ヨコズキゲーム’

ゲームの事しか書いてない らじてんのブログ。

昨日のゼルダプレイ

 なんとなくゼルダのプレイ記録。

 

 

4/2:ゾーラの里をなんとなく目指す

 カカリコ村でラストまでの大枠の流れが提示された後、とりあえずハテノ村を目指せば良さそうと言うことで出発。

 双子山前の馬宿で馬を捕獲に挑む。すでに馬は一頭確保済みだったが、馬にもスペック差があるとわかったので早速黒王号っぽい馬を選んでなつかせることにする。振り落とされること4~5回でようやく一応は乗せてくれるように。

 新しい馬とより親睦を深めるため、なんとなく道なりに走り、途中でゴブリンキャンプを破壊したり祠や塔を訪れるなど、場当たりに行動するうち、いつの間にかゾーラ族の領域に入ったらしい。ゾーラ族に案内され、目的地をゾーラの里に変更。なお、この時点で当初の目的=馬との親睦はすっかり忘れ去られ馬はどっかに置いてきた。

 道中の敵を倒しながら進む。別にリニアな進行ではないが、地形がうまく誘導してくれるので、面クリア型アクションのようなプレイ感。これはこれで楽しいじゃないか。シド王子がちょいちょい応援してくれる。誤解からハイリア人に変態扱いされてたし、大声をかけてくれるだけだが、いい半魚人だな。

 途中、電撃弓持ちのリザルフォスが登場するゾーンで初めてまともにステルスらしいステルスが要求される。スルーも出来るが…いや、全て倒すぞ(謎の闘争心)。

 今作のステルスは結構ハード目の設定。敵の視認距離が広めで不用意な移動で見つかった際も、咄嗟の誤魔化しが余り効かない。浸かっている水溜りに弓を撃ち込まれて即死するなど、何回か死につつなんとか突破してゾーラの里に到着した。

 

 

4/3:ライネル強いな?

 ゾーラの里ではリンクの過去に関連する話が出て非常に楽しい。長寿の種族ならではの会話なんかを通して、世界の広さが感じられる。

 ダイアローグは今作もやっぱりめちゃくちゃ良い。あ、そのタイミングでリンクだと気づくんだ、など、いちいちニヤける。どんどんこのゲームが好きになるな。

 ゾーラ王と謁見。ジャブジャブ様を彷彿とさせる笑い方な事が気になる。本作の大きな試練である神獣で挑む展開が早速始まるが、その前に電気の矢を集めに行くことに。ここまでの道中で入手した電気弓、全部使ってしまってたけど、多分別の場所で数を揃えてたらスキップ出来るんだろなこのチャレンジ。

 まぁ、ないもんはないし、せっかくなので雷獣山へ挑んでみた。王からもらったゾーラの服を使い早速滝登りを決行。滝登り、がんばりゲージが全然減らないんだけどちょっとこれはすごいのでは。てことは、滝の設置もかなり入念に設計されてるんだろうな…すごいなー、やばいなー。

 あっという間に山の頂上へ。ケンタウロスなボス、ライネルとご対面。よし!いっちょやってみ…はい、即死。

 ん?

 もう一度。はい、即死。

 んん?いきなりめちゃくちゃ強いなこいつ。

 里までの道中で登場した雑魚リザルフォスもまぁまぁ強かったが、不意を付きやすかったり、盾で防御すれば即死ってことはなかった。しかしライネルの場合、防御しても即死(電撃の爆風で死んでるのか?)。かなり素早く、こちらの様子を伺う事もなくガンガン攻撃を仕掛けて来るので、後手に回って捻り潰される。突然段違いやなお前。ハート4つの身に余る。

 真っ向勝負は無理そうなので、ステルスで電気矢を集めることにしたものの、ライネルの視界も鋭敏っぽい(単に地形が平坦というのもあるか)。巨体のせいで聴覚範囲も広く感じられる。予算が足らず、カカリコ村でシノビ服を買い損ねたのが悔やまれる。よしここでダッシュ!で、見つかって即死。ジリジリ歩いててもちょっと早めに歩くと反応される。とにかく見つかると死亡確定やないか。

 手前の試練でこんなに強いとなると、ここで踏ん張っても神獣戦を突破できない可能性がある。無限に暇があるなら頑張りたいが、時間に焦るプレイなんてしたくないので、一旦諦めることにする。もうちょっと準備してからにしよ。

 

 

4/3:ゴロン族の領域へ

 ゾーラの里まで戻った後、道中で見かけた祠に行って置くため崖からパラセーリング。祠を攻略。

 そのまま流れるように塔を目指したりしてたら今度はゴロンの領域に入ったらしい。

 険しい山が連なり、敵も俄然強い。ただのゴブリンレベルでも結構堅いぞ。

 武器装備の損耗が激しくなりそう。祠を2つクリアし、塔も解放したので、いつでも来れる訳だし、いつかの再訪を誓いここは安全地帯に戻ることにする。耐熱用の薬も確保しないと長時間の行動は厳しいし。うまい事ハードル設けやがるな…。

 

 

4/4:双子山から再出発しハテノ村へ

 双子山の馬宿までワープし、あらためてハテノ村を目指す。ゾーラの谷に置いて来た馬を回収。全然懐ききってないうちから放置しちゃってごめんな!久しぶり!!

 馬をなだめながら道なりにハテノ村へ。途中でハテノ砦などをザッと眺めたりしながらとりあえず近場の塔に向かう。道中ではゴブリンやモリブリンがいたが、馬のダッシュで華麗にスルー。経験値のないゲームはこれが出来ていい。

 塔を解放し周囲を見ると、如何にもハテノ村っぽい集落を発見したのでパラセーリングで一気に到達。絶対そうさせるつもりだったろ、ってほどにきっちり村の入口に辿り着いた。最高に気持ち良いな。

 ハテノ村到着時は夜だったので、とりあえず服屋で騎士の鎧フルセットを購入し(必要じゃないけどなんとなく欲しかった)、焚き火で朝を待つ。ゾーラの里は神獣のせいで始終雨が鬱陶しく、散策する気になれなかったが、ハテノ村では住民が生活している様子を堪能することにした。村の人達がタイムスケジュールに沿って活動しつつ、天候によって行動を変えるという細かさに感動する。状況に合わせたセリフなどがいちいち設定されていて、フラフラ意味なく彷徨ったりしていないため、多分AIによる制御ではない。すごいなー、やばいなー(こればっか)と感心しまくりながらウロウロしていたらあっという間にゲーム内で2日くらい過ぎていた。とても良い。

 メインチャレンジの研究所に行く途中、牧場でシカ狩りを体験。しかし、3匹しか獲れない。俺、ダメ過ぎだろう。もう一回!もう一回!と10回ほどチャレンジしたが3匹以上が獲れない…。アレだ、きっとこの先、狩りが有利になる武器とか防具があるに違いない!!という希望を夢見てそっと牧場を後にする。

 

 

4/4:ハテノ研究所でロリババアと対面

 ハテノ研究所に到着。

 研究所にはロリババアが。所謂ロリババアという識別は、見た目幼女なのに喋りがババアというイメージなので、ちょっと違う気もするが。

 ちょいちょい鬱陶しいところがかわいい。やたらとババアバレの願望を滲ませて来るので、日記を読みに行ったらバレて咎められた。罠かよ。罰としてシーカーアイテム全部消したから!と言われ普通に瞳孔開かせられる。嘘で本当に良かった。

 とにかく、最後のシーカーストーンアイテムをくれるらしいので、俄然張り切って村中に火を、もとい、村中の灯籠に火を付けて回ることに。途中経路の灯籠に火をつける意味はあんまりなかったかも知れないが、せっかく村内をうろつきまくって構造を把握したので全部につけまくる。

 こうして、ようやく最後のアイテム、カメラをゲット。ふーんカメラね…味のある顔のモブ(その後早速村でいい顔のあいつの写真を撮った)とか風景を撮影するのにはいいかもな…と思ってたら、これで撮影した被写体をアルバムに登録したり、シーカーセンサーに設定したり出来るらしい。てことは、ついさっきチャレンジで要求されたガンバリバッタもこれで探しやすいんじゃないか。バッタの場合、まず撮影が難しそうだけども!

 単なるおまけ的要素にも終わる事が多い「撮影」をちゃんとゲーム内でのメリットに転化して遊びに組み込んで来るとは…。FF15より更に遊びに接近したやり口に舌を巻く。

 ついでに、これまで使い道が分からなかった古代パーツで各種シーカーアイテムをパワーアップ出来るようになったため、ロリババアにパワーアップしてもらう。これまた普通に嬉しいな。

 流石メインチャレンジ。進めた甲斐のあるリターン盛り沢山の内容で、やれることやりたい事がまた大幅に増えた感じ。アルバムガチャ(?)みたいなものは、撮影での登録が面倒になったら使ってみることにしよう。

 

 

4/4:コログの人どこ行ったんだ

 ここまでのプレイで、気づくとチャレンジが結構溜まっている状態に。

 任天堂は時限式のチャレンジなど採用しないと勝手に信用することにしたし、大抵はなりゆきでプレイしてればいつの間にかクリアしてそうだが。

 まぁ、若干は意識しておこう。しかし、チャレンジ内容自体は「ほほう…」と興味を持たされるのに、切迫感のあるキャラがほとんどいないので、早く攻略しなければという気にならないのがすごいな。

 

 そういえば。そろそろ各種ポーチを増やしたくなったが、ポーチ拡張をしてくれるデカコログの人(?)、あの人どこに行くって言ってただろうか。ヒントセリフのスクリーンショットを撮り忘れたせいで、あいつの行き先が全くわからない。ポーチの拡張は結構重要な育成要素だし、それがあの場面での行き先ヒントを見逃しただけで一気に遭遇しづらくなる、というのは考えづらい(だって任天堂のゲームだぞ、そのはずなんだ…そのはず)。つまり、メインチャレンジの過程でまた情報が出るなりして、自然に誘導されると踏んでいるんだが、果たして。

 

 最後はカカリコ村に帰還し、ニワトリおじさんのニワトリを集めた。

 早速シーカーセンサーをコッコにして探索したが、コッコの集めの場合、集め終わったコッコにセンサーが反応しすぎて逆に近場に取り零したコッコが全然見つからなかったという。まぁ、集められてよかったわ。奥さんもコッコくらい大事にすれば離縁されなかったかもな…。

 

 というのが昨日までのプレイ。

 今日はもう少しメインチャレンジを進めてみようと思う。デカコログの人(?)にまた出会えると信じて…。

 

 

 

今日は以上。