読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヨコズキゲーム’

ゲームの事しか書いてない らじてんのブログ。

ブラッドボーン日記2

 3日分まとめて書いたものも、日記なんだろうか。俺です。

 先週、金土日、3日間のプレイを小分けして書く。

 

狩人、おはようございます

 ヤーナム市街から再開。

 まだボスも倒せていないのに、メインウェポン、もとい、たった一つの武器、仕込み杖の耐久力がやばまってきている。雑魚を何度も狩って防具を揃え、火炎壺も買い込んだが、耐久が減ったせいか肝心の武器火力が落ちて来ている気がする。

 とりあえず、輸血材の貯蓄が出来るので、でかいおっさんを倒したりして稼ごうとするが、間合いをミスって殴られました。死にました。気分的にジリ貧度合いが増してくる。

 

ノコギリ槍だー!!

 体力の多いおっさんの相手も嫌になってきたため、ひょっとしてまだ未探索の場所に逆転要素があるのでは?という、根拠のない考えから下水に入ってウロウロする。半狼男は硬くて事故が怖いため、水死体ゾンビのいる辺りを入念に探索。落下ポイントで落ちて戻れないのも怖いが、最悪いつの間にか持っていたワープアイテムもある。

 そうして探索していると、ネズミだらけのゾーンでノコギリ槍を発見。これでまともに戦える!!

 

謎の火球

 更なるアイテムを探しつつ、水路を進むと、明らかにやばい豚が見える。試しにちょっと誘い出してみたが、狭い場所という事もあって倒せそうな気もしない。手近な梯子でその場を離脱する。豚、梯子下でずっと突進を繰り返してる・・・降りたら死ぬなこれ。

 仕掛けなどを動かし、地上部分に出る。夕陽が安心するー(そうでもない)。

 目の前の橋を渡ろうとすると、獣狩りの一団が。一匹一匹誘き寄せ戦おうとするが・・・まとめて来やがんの。通称パーティー会場で一団に袋叩きにされた思い出が蘇りつつ、一番手前の敵だけを相手にするよう立ち回ろうとした瞬間、変なでかい火の球が飛んで来て撥ねられました。死にました。

 

ガスコイン神父

 再度橋へ。

 よく見ると火球をでかいおっさんが押していた様子。でかいおっさん、知能があったのか(もっとよく見ると盾持ちの獣狩りが指示してたようでやっぱ知能ないかも)。

 解ってしまえば橋上の一団を轢き殺してくれるありがたい球。でかいおっさんをノコギリ槍のサビにして進むと、豚の背後に出た。尻に手を突っ込み内臓破壊。狩人たるもの、直腸検査も躊躇はしない。なんかの許可証をもらった。

 半狼男の内臓も抉ったり倒したりしながら先へ進むと、ムービー開始。嗚呼・・・こっちもボスが・・・。

 ボスはガスコイン神父。前にどっかであった鳥っぽい狩人とは違って完全に敵。殺す気満々。乱立する墓石を盾に戦おうとするも、こちらの武器より、あちらの斧が当たるケースの方が多い。輸血材を使いまくりつつ追い詰めると・・・・変身した。

 変身後、めちゃくちゃ速い。暴れる暴れる。派手に避けないとガンガン詰め寄ってくる。墓石を盾にしたいが墓石を破壊して突っ込んでくる。ダジャレなんか書きたくない。と言うかシャレになってないぞ。八つ裂きにされました。死にました。

 

どこもボスだらけ

 あっちもこっちもボスが封鎖してるようで、ボスを倒さないと話にならない、という事が解って来た。最悪だな・・・。なるべく自力でクリアしたいが救援サイン出そうかな・・・。

 とりあえず、でかいおっさんなどを倒して、減った輸血材を回復させつつ探索しているうちに、狩人の夢において、販売されている武器が増えている事を発見。やった!斧だ!!どう考えても強い。と言うかリーチが長い。強攻撃、溜め攻撃共に滅茶苦茶頼もしい。

 よし、でかいワンちゃんに挑もう。

 

でかワン戦

 まずは火炎瓶を投げまくる。このでかワン、どうも毛に当たり判定がないらしい。見た目と違ってちゃんとタイミングを計らないと瓶が当たらないのは学習済みなので慎重に瓶を当てて体力を削る。

 瓶も切れたので、いざ、斧で。ジャンプからの攻撃を誘うまで粘り、斧溜め殴りを繰り返す。あっさり撃破したー!これ斧じゃなくても勝てたんじゃねえのって気が少しするけどとにかく倒したー!何かの許可書をゲット。

 他に何かあるかな?と思ったが、橋の奥は行き止まりばっかりだった。クソが!!

 

次はガスコイン神父

 あっちの橋がダメならこっちの橋だ。ガスコイン神父と再戦。斧はリーチが長いので、墓石越しの攻撃が格段に当てやすい。溜めで殴れば多少攻撃に被せに行ってもリゲインしながら殴れるので被害も大した事ない。

 と、言いつつ、獣化後のラッシュに殴られて2回死にました。

 4度目の挑戦。もう大体動きが解って来た。接近したら殺される感じなので、もう近づかない。敵の残り体力も少ないし、全力で火炎瓶を投げる。死ねこの気狂いめ。撃破。

 

新しい世界

 戦闘場所の近辺でブローチを発見する。確か探してる女の子がいたが・・・どこにいたか忘れたし、もうヤーナム市街をウロウロするのは飽きたので先に進む。

 特に危険もなく、聖堂?教会?に到着。

 ずた袋みたいなのが転がっているが、ロックオン出来ないので一応警戒しつつ話かけるとNPCだった。安全な場所に来たい人がいたらここを教えてやってくれ、と言われたが、あたしゃ知ってるよ婆くらいしか思いつかない。気が向いたら教えに行ってみるね。

 他に施設らしい施設もないみたいなのでとっとと次へ行く。

 

仮面の人たちと優男

 仮面をつけた新しい敵が登場。斧の前では対した敵でもない。

 あっちこっちへ歩いていると、優男のNPCに出会う。手前に「嘘つき」「強敵」などの手記があったため、むしろアルカイックスマイルで近寄った。ソウルシリーズを遊んだ後だと、この手の手記は逆にフラグだよな・・・。

 役に立つのか不明だが、協力しようぜ!と言い出したので乗っかって色々情報を聞き出す。うん、半分くらい何について聞いたのか、何を言ってるのか解らん。

 見れば見るほど正しい顔つきで、騙されて死ぬか、気が狂って死ぬか、なんか死んでるか、とにかく死ぬかしそうな奴だ。

 仕掛けを動かして進むと危なげもなく旧市街に到着した。

 

ガトリングバカ

 旧市街に入ると早速ゴミ虫みたいな敵がいた。誘われているのか?と思いつつ、追って屋根を降りて行く。到着した先には敵と松明があった・・・けど、これ、ここからどうすんの?

 ジャンプしたら行けそうな場所も見えるが、悲しい結末になる可能性もある。と言うか、7割方そうなる気しかしないので徴のワープで帰る。このアイテム、もっと有効に使いたい・・・。

 

 気を取り直して再度、旧市街探索。

 新雑魚が登場するが弱い。ノコギリ槍の弱弱変形コンボでザクザク殺して進む。コンボ中に変形させると技が派生するのが、完全にかっこいい。

 探索している最中、ずっと誰かが叫んでいてうるさい。ゴチャゴチャ言ってるが誰だ何処だコノヤロウ。と思っていたら機銃の掃射を食らって6割くらいの体力を持って行かれる。痛てえ!!

 どうも塔の最上部からガトリングで狙われている様子。その銃、くれよ。

 ガトリングの掃射を建物で避けつつ雑魚を転がして進む。雑魚が弱くて助かる・・・。

 雑魚の毒で地味に体力を削られつつ、ガトリング男のいる塔の下まで到着。待ってろよ内臓破壊決めてやるコノヤロウ・・・と黒い情熱で梯子を上って行ったが・・・クソ野郎、謎の超感覚で気付いてこっち向いた。

 意を決して梯子を上がりきる。勝てる。今の俺なら勝てる。うわ!こいつ早い。ちょっとグングンこっち来るなこの狭い場所で。近い近い、速いよ、回復の暇がないんだけど、あ、足踏み外しました。死にました。

 

おっかないので別の場所を探索

 再度挑戦したいが、確実に勝つ手が見えない(大体いつも見えない)ので、一旦放置して、別の場所を探索する事にする。

 ガトリングバカのいる塔をすり抜け、奥を目指す。途中、変なNPCがいたので階段下から斧で切り付け殺すプレイ。初の雑魚狩人戦だが、勝手に下がって勝手に松明で燃えるアホだったため、大して緊張もせず難なく撃破。

 塔の下部へ進むと、雑魚がすごい勢いで湧いてきた。眼も赤く光ってておっかねえ。数に押されて囲まれボコボコにされました。死にました。

 

再度探索しようとしたら改造出来た

 塔内の雑魚に囲まれないよう、地道に削って血の遺志を回収する。

 塔内は、どう考えてもボスがいそうな雰囲気でおっかない。なんかでかいのがぶら下がってるし、アレ、絶対落ちて来るでしょ。俺知ってる。

 ビビッて一旦引き返した。ほら、血も溜まってたし。

 夢に戻って、今日は終わりにするかなぁ~とウロウロしていたら、建物の扉が開いているのに気づく。いつから開いてたのここ・・・。

 建物内にはオープニングで見た爺のちゃんとしているバージョンみたいな紳士がいたけど、そんな事より工房があるじゃないですか。武器の改造が出来る。やったぞ。

 早速斧を全力で改造し、ついでにノコギリ槍も少し強化した。結晶もセットして一気に最強伝説が始まった気分になる。気分だけでも味わいたい。

 

 

という事で、次に続く。