのか不明。

 カエルの先で、もう一人の歌い手お姉さんを愛でたりしつつ、不死廟に到着。

 また暗いところかよ・・・。太陽仕事しろ。

 今度は怖そうなお姉さん魔導師と亡者が徘徊している。弓矢大活躍。

 亡者が延々と涌くゾーンへ。変な石があったので近づくと幽霊(レイス?)が登場。体力はないが結構素早く攻撃力がそこそこある。離れると魔法に呪術に大暴れ。焼き殺された。

 今度はレイスの湧く石ごと攻撃。石が割れてレイスが湧かなくなった。なるほど。

 同じ要領で亡者と墓石を破壊しつつ、篝火に到着。

 ちなみにこのレイスの湧く墓石、近づくとレイスを無限にリスポーンすると思われる。取得ソウル量は知れているが、どうしても困った時の為に全て破壊せず、一つくらい残しておくと便利っぽい。

 

えぐいトラップでえらい目に合わされる

 篝火から更に奥へ。墓石ゾーンを抜けた先では闇霊が出現。こいつ、王城でも見たな。

 素早くパリィも使いこなすため隙がない。が、ローリング時に適当に攻撃するとバックスタブが何故か決まる。どういう動きしてんの・・・。スタブ2発+αで討伐。

 奥は壁幽霊とシールドマンが。呪術で焼き払い更に奥へ。

 ぽっかりと空いた穴。行きたくないなぁ・・・。と思ってても拉致が開かないので拉致を開けるべく落下。ここもまた亡者涌きゾーン・・・と思っていたらどこかから鐘の音が。レイスが4体出現!!ぎええええ!!

 どうやらこのゾーン、四方+くぼみにレイスの石碑があり、設置された鐘が鳴るとレイスが召喚されるらしい。地面から涌く亡者を放置すると鐘が鳴らされて死ねる仕組み。死んだよクソ!

 四方八方、呪術、ソウル矢が飛び交い、地獄絵図。生き残れる方がおかしいです。

 レイスの石碑は篝火でも復活しないので、5回ほど死にながら石碑を壊していくうちに徐々に楽になってきた。しかし鐘、うるさいなぁ・・・(そういえば月の鐘楼も陽の鐘楼も鐘を鳴らした覚えがとんとない)。

 鐘地帯を抜けた先でレバーを引きショートカットが完成。

 

 次は、ボスっぽい部屋、というとこで昨日は終了。

 

 もう大分進んだ気がするんだけど、終盤戦は近いのかしら。

 あと、書いてて思い出したけれど、溶鉄城の奥をど忘れしてた。また行ってみるか。

 黒渓谷の扉、巨人の森・影の森・王城地下の王の証扉、ジェラルドの扉、など入れていないところ満載。

 マデューラに集ったNPC以外を最近見かけないし・・・。みんなどこ行ったんだろ。

 

 謎が謎を呼びつつ、今日は以上。