読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヨコズキゲーム’

ゲームの事しか書いてない らじてんのブログ。

採掘海溝に自由に入りてえ。「Owlboy」良い

GRAVITY DAZE プレイ 攻略 インディー アクション 海外

 2回連続普通の日記。俺です。

 今日も「グラビティデイズ2」のプレイについて。

 あと「Owlboy」についてもちょっと。

 

採掘海溝でボリボリ楽しい

 ついにメンテが終了して通常運行になった様子。がんばったSIE。

 アプデしてからゲームを起動するとオンライン関係の通知がどっちゃり。採掘でデルヴール潜れるよ!!という通知が3通も来てた。やっぱりオンラインでガイドしていく設計だったか。

 というわけで、早速潜ってみた。

 

 重力嵐の警報みたいなもんが出てる採掘場を選んで、通常通り入ると、すぐ近くにデルヴールの入口がある。以前に入った時とは入口になった採掘場が違うので、一瞬迷ったものの、マップを見れば一目瞭然で助かる。

 デルヴール内は固定マップ。クリア済みだった2階層目までサクサクと通過。基本は、空にある重力嵐?(ピンクのもや)を目印に直下にある石碑を探し、石碑の出すミッションをクリアしていく。

 深度4、「敵を同時に倒せ」の意味がいまいち掴めず、早速詰まりそうになったが、適当にルーナで敵をしばいてSPを溜め、再チャレンジしてブラックホールをぶちかましたらあっさりクリアした。

 その後は、基本的にはサクサクと攻略。ただ、回復が自由にできないので辛い。なるべく空中の敵をルーナのワームホールキックで倒してSPを稼ぎ、フェリン変化が発動する確率を上げるか、大き目の敵を倒した時などに回復アイテムをポロリしてくれるのを祈るしかない。

 デルヴールでは、本編よりもガシガシした戦闘を堪能できる。空中の敵をルーナで素早く片づけ、アンチューンかユピテルで地上の大型を仕留めていくわけだが、モードチェンジを素早く行いつつ、縦横無尽に飛び回って戦うのは非常に楽しい。なんなら本編より楽しい。ただ、回復できないし、倒したところでジェムをもらえるわけではないので、石碑の試練でもなければあまり頑張る必要はないが。

 採掘自体については、正直面白くない。もっと密集してくれていいのに。基本はアクセサリ用の原石堀りと割り切ってルーナでガンガン蹴りまわる。

 体力がやばくなると一旦外に出たが、一度出ると同じ採掘場からは一旦侵入できなくなる様子。どの程度の時間経過で再度侵入可能になるのかは不明。とりあえず3回入りなおして深度10まで到達したとこで、侵入可能分が終了した。

 

入りたいのに入れない

 一番辛いのは、このデルヴール採掘海溝、やりこみコンテンツっぽいし楽しいというのに、自由に出入りする方法が不明な点。

 メンテ後に開放されていた3か所分を入り終わってしまうと、チャレンジしたくても方法がわからない。わからないので、とりあえずチャレンジミッションの記録を更新したり、町中のジェムを収集して時間を潰したが、全然採掘場の状況は余り更新されなかった。一体、何時間ごとの更新なんだろ…。

 本編プレイの合間、一日に数回ちょこちょこと入ってもらう予定だったのだとしたら、自分のプレイスタイルとは食い合わせが悪い。明日から俺は採掘海溝じゃなくてバルブの塔に籠る予定なんだよ…。

 せっかくのコンテンツなのだから、オンラインによる状況変化で入れるようになるだけじゃない何らかの方法を用意するか…用意してるならアドバイス欲しかったぞ。

 

ジェム集め

 なお、ジェム集めも色々やってみたが、自分の場合、町中をフラフラ収集するのが一番精神衛生が良いという結論に至った。ミッションリプレイ(19とか)でも稼げるがスキップするのが面倒くさい。町中にあるジェムの復活条件が不明だが、たまに「アレ?ここ取らなかったっけ?」って状況が発生しているので、一度取得したら枯渇するわけではないような気がする(単なる気のせいという可能性も十分にある)。

 全能力解放は無理っぽいが、60000ジェムまではあと3000くらいなので、トロフィーくらいは取っておこうかなと思う。

 

「Owlboy」良い

 話は変わって。

 今日の深夜には「LET IT DIE」がプレイ出来るようになるため、日本語化パッチの調子を見るだけのつもりだったが「Owlboy」をついに起動した(この時期PCのある位置がめちゃくそ寒くて使うのが億劫になる。夏も辛いので抜本的な見直ししないとPCゲームが捗らない)。

 で、ちょっと序盤を触ったんだけど、なんだこれ。

 良さしかないんですけど。

 細かい感想はまたクリアしてから書くけど、グラフィックは勿論のこと、アニメション、雰囲気、遊ばせ方、レスポンス、何もかもが高レベル。スタート直後こそ、独特な操作方法に面食らったが、慣れてしまえば納得度が高いし、仲間を掴むことでアクションが変化する要素も、序盤にテレポートで掴めるようになるアイテムを入手した後は快適で楽しい。

 これはいいものですね。この感触の良さは、PC前の寒さを乗り越えさせてくれそうだ。

 

 

 

今日は以上。