読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヨコズキゲーム’

ゲームの事しか書いてない らじてんのブログ。

フォールアウト4日記7

 平日に休みたいんだよね。俺です。

 

2周目

 主人公の参画できる各陣営が敵対する直前のセーブデータを使い、レールロード、BOS、ミニッツメン、それぞれのエンディングを確認。

 最終局面は各陣営ほぼ差はなかったが、そこまでの過程のちょっとした違いを楽しんだ。

 残るエンディングルートも後一つ。という訳で、2周目に突入する事にした(本当はPCを新調してPC版mod入でやりたかったんだけど突発的な出費があったため断念した)。

 

近接主体

 2周目はニンジャ(近接)+ラックプレイに決定。

 初周のライフルメインでは、余り活きたと言い難かったPerk:ニンジャを活かしたかったのと、LUCKの各種スキルに魅力を感じたので。前作ではお世話になった謎のおっさんも呼びたかった。

 一部拠点クラフトが必要なので、CHAは6で。その瞬間だけ資材を運ぼうかな?と想像したら異常に面倒臭かった為もう男らしく振った。会話での選択肢を厳しくして、ルートを減らしたくないし。

 残りはAGIとLUCKに。とにかくブリッツからの連続殴りの中、ラッキーパンチにかけるスタイル。

 

序盤辛みを仲間で解決

 最序盤は相変わらずパイプピストル、10mmに頼ったスタート。

 状況が揃った瞬間、すぐさまブリッツを取得したがこのスキル相当強い。効果範囲に入っていれば近接の命中率95%で確実に殴りに行ける。モーだかローだかの店で買える★付きスワッター入手後は、ブリッツで一気に接敵、APに任せて殴り続けるスタイルで一気に楽になった。

 しかし圧倒的(に思われた)火力に酔いしれたのも一瞬。

 なんせSTRとENDが圧倒的に足りない為、殺し切れないと死ぬ。序盤でまだまだ運がない為、全然殺し切れない。VATSで全弾外すという事はないが、敵の懐に飛び込む為、VATS中でも被弾がすごい。ミサイルを撃ち込まれた日にゃ、瞬間ダルマで転がる。ステルスについても、ライフルなどに頼った距離を保てないので、難易度が高く感じる。

 だからと言って、単に辛いだけでもない。

 射撃による遠距離攻撃が出来ない分、仲間の有用性が増していてこれはこれで楽しい。仲間を使って牽制を行い、敵の位置を炙り出したり、敵を地雷ポイントおびき寄せたり…。その分、仲間はしょっちゅう死にかけるんだけど。不死身って素晴らしいね。

 

 

拠点を捨てよう

 2周目に当たってまず決めたのは拠点運営を捨てる事。

 1周目時点では、今作初の要素という事もあり、結構頑張って拠点運営に励んでいたが、拠点運営を真面目にすればするほど、無限に発生するトラブルが邪魔くさいという思いが膨らんだ。ちょっとはお前らで解決しろよ…。

 という訳で、自分たちでは何もしようとしないボンクラーズを最初からほぼ放置する事にした。経験値稼ぎたい時だけ傭兵のように便利使いする事にする。

 なんとスッキリした事か。基本は無視。ビーコンを立てたとしても後は放置。ベッドの設置もしない。お前らは青空でゴロゴロしていろ。出て行くも死ぬも勝手にしろ。困ったなら自分でバラックを建てなさい。レイダーを見習え。

 全く拠点運営しないのも味気ないので、どうせなら土地と容量に余裕があるところにだけ集中で3か所程のみをきちんとクラフトするつもり。後はもう適当にする。

 

掘る程にサイドクエストが見つかる

 1周目も駆け足でプレイしたつもりはなかったが、行ってないマップポイントや、話しかけていないキャラはまだまだ沢山いて。2周目では、以前立ち寄らなかったところに行く事を意識しているせいか、まだまだ新しいクエストや出来事にぶち当たる。

 1周目、シティーに着くまで見る事なかった人造人間関係のイベントが路上で起こったりするのも楽しい。以前出会った犬おじさんに出会う為、ドッグミートを連れて歩いたり、インスティチュート絡みのイベントで感想を聞きたいので、そこら辺のイベントではニックを連れて行ってみたい気もする。

 シティーにも忘れたまま放置していた要素が結構あった。特に上層部に住む富裕層に絡んだクエストとか。シティー到着直後、市長の演説があったのも気づいてなかった。

 全マップポイント訪問探索を目標としつつ、以前は訪問=即戦闘という流れになってしまった場所や、名前アリのキャラがいるものの、何も起こらなかったような場所まで、何か面白い事はないか探ってみるつもり。

 

 

 

今日は以上。