読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヨコズキゲーム’

ゲームの事しか書いてない らじてんのブログ。

2016年印象に残ったゲーム

おすすめゲーム

 「サガ・スカーレットグレイス」がドツボで沼。俺です。

 

 内容的にはバトルとイベント数以外は極限まで削ぎ落されたRPGで、バトルごとにいちいちローディングが入って結構重たいんだが…。

 そのメインであるバトルが素晴らしく良い。編成・戦闘で取り得る選択肢が、どれもこれもかつてないほど輝いており、手札をやりくりする楽しさがどんどん移り変わって飽きない。素材稼ぎを効率よくするために戦術を最適化するのすら面白い。この手のルール遊び、かつ、積み上げていくゲームで、ここまで面白がってるの、メタルマックス4以来じゃないかな。

 ロードについては、早い方が圧倒的に正義なので、更なるブラッシュアップを期待したいが、それ以外については文句なし。街やダンジョンがないのはどうなのかな?と思っていたが、バトルが面白いので潔さが清々しい。

 個々のシステム自体が特別目新しくはないが、圧倒的な職人芸を、大胆な匙加減で詰め込んだプレイ感覚は新鮮に感じる。イベントもいちいち簡素な分、膨大かつ手探り感が強くて、狂気の勢いにグッとくる。

 

 

今年も絞ってみた

 さて、ぼんやりしてると2016年が終わってしまいそうなので。

 今年も、今年に俺がプレイしたゲームの中で、特に印象深かったものを3本に絞ってみた。3という数には特に意味ないんだけど、今年は大豊作。キリがないので3本。

 

2016年印象に残ったゲーム

 UNDERTALE

 「ファイナルファンタジー15

 「ペルソナ5

 

 他にもアンチャーテッド」「ライフイズストレンジ」「雷子」「ダークソウル3」「トリコ」「INSIDE」「龍が如く6」「ダラバー」「Factorio」など、遊んだゲームは大体めちゃくちゃ面白くて印象深かったし、現在プレイ中の「サガ・スカーレットグレイス」だって放り込みたくなるが、なんとか絞っていくと上記の3本。しかし、RPGばっかりだな…。

 

 「UNDERTALE」は印象深さでは断トツ。クラシックなRPGのスタイルと弾幕シューティングの掛け合わせに、異常な量のアイデアを多数盛り込んでいた。サントラは今年一番聴いた。

 

 ファイナルファンタジー15オープンワールド的な遊びと一本道の強みを活かしたドラマ(しかもメインシステムをフックに使ってる)がすごく刺さったんだが、それを支えたのが何よりAIという点で、印象深い。生きた環境らしい作り込みは弱いんだが、AIの挙動や会話が常にそれを支えていて、他オープンワールドで味わえなかった感動があったし、それがドラマをしっかり盛り上げていた。ここまでシステムとドラマが手を取り合っていると感じたFFは初めてだった。アップデートで完成度が上がったのち、あらためてプレイするのが楽しみ。このノウハウを生かしてくれるであろう次回作以降も楽しみにさせてくれた。

 

 「ペルソナ5」はシリーズをストレートに洗練した到達点として。システム的な目新しさはないが、今を躊躇なく取り込んだテーマや味付け、素晴らしいUIデザインと、シリーズを総括し絶妙なバランスで特盛りにした内容は、個人的に「コマンド式RPGの極点」という印象を受けた。ペルソナチームは新スタジオで新たなゲームに着手したようだが、それにも納得の出来。

 

しかしよく国産ゲームを遊んだ年だった

 去年なんかは海外ゲームメインだったんだけど、今年は、特に後半、ほっとんど国産ゲームばっかりしてた。意欲的で面白いものが多くて、国産ゲームだって全然やれまっせ!!という勢いが嬉しい。

 リリースラッシュは3月くらいまで続く。来年もまた度肝を抜かれるようなゲームに出会いたい。

 

 とりあえず目先の年越しは「サガスカ」の合間に「Owlboy」ちょいっとやりたいな。

 

 

 

今日は以上。