ヨコズキゲーム’

ゲームの事しか書いてない らじてんのブログ。

よく考えたらこのゲームの移動中、マップしか見てない

 今日も南極で悪魔合体

 オリジナル版ではメチャクチャに苦労したウロボロスを難なく撃破。有無を言わさないアギダイン→COOP連発であっという間に沈めて思わずニッコリ。

 

 

ほぼ下画面しか見てない

 DSJを遊んでると、移動中はほぼ下画面のマップを見ている。

 ダンジョンを探索するゲームなのだから、そりゃ見るんだけど、戦闘と合体・編成をしてる時以外は、ずっとマップを見ているぐらい下画面しか見ていない。もっと言えば、上画面を見てダンジョンを歩いた記憶がほとんどない。世界樹ですら移動する時は上画面を見ながら探索していたのに。

 メガテンSJではそんな事なかったはずだ。曖昧な記憶だが、手繰ってもそんな感触はちっとも思い出せない。じゃあなんでDSJではこんなに下画面しか見てないのだろう。

 答えは簡単で、上画面で確認しないと困る要素がないからだと思う。DSJは上画面のマップで確認出来る要素はほぼ全て下画面のマップに表示されてしまう。マップで確認出来ないことは、先の見通しくらいだが、通路の先からトラップ矢が飛来するなどの罠はないので、見通す必要がほぼない。上画面見なくて困るどころか、むしろ、ダメージ床やワープの場所など、全てマップに記載されていくので、マップの方が上画面より圧倒的に情報量が多い。アレックス(ワープガール)とかマップ見てないと絶対ぶつかっちゃう。どちらかと言うと、マップ見ないと危ない場面の方が多い。

 メガテンSJで下画面ばかり見ていた記憶がないのは、マップの情報量がそこまで多くなかったとか、DSJに比べると移動が遅いので上画面を見ていた方が目の「間」が持つとかそういう理由だったのかな…。

 どのゲームでも、マップよりメイン画面を見て移動するので、移動中ここまでマップしか見てない自分に気づいてビックリした。

 結果、たしかに、過去作などと比較すると、自分の足で歩いて回っている、という臨場感が少し足りない。1人称視点3D風(これ一言で言い表す言葉)を採用している意味も薄くなっているのは少し寂しいところ。まぁ、他の部分が面白いから全然大した不満ではないのだけれど。

 

 とりあえず、せっかくダンジョングラフィックもブラッシュアップされてるんだし、もうちょい上画面見ながら遊ぼうと思った次第。

 

 

 

今日は以上。