読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヨコズキゲーム’

ゲームの事しか書いてない らじてんのブログ。

「進め!キノピオ隊長」

任天堂 感想

 時間調整にゲームの感想。俺です。

 

パズル要素の楽しいアドベンチャー「進め!キノピオ隊長」


進め!キノピオ隊長 紹介映像 - YouTube

 WiiUを購入して「マリオカート8」「WiiFit」などクリアがないゲームを中心にプレイしていたので、目先を変えたくて「キノピオ隊長」をプレイした。

 紹介映像でわかるギュッと詰まった箱庭感や、手触りを感じられる質感が素敵。

 ちょっとずつ進めてクリアしたので、その感想を。

 

基本は視点移動による謎解き

 キノピオの基本動作は至ってシンプル。歩く、引っこ抜く、投げる、以上。荷物が重くて走れない、ジャンプが出来ない、というのはすごく良い言い訳。

 序盤は視点移動による謎解きが中心で、じっくり観察しながらアイテムを探し、ゴールへの経路を探る。

 視点移動による謎解きは、3Dになって以降のアクションアドベンチャーには定番の要素だが、空中に浮いた箱庭状ステージという構造(つまりステージの底も裏も見える)と、任天堂の培ってきたユーザーをさりげなく誘導するテクニックが活かされまくりで心憎い。一見何もない、と思ったら隠しコインがあったり、通り抜けるだけの通路?と思って視点を回転させたら横道が見えたりする。一回は引っかかっちゃうけど、引っかかってからよく見たら、解法がきちんと見える、そういう誘導がほんとうまい。まぁ、そんなのは今更の話なんだけど。

 

質感実験場の様相

 紹介映像でも結構目立つが、本作はオブジェクトの質感表現がすごく良い。

 最近、他ゲームでもこういうやわらかいライティングを見かけるけど(ヒットマン・リトルノアなど、スマホゲーで特に目にする印象)、それがミニチュア感を増幅していて良い感じ。手に取れそうな質感や、水とか金属の表現はすごく素敵。

 キノピオは色んなシチュエーションを冒険するが、どのステージもすごくいい雰囲気で、ステージ始まった瞬間、もうワクワクする。

 

意外とすぐに広がってしまう箱庭

 一つ残念だったのは、序盤のステージこそ、小さな立方体状に詰まったステージが多いものの、すぐにステージが大きく広がっていく。それはそれですごく楽しいし、無理に箱庭っぽさを重視して窮屈だったり退屈なのよりはいいはず・・・なんだけど、序盤ステージのちまっと箱型にまとまった感じを、すごく気に入っていたので、ちょっと残念。

 

天丼なお話だけど、最後まで充分楽しめた

 お話は、同じような展開が重なる天丼構造になっている。そのため、中盤~終盤、ボスに対しては驚きがなくなってしまったが、ステージはどんどん色んな仕掛けが飛び出して来たし、最後まで楽しめた。

 きちんと手をかけているけど、息切れする前にさっと終われる小品はほんと嬉しい。

 

それにしてもやっぱり任天堂のゲームは楽しいな・・・

 任天堂制作のゲームは久しぶりだったのだけれど、やっぱり面白いな・・・。

 特にタイミングアクション要素が薄目のタイトルはもっと出してくれると嬉しい。

 

 

今日は以上。