ヨコズキゲーム’

ゲームの事しか書いてない らじてんのブログ。

「シルバー事件HDリマスター ヤミ ホワイトアウト」ネタバレ感想

 ログインボーナス、もらってますか?俺です。俺はもらってます。

 

 先日、追加シナリオが無料アップデートされた「シルバー事件HDリマスター」のアップデート部分をプレイしたので、その感想を。

 シルバー事件からは17年~18年ぶり、25区からでも12年ぶりなのに、変わらないテンション。短いながら往年の風を感じられ、とてもよかった…。

 ネタバレなしだとほぼ何も書けないのでネタバレで書きます。

 まぁ、こんなの読む人はプレイ済みでしょ。

 

プレイ状況

 追加シナリオ2本をクリア。

 トランスミッター「カムイドローム」を再プレイ。

www.youtube.com

 

ヤミ

 リメイクが決定したシルバー事件25区」に対応する形でアップデートが発表されたので、25区へのブリッジが提示される追加シナリオなのかな?と期待してプレイした。と言って、正直、25区の内容はほっとんど覚えていない。とにかく初っ端から死にまくってたとか、郵政省が調整(処刑)しまくってた気がするとかそのくらいで。

 まぁ、模糊とした脳もプレイして刺激されればシャッキリポンとして25区の記憶も蘇るかしらという感じでプレイし始めたんだけど。

 

 まずはプラシーボ編「ヤミ」から。「ヒカリ」から「ヤミ」…。

 国外へ逃亡してるのかなんなのか。飛行機内にいるモリシマトキオの見る幻覚。銀の目を父親から受け継いだ・奪ったトキオの白昼夢という趣だが、キャサリン・ロスパス島とテキストが表示されて感覚がグラリとした。25区の事ばかり頭にあったが「花と太陽と雨」へブリッジするとは。いやまぁ、時系列順では、確かに25区の前に花と太陽と雨だけども。25区のことしか頭になかったので別方向からの攻撃が高威力で刺さった。

 ここでキャサリンが幻覚として現れる意味ってなんなんだろ。とか考えてもしょうがないんだろうなー。父殺しの代償として謎の暗号解読装置の擬人化に粘着される貧乏ライター。

 花と太陽と雨もリマスターされないかなぁ。もういっそですよいっそ。

 ラストカット、空に遠ざかっていく飛行機を見ているといつ爆発するかヒヤヒヤさせられた。暗転しても爆発音がしないかドキドキした。単に飛行機が遠ざかっていくだけでこんなに緊張することないぞ。

 

 

ホワイトアウト

 こちらは真っ向、25区へブリッジする新シナリオ。

 同じくボリュームはないが、その中でもほんの少しちょっとだけわずか一瞬、移動パートが存在してシルバー事件らしさを感じる。

 ホワイトアウト=シロヤブ=最後のカットか。

 しかし…シロヤブってこんな人でしたっけ?!25区の発表当初、やたらかっこいいビジュアルで、こいつが主人公だな!と思ったら、イマイチ活躍しきれない印象だったシロヤブモクタロウのサイコポリス時代。SPECの瀬文っぽい。なのがどうなったらこのサイコポリスがあの25区のシロヤブになるんだ。

 宮本崇氏の新規イラストにニヤニヤする。やっぱこの人のイラストはかっこいい…。冷たいのに質量と温度を感じる独特の魅力。2006~8年頃の自分に「2017年になったら新規イラスト見れるから信じて待て」って教えてあげたい。

 デカチンここで撃たれたのか。テツさん、謎のコダイだかモンドだかどっちかわからない謎のスミオ助けにいってる場合じゃないっすよ。

 ここから25区に繋がる…のか??ほんとに???

 この一件の後、シロヤブがムナカタに拾われる流れなのかな…ダメだ思い出せない…先が気になる…。特に先とか詳細なんてありませんでしたー!って言われてもおかしくないのに……やっぱり罠にハマってしまう…。

 

 

過去を殺せ:バイアンサヤカ

 まぁ、別に抹消された訳ではないんだけれど。オプションから旧バイアンサヤカをいつでも蘇らせることが出来るし。

 トランスミッター編「カムイドローム」におけるバイアンサヤカパートの映像が新規収録。旧バイアンサヤカは新バイアンサヤカに上書きされたのだが、ニュースキャスターやテロップなどはそのままなため、若干チグハグであり、それごとリニューアルしてくれても良かったのになという気もした。1999年代の香りを残しておきたかったのかな。

 この新規収録によって一気にリアリティーが上がったとかそういう事はなかったが、なかなか楽しかった。

 

 

変わらない新鮮な空気

 この追加シナリオ、何がいいって、いずれのシナリオも、本編と同じ空気を共有しているってところ。間に17年が挟まってるとは思えない。長年聴き親しんだアルバムを再生し終わったら、それまでずっと気づいてなかったボーナストラックが始まった、みたいな気分になった。おそらく相当な改修が想像される「25区」だが、あの頃のグラスホッパーと同じ、夜明け直前みたいな新鮮な空気を吸わせてくれそうだなと。

 では「25区」のリリース、期待して待たせて頂きます。

 

 

 

今日は以上。