ヨコズキゲーム’

ゲームの事しか書いてない らじてんのブログ。

「ウィッチャー2:王の暗殺者 エンハンスドエディション」感想

 未だウィッチャー尽くし。俺です。

 プレイしていたPC版「ウィッチャー2」のロッシュルートをクリアしたので、とりあえず一旦感想を書いてしまう。

 

プレイ状況

 3以前に何があったのか、知りたかっただけの為、難易度最低でプレイ。全部ゴリ押しだぜ。

 ロッシュルートをクリアし、イオルヴェスルートはサスキアが毒を飲まされたところまで(丁度進捗半分くらいか?)。

 サイドクエストはそこそこ攻略。単なるモンスター退治などのクエストは途中から無視した。ウィッチャーの本分台無し。

 

2の不満から3の進化に感動する

 今見ると流石に古臭い1とは違い、比較的最近のゲームである2はグラフィックもそこそこ綺麗。彩度・シャドウが強く、見辛い部分もあるが、おっぱいは3より美乳に見える。

 ただ、それは、キャラを遠目に見たりする時だけで、ローカライズ言語にまでリップシンクするなど、全編素晴らしいフェイシャルモーションを備えた3を思うと、キャラの表情は人形然としている。また、遠景まで表示できないせいなのか、見通しの悪いマップが多くてどこをどう歩いているのか解り辛い。PC=ゲラルトさんがカメラに近いのも、視認性が悪い理由になっている。

 クイックメニューが余りクイックでないし、戦闘モーションも遅くて単調。アクションしていてもあまり面白くない(難易度が最低だからとか、こちらがそもそも丁々発止の駆け引き戦闘をやる気になってないという態度が悪いかも知れない・・・)。やっている事はほぼ同じなので余計に、差の積み重ねを感じる。

 自分のPC環境のせいなのか、エンジンの性質なのか判断つかないが、キャラを表示する度に、テクスチャ読み込みを繰り返すのも気になった。カメラからちょっと外れただけでいちいちテクスチャを読み直すし、大体間に合ってない。描画処理が独特なエンジンなのかしら。

 3でクエストの面白さに大きく寄与しているウィッチャーの感覚も、2ではいちいち一定時間のクールダウンが必要で、ほとんど機能しない。クエスト進行のヒントが少なく、足を使って探索する場面が多いが、通常の視界が狭く、移動も快適で楽しいとは言い難い為、はっきり言えばサイドクエストの半分は単に面倒に感じる。

 クラフト要素もあるが、使いにくい上、さして重要に感じられない。つーか、レシピ代、高いよバカ。

 そうした個々の不満点が気になる程、3では、不満のほとんどが解決されたり、圧倒的なパワーアップを遂げていて、それって素晴らしい事だなと感じる。

 

翻訳に面白みはないが、筋と分岐は面白い物語

 オープンワールドなマップの広さと、自由度の高い進行が可能となっている3に対して、2は、小さな箱庭が連結する、リニア寄りの構造になっている(話の進展によって前の箱庭エリアには戻れなくなる)。

 4つの箱庭エリア、それぞれで5~10程のサイドクエストが発生する。なるほど、3では箱庭1つ1つを、オープンワールドに感じられるほど広くして自由に往復出来るようにし、クエスト量を増量した訳だ。

 翻訳は海外ゲームとしては標準。3と比べると面白みは少ないが、直訳な雰囲気もない。

 3に比べて直線的な構造である為か、その分メインストーリーの分岐はダイナミック。序盤を終了後、ロッシュと行動するか、イオルヴェスと行動するかによって、正反対の陣営について事態が進行する。タクティクスオウガかよ。

 起こる大きな事象はほぼ同じだが、過程は全く違うし、キャラの生死が大きく変動する。それぞれの陣営で何が起こっていたか、結末に向かって事態がどう動いたのか、違う立場で経験出来るのはとても楽しい。

 3を通過後に遊んでいる為、若干説明足らずな2のキャラ紹介でもかなり楽しめる。シレ・タンサーヴィル、サスキア、ステニスなど、グウェントカードでしか見る事のなかったキャラに出会えるのは楽しい。ロッシュはやっぱり鈍臭い(と言うか王国特務隊隊長なのに平凡)し、フィリパは陰謀を張り巡らせる陰険さで、イェネファーは会話と回想シーンにしか登場しないのに王殺しも嫌がる高慢ちきっぷりらしくて笑わせてくれる。ダンディリオンの意外に頑固な一面や、同族といるゾルタンの態度など、よく知ったキャラの別側面が見られるのも良い。フェリシア・コリのような脇役の登場でもいちいち喜べる。そういう部分は、最高としか言いようがない。

 

ゲームとしてはいまいちだが、ウィッチャー世界をより深く楽しむには良かった

 諸々の不満がある為、はっきり言ってゲームとしてはいまいちだった。メインを楽しむ分には良いけれど、サブクエストが面倒でつまらないのが個人的にきつかった。

 一方で、ウィッチャー世界をより深く楽しむという意味では、非常に楽しめた。

 3では半ば消滅しているテメリア王国の動乱、魔術師狩りに繋がる流れ、進軍するニルフガードの巧緻な下準備。何より、紙芝居形式なのが残念ではあるが、ゲラルトさんが失っていた記憶の内容がかなり描写される為、3での会話の色々に納得入く事が出来た。シリとゲラルトがどう関わっていたのか、アヴィラックが何言ってたのか少し解って良かった・・・。

 総合すると、どう考えても3が最高過ぎた事に引っ張られての感想なのだけれど、やって良かったと言う気持ちの方が強い。

 

CDPR、凄すぎる

 先日、新たな修正パッチの発表があり、3のUI関連などで不便に感じた点が修正されると報じられ小躍りしていたが、それだけでなく、フィニッシュムーブの追加など、まだまだ無料アップデートがある様子。

 更に、つい、今しがた更新されたdoope!のニュースによると、CDPRディレクターは、「ウィッチャー3大型DLCは2相当のボリューム」と発言しているらしい。

doope.jp

 2・3をプレイしたおかげで、このニュース内容が静かな迫力を持って感じられる。やばすぎるよCDPR。

 2のイオルヴェス編をクリアして、3を再度プレイしながら、期待を膨らませつつDLCのリリースを待ちたい。

 

 

今日は以上。