ヨコズキゲーム’

ゲームの事しか書いてない らじてんのブログ。

「ゼノブレイド2」8話までの感想

 各社から無限に来年のカレンダーが届いてくるので、どんどん卓上カレンダーを組み立てカレンダーの森を作ったあと全部捨てた。

 

 年末の可処分時間90%を注いでプレイしている「ゼノブレイド2」だが、ボリュームがとんでもなくて終わる気配がない。

 

 

 どんどん要素が増える

 物語の雰囲気から察するに、メインストーリーだけならクリアが近そうな気配はある。

 ただ、この中盤以降に見えてくる枝葉のボリュームがえげつないこと。ここまではただ戦うだけでなんとなく育成の進んでいたキズナがどんどん詰まっていく。放置してきたサブクエストも山盛りになってくる。発展度を上げねばクエストクリアに必要なアイテムの用立ても出来ず、傭兵団を派遣出来るミッションも増えない。サルベージをしないと有用なアシストコアも使えない。小規模な愚連隊が、少しずつ手を結び、いつの間にかとんでもない大軍勢になっていたのを見る思いだ。

 

 

遠大なキズナ上げ

 複数の積み上げ要素、全てを結びつけているブレイドキズナ上げだ。

 ほとんどのキズナは傭兵団活用でそのうち開放されるが、レアブレイドは一部専用のサブクエストをクリアする必要があるし、何より、自力でキズナを開放したブレイドは自然と愛着がわく。

 レアブレイドエストはハードなものが多い。ハードルの高いスキルが求められたり、いくつものマップに跨って特定順序でクリアしないと進められないもののオンパレード(メノウやライコのクエストとか)。マジで設定した人、鬼だなこれ。

 キズナ開放自体を開放する、信頼度の蓄積も結構ハード。信頼度は色んな方法で上がるが、基本はサブクエクリアを通して上げるのが一番。面倒なお使いばかりで「まだ取得してないレアブレいるしな~」と、サブクエを放置していたら、中盤以降、上がらないのなんの。

 キズナを上げるため、メインストーリーでは、ただ通り過ぎただけのマップを右往左往し、行く必要もなかった場所を訪れるためのルートを探索し、目的の敵や物を探すことになると、マップの恐ろしい構造が牙を剥く。滅法広く、しかも、ややこしい構造は逆に感心するレベル。忘却の封地とか導線がないに等しく、入り口を見つけた時笑ってしまったわ。

 全て上げきる前にしんどくなるのでは?という予感もあるが、現状、この過程は非常にゲームしている!という歯応えがあって楽しい。UIの不足、マップの導線不足、ブレイドエスト以外のつまらなさにはストレスを感じるが、攻略の楽しさが上回っている状態だ。

 

 

規模に負けない膨大なセリフパターン

 こうして横道に逸れまくりながら、色んなブレイドを付け替えていると徐々に戦慄するのが「豊富」なんて言葉で片付けられない膨大なセリフのパターン。

 味方だけで6キャラが戦闘に参加するこのゲームは、戦闘中うるさいくらいにキャラがしゃべりまくる。敵幹部との戦闘になると、3キャラぐらいしゃべるキャラが増えるのでBGMや効果音が途絶えるレベルでしゃべるぐらいだ。無茶すんな、ファミコンかよ。

 戦闘は繰り返される要素であり、長くプレイしていると流石に繰り返しが多くなるのでパターン不足と感じる部分もあるが…それは使用ブレイドを固定している場合の話。戦闘に参加するドライバーとブレイドの組み合わせによって、色んなセリフが発生するので、実はとんでもない量が用意されている。ボイス付きで無茶しよるなオイ。

 また、モブキャラとの会話時、このゲームではキャラが合いの手を入れるのだが、そこも同様で、やっぱりすごい量の合いの手がある。どこに力いれてるんだよ。俺はそういうの大好きだぞ。

 

 

メインストーリーについてはほぼ印象が変わらず

 4話までの感想で「乗り切れないツッコミどころが気になるが、山場の展開は曲も相まって熱い」と書いたが、8話までプレイしてもおおよその感想は変わっていない。

 8話までで、4話時点まで伏せられていた情報のほとんどが表沙汰になったが、裏返ったカードに対してリアクションするのはあくまでプレイヤー側であり、キャラのリアクションがあんまりない。絶妙にフォローが足りず、かと言って、乗り切れずに冷めてしまうほどでもないので、引っかかる自分と、テンション上がる自分で人格が分裂しそうになる。正直、BGMに相当救われていると思う。曲がかかるだけで「よっしゃ!」となったイベントは非常に多い。シンプルにかっこいい曲が多すぎてサントラは買わずにいられない。

 

 

歪な味わい

 プレイすればするほど、プラスとマイナスのぶつかり合いがすごいゲームだなと感じる。

 戦闘はシステムがコテコテと上乗せされ、テキトーにプレイしたい人間を置き去りに加速していくが、チェインで如何に稼ぐかというところまで辿り着くと、戦闘中の戦略性はほぼ消滅する。

 エリアは広大でかなり凝っているが、メインストーリーでは割り切って活用されておらず、マップは見辛く、非常に道に迷いやすい。サブクエストではマップが活かされ探索のし甲斐がある反面、サブクエそのものが単なるお使いばかりで辛みがある。キズナ上げ・レアブレイドエストはイベントも凝っているし、キャラクターという明確なフックで楽しめるが、要求がハード。シナリオはフォロースルーが足りないが、キズナトークやセリフ単位では膨大な量が用意されていて、トータルの物量によってキャラに感情移入をしていける。

 色んな要素が絡み合いながらどつき合いする具合で、保守的なキャラクターデザイン、シナリオ(8話時点まで)からは、想像出来ない尖ったゲームだ。でも、よく考えたら「ゼノギアス」からそうだったし、ある意味原点回帰だ。

 あと何時間遊ぶかわからないが、こういう尖ったゲームが、変にえげつないボリュームで作られる贅沢さを噛み締めながら遊びたい。

 

 

 

今日は以上。