ヨコズキゲーム’

ゲームの事しか書いてない らじてんのブログ。

2015年印象に残ったゲーム

  ちょっと2278年だかなんだかのボストンで遊んでたら今年が終わる。俺です。

  年始、フォールアウト4しかしていたくねえ!


 という訳で、今年も、今年に入ってから俺がプレイしたゲームの中で、特に印象深かったものを限界まで絞って選出。1本しか選べなかった去年に反して、今年は4本。匙加減どうなってんだ。


今年はこの4本

 「ウィッチャー3:ワイルドハント

 「The Wonderful 101

 「スプラトゥーン」

    「フォールアウト4」

 

 まずは絶対譲れない「ウィッチャー3」。GOTYでも最多賞で当然という気持ち。

 体験する事自体が楽しいゲームも好き、キャラに感情移入させてくれるゲームも好きだ、ゲームらしい分岐も大好きで、アクション要素も好き。そんな自分は全方位で賞賛するしかなかった。

 あと一歩詰めの甘いUIや、アップデートを経ても完全には解消され切っていないバグなど、欠点もあるが、豊穣で贅沢な体験と、渋さも愛らしさも生生しさも引きずった登場人物達のドラマを眺め、操作する楽しみは、ぶっちぎりで突出していた。

 今年発売のソフトで、これをやらずしてどれやんの?という気持ちでいっぱい。DLCも楽しみ。

 

 2本目はThe Wonderful 101。発売から2年ちょい見送っていたが、空隙にスポッとハマる形でプレイした。

 今年は日本でもAAAな大作ソフトが沢山リリースされたけれど、どうも尻すぼみなゲームが目立った。その為、徹底的な熱量で、次作なんて絶対無理と思わせるアイデア・デザインが詰め込まれた今作は特に輝いて感じられた。熱量が、チュートリアル不足も、ちょっとした粗も全て粉砕。流石プラチナ。


 3本目はやっぱイカ。まぁ、今はもう全くやってないですけど。余りゲームやってないっす、って人を巻き込む力は、ダントツで高かった。今なおアプデが続き、ステージが増えていく恐ろしさ。発売当時の楽しさプライスレスとはいえ、ボリュームが段違い。こないだのクリスマスプレゼントで遊び始めた人は一体どんな体験になったのか気になる。1から記憶消して遊びたい。

   あと、サントラが最高。


   ラスト。まだ遊んでる途中の「フォールアウト4」。しかし、既にめちゃクソ面白くて、ここからメインクエストなど死ぬほど不愉快な話が延々と展開し、最後にバグでPS4が発火爆発して火事になるくらいしないと、外すのは無理。

   3を順当に上積みして、そこにクラフト足しただけなんだけど、余裕で面白い。状況から物語を想像させるオブジェクト配置がうますぎてヘロヘロにされる。

   クラフト関係のチュートリアル不足、仲間含めて無敵キャラが増えて緊張感が減ってたり、拠点ランダムクエで指定されるポイントが不自然に遠すぎたり、拠点メニューの数値がクソいい加減とか、不満もあるけど、ぶっちぎりに面白い。


今年のゲームサントラ

   ついでに最高だったゲームのサントラ。

朧村正 元禄怪奇譚 音楽集

朧村正 元禄怪奇譚 音楽集

特に工藤三吉さん、特に不倶戴天が素晴らしい。

仕事のお供としてかなりお世話になった。ボス曲は全部最高。

あと「スプラチューン」もよかった。


   そんな感じで今年は以上。