ヨコズキゲーム’

ゲームの事しか書いてない らじてんのブログ。

昨日のゼルダプレイ:その10

 人生いどいど。俺です。

 

 今日もゼルダのプレイ記録。

 いよいよ最後の神獣に挑む。

 

 

リト族の村でスカウト

 リト族の村から再開。イチカラ村へスカウトする為に来たのだが、ついででなんとなくモモちゃんに祠の報告をしてみる。一瞬、子供の夢を壊すかと思ったが…モモちゃんかわいい。

 村の入口近くで油を売っていたリト族の青年をスカウト。ちゃんと働くのかな…あいつ。

 

 

謎の遺跡へ向かう

 先日失敗した雪玉転がしのチャレンジを成功させ、次はこれまで近寄ることすらなかった北部の遺跡へ向かう。途中、めちゃめちゃに寄り道。リト村周辺って結構行ってないところ多いなー。

 遺跡に到着。パッと見て外観がやばい。なにこの黒い…結界?

 遺跡内部では闇に包まれるのだが、昼なお暗いを通り越して闇。燭台に火をつけながら進む。下手にうろつき回ると前後不覚に陥りそうなため、大人しく、なるべく順路を行く。

 最後は、ヒノックスから球を奪う。またサイハテ島のことが頭を掠める。ヒノックスはこういう鍵を持たせるのに非常に便利な敵だな…。漆黒の闇の中、一つ目がランランと光るのにも感心する。

 球を使って祠が出現。祠をクリアしたら黒い結界も解ける!と思ったら全然解けない!古代人責任取ってくれ!呪われた不毛の土地として残り続けるのかな、ここ。しかも、燭台の火が消えてしまっている事に気づかず走り出し、思いっきり道に迷う。行きで慎重に進んだ意味が全くない。

 そこそこ苦労して脱出に成功。恐ろしい場所だった。

 

 

馬がやばい

 遺跡からそのままデスマウンテン方向に行ってみようと移動。この道中は馬だったのだが、デスマウンテンに接近した時に悲劇が。

 灼熱の威力に馬が。暴れてリンクを振り落とし、口笛にも反応しない。しかし、ずっと灼熱の圏内にいるせいでダメージを受け続けている。一瞬、死んだ馬を蘇らせるという馬神湖のことを思い出す。いやいやいや、馬ー!死ぬなー!!とりあえず、そうワープ、ワープしよう。

 ワープして、馬宿に駆け込み、馬を預けてみる。なんとか無事だったらしい。あっぶねえ。

 余計なことをしてないで、とっととゴロンシティへ行こう…そうしよう…。

 

 

久しぶりのゴロンシティ

 神獣を放置しているのでなんとなく立ち寄らず、かなり久しぶりのゴロンシティ。

 ゴロンは全体的にマヌケな雰囲気があるが、容赦ない商売をしてるやつも多くて、朴訥の恐ろしさを通底音として響かせる(かどうか知らんが)開発スタッフの恐ろしさを感じる。

 ユン坊の件を組長に確認。どうやら先にデスマウンテンへ向かったらしいので、ギックリ腰を発動した組長の代わりにユン坊の元へ向かう。

 

 

気合の入った食レポ

 ユン坊の元へ向かったが、途中で温泉という魅力的なワードに引っかかって傷を癒やし、そのまま横道に逸れる。

 坑道から帰らない弟ゴロンを発見。腹ペコで倒れたらしい。兄の頼みでロース岩を取りに行くことになる。道中の倒したモリブリンが、ロース岩を持って振り返ると復活していることに驚愕しつつ、ロース岩を届けると…調理?が始まった。まぁ、鍋にぶっこんでるだけですが、リンクも似たようなものなので何も言えない。ロース岩を食べた弟の食レポが、グルメ漫画の如き、めちゃめちゃ気合の入ったもので笑う。ジャリジャリののど越しかぁ。

 復活した弟が、無敵になったレッキングクルーマリオのようにピッケルを振るって祠出現。坂を登るだけの簡単な祠だったけどルピーをかなり取り逃して悔しい。金欠だから余計に悔しい…。

 

 

いよいよデスマウンテン後半を攻略

 本道に戻って、ようやくユン坊と合流。

 唆し半分でユン坊を同行させて、神獣を目指す。ダルケルから受け継いだ技で守られたユン坊を砲弾のように撃ち込みながら進むんだが、痛くないらしいがフラッフラ。ダメージから身を守っても重力から三半規管は守ってもらえないらしい。

 神獣の放った偵察機を避けながら神獣にダメージを与えていく。ここでは簡易なパズル要素を含むステルスが要求されるが、他の神獣と毛色が違っていてこれも楽しい。

 ユン坊を撃ち込みながら徐々に山頂に向かって神獣を追い込んでいく。

 

 

神獣内部

 山頂付近に到着し、火口に逃げ込んだ神獣を追って、単身乗り込んでいく。

 神獣内部は真っ暗で意表を突かれる。さっき攻略した遺跡と同様にめちゃめちゃ暗い。ダルケルの旦那、ついさっきのカットシーンとえらく違いますぜ!!随所に光る瘴気の本体(目玉)を弓で倒しながら、燭台に炎を灯し、マップを取得。

 この神獣のギミックはかなりシンプル。神獣は手足の大きい構造なので、胴体サイズは少し小さめなのか、狭い範囲でテンポよく制御盤を解放していく。球を使ったギミックに関するパーツの扱いで変に引っかかったくらい。

 

 ボス戦。

 氷の弓で目を射抜くとスタンさせられるのはありがたいが、槍や大剣でないと思うようにダメージが与えられず、咄嗟に盾を構え損ねたり案外に苦戦。

 ボス体力を半分削ったところで、敵の放った大火球、最初カウンターするのかと思い、盾でカウンターを狙ったら…王家の盾が一撃が砕け散った。おっかねえ。バクダンを吸わせる事にすぐ気づき、氷雪の剣を叩き込みまくり。最後は敵の放った炎で空中に舞い上がり、落下攻撃でフィニッシュ。気持ちいい。

 

 

四神獣解放

 ダルケルとの再会。リンクを相棒と呼ぶ熱いキャラだが、リンクとの関係性より、神獣起動後、ユン坊と邂逅するシーンにグッと来る。みんな元気どころかすげえのん気でまるで平和そのものだぞ!

 これで四神獣を解放。残すは本丸、ハイラル城とガノンのみ。

 

 この後、色々と細かいチャレンジ(ヤンマを渡しに行ったり)を解決したところで終了。

 今日はハイラル城に攻め込みたいが…色々予定がアレなのでどうなることやら。

 

 

 

今日は以上