ヨコズキゲーム’

ゲームの事しか書いてない らじてんのブログ。

ブラッドボーン日記3

 土曜分のプレイ日記。俺です。

 ガトリングバカと戦うか、ボスっぽいところに行くかの2択から。

 この日は、一部、遊びに来た友人と交互にプレイしたので、ちょっと細部が曖昧。

 

ガトリングバカと再戦

 まずは、ガトリングバカと再戦。

 プレイステーション4のアップデートで、レジューム機能がついたため、スタンバイモードからのプレイ再開が速い。助かる。

 ガトリングバカの下までスタコラ走って行く。途中、聖堂街近辺で拾った木の盾を使おうと思っていたのだが、完全に忘れてそのまま突っ込んだ。斧で殴る殺す殴る、みたいな思考で頭がいっぱいだった。

 考えが全くなかったが、何気に溜めで斧攻撃をしたら迎撃気味に吹っ飛ばしが効いた。これだ。銃での崩しは怖いが、溜め攻撃を溜め切ってしまえば、銃を撃たれようがなんだろうが殴り勝ち出来る。ダメージもリゲインで取り返せる。吹っ飛ばしては少し寄って再度溜め殴りを繰り返し、首尾よく塔から叩き落とす。よし、想定通り。塔から降りてアイテム回収だ。

 ・・・と思ったが、まさかアイテムが浮いてるとは。どうも空中分解したのか、空中に判定があったのか、空中でアイテムが止まっており、拾えない。どうすんのこれ。しょうがないので先を目指して進む。

 

ボスっぽいとこへ

 再び塔の内部へ。雑魚の配置は見切っているため、少しずつ倒して進む。

 そして、前回は引き返えしたボスっぽい場所へ。

 しかし、雰囲気からして絶対何かあると思った場所、何も起こらない。上にぶら下がってるのもただぶら下がってるだけ。なにこれ雑巾かよ(多分違う)。肩すかしを食らったが、むしろ不安になる。攻略順序の問題か?それとも何もないと思わせてからの不意打ちか?

 結局何もなかった。何ここ。

 

ボスっぽい場所の先へ

 行き止まりか?と思い、一度引き返してレベルを上げたりした後、やっぱり何かないとおかしいだろ!と再度探索。

 その道中、ガトリングバカのアイテムらしいものを拾う。どうもボスクラスのアイテムは取り損ねると、ボスの登場場所にポップし直してくれる様子。ありがたい。というか、ダークソウルもこうであってくれよ。

 再探索していると、ボスがいそうでいなかった場所の先に通路を発見(正確にはプレイ観戦してた友人が見つけた)。

 今度こそボスだわ。あー、ボス絶対いるわ。だってなんかいっぱい人が磔にされて燃えてるもの。

 明らかに霧が出そうな門をくぐると、予想通り、奥の方からボスが。

 今度のボスは、汚いでかワンコ。とりあえず遠目から火炎瓶を投げてかるくダメージを与えておく。

 近づかれた後は、とりあえず攻撃パターンを観察しつつ、隙らしいところに斧強攻撃を食らわせていく。戦場には柱がたくさんあるので、回避が楽。

 体力をある程度減らすと、毒っぽいものを撒き散らし始める。汚いなお前。が、基本離れているので、特に問題なし。ちょっと危ない場面もあったが、初の初見撃破に成功した。わーい。聖杯をもらう。

 ボスを倒した後、建物内を探索したが、ここも行き止まりの様子。行き止まり、多いな。

 

崖から落ちる

 行ける場所が一つしか思い当たらない為、聖堂街に戻り、以前はでっかい敵が怖くて引き返した方へ。

 ガシャンガシャン言う、謎のクソでか仮面男と対決する。斧は当たると死にかけるものの、間合いを取り損なわなければテクテク歩いて避けられる。撃破。

 上がり階段と下り階段の分岐。まずは下り方面から攻める。

 でかいおっさん2体を倒し、崩れかけた岸壁で、望遠鏡を入手。嬉しがって早速使用してみた。向こうに橋が見えるなー。なんかいるかなー?思ったよりズームアップしない。えっとズームって出来るのかな?これは?と攻撃ボタンを押したら、普通に攻撃が発動。一歩前へ。崖から落ちました。死にました。

 余りにしょうもない死に方に愕然。動揺したまま再度海辺に行こうとしたクソでか仮面男に負ける。表情が死んだ。

 

全く関係ない場所で落下

 聖堂に戻ると、今まで開いてなかった扉が開いているのを発見した。こんなとこあったっけ?

 気分を変えたかったので、早速突撃。エレベーターを上がると、ガトリングおじいちゃんがお出迎え。ロドリゲス映画に出て来そうだなお前。

 進んだ先は塔のような形状の場所。上階から銃撃、下には雑魚狩人がウヨウヨいる。とりあえずダッシュで駆け込み走り回っていたら、足場のないところが。

 進んだ先は、ダクソの井戸を思い出す場所。落ちたらどう考えても即死するエリア。暗いしよく解らんなこれ。適当に降りてみる。着地点に掠ったがうまく乗れず落下しました。死にました。

 

下はダメだ、上階側へ登る

 ソウル量が多いと損失が嵩むだけっぽいので、下階側は諦め(落下ダメージカットアイテムが登場するかも知れんし)、上階を目指す。

 ザコ狩人の方は、ノコギリ槍でバシバシ叩き殺す。一方、銃タイプの火力が侮り難い。撃たれました。死にました。

 再度登る。最上階で輝く剣の証書をゲットした。他はまだ開かない扉があるだけだった。覚えておこ。

 

苦い思い出の場所へ

 名前からして完全に強そうな武器、輝く剣だったが、まずは、いつの間にか販売されていた印を買う。キーアイテムっぽいし、後でこれ買う為にソウル稼ぎするの面倒臭いし・・・。

 

 さて、苦い思い出の地、望遠鏡足滑らせ事件の現場へ。

 下り階段方面=海側は、こちらも開かない扉しかなかったので、今度は上り階段方面へ。

 仮面のおっさんたち(通称ダルビッシュ)がたくさんいるも、攻撃範囲が小さいので斧で叩き割れば余裕。火炎放射器だけがちょっとおっかない程度。

 広場はデカダルビッシュがウロウロしてたので、一旦スルーして迂回する。

 早速、先ほど買った印を使う場面が登場。実にスムーズで良い。印を使って扉を開く。しかしこれ、印を買ってなかった場合、ここで印を使うと解ったんだろうか・・・。

 広場の上側で、仕掛けを動かし、ダルビッシュと犬を叩き割り、どこをどうウロウロしたかよく解らなくなりつつ、色んな扉を開けて回った。いつの間にかショートカットも開放した。

 ここら辺は、友人がプレイしていたのを見ていただけだったりしたので、マップがあんまり頭に入っていない。

 

大聖堂で犬と戯れ

 大聖堂へ。

 大聖堂までの道のりは、友人が操作していたので引き続き友人がボスと戦う。鹿の角が生えたハウンドワンちゃん。設定が設定だけに犬っぽいボスが多な。もっと色んなデザインの敵が来てくれても良いんだが。

 見ていると、右手の振りおろし直後が隙っぽい。友人はまだ操作に慣れないのもあって負けたが、攻撃がワンパターンな感じなのでなんとでもなりそうな気がする。尚、シャレではない。

 という訳で操作を交代し、リベンジへ。

 左手の振り回しや、右手の単発振り回しは、後ろに下がって避け、右手振り回しからの振りおろし攻撃を待つ。

 振りおろした手が地面を擦るタイミングで、左手方向へ回避ダッシュして斧強攻撃。これを愚直に繰り返す。左手に持ってる懐中時計が弱点なんだな、多分。

 途中、何度か光り出した時はなんか怖い攻撃が来るかと思いきや、特に何もなく、難なく撃破。いえーい。段々余裕になってきたぞ。

 

で、どこ行く?

 さて、聖堂内も行き止まりの様子。

 祭壇に飾ってあった頭蓋骨の回想シーン?が見れたが、それが何のヒントだかよくわからない。大体こうだよ。最後まで見て、もう一度断片的な情報を組み上げてやっと朧気に物語の輪郭が見えるんだ。

 まずは、ちゃんと探索しきった気がしない大聖堂付近を探索する。大聖堂内から出て左の道を行く。

 やたら強いNPCが登場。硬いなーこいつ。ヒヤヒヤする場面もあったが、輸血材を使いまくって競り勝ち。何をもらったのかは完全に忘れた。

 その先、銃に狙われたり、アーマードでかいおっさんが。面倒くさいのでとっとと走り抜け、教会風の建物に逃げ込む。見た感じ場合によってはボス戦っぽいが・・・。

 奥の扉を調べるが開かない。と思っていたら隣に青い靄が出現、いきなりデカい腕に体を掴まれ発狂させられ握り潰されました。死にました。なにこれ。

 

血は回収するも行先を見失い彷徨う

 血の回収は成功するも、扉近くに長居していると問答無用で握りつぶされる様子。どうも今はここを進めないのはわかる。完全にわかる。

 じゃあどこへ行くのかと言うと、ちょっとよく解らない。えっと?どこかあったっけ~?(穴に落ちて行くエリアの事を完全に忘却している)

 ヤーナム市街や旧市街などをウロウロして、NPCなどを教会に案内したりしたが、新しいエリアや、画期的な進展もなく、聖堂に戻ってくる。とりあえず、娼婦のお姉さんが目の保養になる。自キャラが女性である事を初めて悔やんだ。男キャラだったらどんな事になったんだ。

 

そういや右の道行ってないぞ

 やっぱり、あの謎の握り潰死ゾーンだろうか?と考えながら、聖堂から出発したとこで気付いた。そういえば、反対側の通路行ったことないな。

 大聖堂を出てすぐ、今度は右側のルートへ。どうもここが正解ルートらしい。

 進んだ先は墓石だらけ。枯れた森と踊り狂うキチガイの街ヘムウィック。

 踊るキチガイの他、魔改造された犬と、銃ジジイ、アーマードでかおっさんなどがいる。ろくなのがいねえ(今更)。

 

 次の攻略場所が見えたので、プレイを終了。

 

 

土曜はここまで。次回に続く。