ヨコズキゲーム’

ゲームの事しか書いてない らじてんのブログ。

聖杯ダンジョンをなんとなくプレイ

 見事に寒い。俺です。なんだこの天候。おい春!春!!!・・・死んでる・・・。

 

怠いと言いつつ聖杯ダンジョンをチマチマ

 探索が退屈な割に敵火力が暴力的な聖杯ダンジョンをタラタラプレイ中。いつの間にかレベルは150越え。

 2周目も後はラスボス戦のみだが、まぁどうせならトロフィーコンプもついでに狙うか~、くらいのプレイ。手間のかかる誓約・NPC関連のトロフィーがないため、どうせなら、という軽いスタンスで目指す気になれる。

 聖杯ダンジョンに対して、せめて(というには贅沢な話だが)、エリアが倍以上あって、各聖杯単位で特徴的なオブジェクトや景観が見れたり、更にボス戦も地形ごと練り込まれたボスがいたりすれば、もっと楽しかったろうに・・・というような事ばかり考えてプレイしており、若干不健康ではある。

 それはともかく、練り込み不足ではあるんだけど、今作だけで終了にせず、なんとか聖杯ダンジョンを面白くするなど、今後も新たな共有にとして成立させるべく挑んで欲しいな。

 

後を引くのが丁度良い

 不満がありつつ、それでも、聖杯ダンジョンをなんとなくプレイし続けてるのは、トロフィーがどうしたこうした以外に、本編が「後もう少しやりたい」=「丁度良いボリューム」だったという事もあると思う。本編クリアで8割方満足しつつ、あと2割物足りないから、とやり続けるうちに燃焼し切るくらいが丁度良い(個人の感想です)。

 アクション寄りの調整だったせいでRPG成分が物足りなかった分については、別の何で吸引しようか検討中。図ったように発売するPS4版「ダークソウル2-SCHOLAR OF THE FIRST SIN-」をやるかブレイブリーセカンド or ゼノブレイドクロス」まで溜めるか迷うな・・・。PS4版ダークソウル2はアップデート全部入りってだけでなく、60fps・新要素・敵配置変更で、ちょっとそそられるが、それにしても7割はもう知ってるゲームだし、何より長いんだよなぁ・・・。

 

待ってたぜ、アダム・ジェンセン

 話は変わって新作の話。

 正直もうないんじゃないかとすら思っていた「デウスエクス」新作「DeusEx:MankindDivided」。しかも前作から地続きの完全なる続編。

www.4gamer.net

 プロ意識は高い安元声の渋いおっさん(しかし弱い)アダムさんが、サイボーグ化した果てに世界を救っちゃうゲーム、デウスエクス

 大きい物語進行の選択肢・攻略の選択肢が多く用意され、凝ったサイバーパンク世界設定、1人称視点と3人称視点のブレンド、美意識を強く感じるビジュアルなど、多くの面で見どころ、やり応えがあった。サイバーパンクSFは大好物なので、今でもすごく好きなゲーム。日本産アニメやゲームのオマージュがガッチリ見れたりするのも微笑ましい。

 レベルデザインの制約からか、こじんまりしたオーグ要素(パワーアップ)、硬いキャラのフェイスアニメーションやモーション、RPG要素が自由度の足を引っ張っている、敵対する相手が障害物以上の存在ではない、あってもなくても良いのDLC、などなど、惜しい点もそこそこある。まぁ、それでも俺は滅法面白かったが。

 前作の発売から4年経過しており、その間スマホシフトのような動きもあったし、近年のアイドス作品にどうもパッとしない雰囲気(あくまで雰囲気 リブート版Thiefやってないしな)を感じていたのもあって、もしデウスエクスが制作されても、リブートが来るかなぁ?などと思っていたらここに来て普通に続編が来よった。そうだよね、これで全く新たなリブート作品として登場したら、前作ラストのメタルギアばりの前フリはなんだったんだって話だもんね。良かった(本当にそうかな?)。

 公開されている動画・スクリーンショットからは、純粋に画面が綺麗になった、という以外まだよく解らない。とりあえずクソ魅力がない嫁が吹っ飛んでた(よく見たら違うかも)が、そのままあいつが死んでても構わない。


Deus Ex: Mankind Divided - Announcement Trailer ...

 絶対こんなゲームプレイねえだろ!!というのがトレイラー見て最初の感想。

 拘束スタンガンや電磁ガン?みたいなものはあるかもだけど、相変わらず一人称視点みたいな事を考えると、トレイラーにあるようなバットマンアーカムかよって立ち回りは出来ないだろと。出来たら別ゲームだわ。

 ゲームプレイとまるで関係ないイメージトレイラー自体は珍しくないが、グラフィックの出来だけ考えれば、微妙に近いものが出てくるはずで、結構久しぶりにこういうムービー見た気がする。中途半端に近いってとこが変に違和感感じるんだろうなぁ。あと、前作のイメージからこんな超強いアダム=誇大広告に見えちゃうんだよ。だって、アダムさん、電池式サイボーグでしかも弱いでしょ。いや、動画自体はB級アクション感たっぷりでめっちゃかっこいいですが。

 SSからは相変わらずクソ小汚いロケーションも確認出来て、前作での香港パートが非常に良かった人間としては菩薩顔にならざるを得ない。

 とりあえずオーグの拡張方針に伴うダイナミックな攻略方法にどの程度躍進があるのか気になる。あとは、RPG的経験値システムを排除するか、よりRPG寄りになるのか。割り切ってくれても良いけど、RPG要素を強めてよく解らんブレンドゲームとしての強みを打ち出す博打に出て欲しいなぁ。自分でも何言ってるのかよく解らんが。

 もうちょい情報が出てこないとなんともだが、気になるタイトルが増えた。

 

 

 今日は以上。