ヨコズキゲーム’

ゲームの事しか書いてない らじてんのブログ。

2017年 印象に残ったゲーム

 気を抜いたら、あっという間に今年も終わりそう。これ毎年言ってる。

 今年は手を付ける事が出来るゲームの本数がメゴっと減った分、どのゲームも面白く遊ばせてもらった。その中から、わざわざ3本だけを選ぶとなると迷った迷った。

 

 

今年も無理矢理選んだ3本

 迷いに迷ったが、今年の3本はこれ。

 

 「Witness

 「仁王

 「VA-11Hall-A

 

 遊んだどのゲームもほんとに面白かった。気分次第で選ぶ3本は全く変わるだろう。誰かに薦めるだとかでも全く違うタイトルを挙げると思う。

 でも、今振り返ってもなんだか心が満たされちゃうタイトルを挙げると、この3本かなと。

 

 「Witness」はどうしても外せない。リリースは今年ではないけど関係ない。今ならスマホ版もあるが、PCやCS機で遊ぶのがオススメ。簡潔で美しいパズル。閃き自体を操作してくるかのような、ルールの散りばめ方。気づきの促しと、思考の檻からの開放と更にそれをひっくり返すような手付き。作り手の手の平で転がされる心地よさは他のゲームでも味わったが、このゲームではそれを通り越して、本当に人間にこんな事が出来るのが信じられないという気持ちになった。

 「仁王」は、体験版からのブラッシュアップと、事前の予想を覆す完成度の高さに舌を巻いた。ダークソウルをうまくアレンジしつつ、史実を遊ぶストーリーも良かったし、クリア後はプレイ目標が鮮やかに切り替わってプレイモチベーションが持続するところも良かった。名作をアレンジしても早々うまくいくものではないが、新規IPなのに次回作を顧みない大充実の内容で気合がすごかった。チームニンジャ見直したよ!!次回作ではよりパワーアップすることを期待してます。

 やっと日本語化が到着しプレイできた「VA-11Hall-A」。ゲームメカニクスは最低限で、基本的にはノベルゲームに近い内容だったが、最低限のメカニクスが雰囲気を大いに助長してくれていた。いいヤツも、騒がしいヤツも、嫌なヤツも、皆いいキャラばかりで、サイバーパンクな未来でも、日常の隣に悲劇があっても、人を思って悩むし、人生は続く…という普遍的な落としどころが今も胸に温かいものを残してくれている。ボーダレスな雰囲気も好みで、心地よさという意味では今年ダントツだった。

 

 

他のゲームもほんといいゲームばかりだった

 ゼルダBOWで広大な大地を目の前にし、無軌道にうろつき続けた感覚は今でも鮮やかだし、手触りを持って細かい試行錯誤を積み重ねるのは楽しかった。手探りの冒険。平原で感じる風。山頂からの風景。祠を征服していく快感。あくまで添え物だが、大人びた語りも好みだった。DLCもやらないとな!!

 マリオオデッセイは遊びごたえ抜群のステージが次々現れ、クリアした後は本気の難易度が牙を剥く。ノスタルジーな要素がシームレスに今の表現へ繋がり、そしてこれから先も続くと感じさせてくれる内容で最高だった。あとサウンド全部いい。BGMも素晴らしいが効果音が極めてインタラクティブを贅沢にしてくれていた(サントラ早く)。

  手が痛くなってもやり続けたHollowKnight。美術、音楽の良さと、ギリギリなんとかなる難易度のおかげで、最後まで手に汗握って楽しめた。ラスボス戦にてボス名が表示されBGMが鳴るタイミングは完璧。正直、ここに限ってはインスパイア元であるダークソウルより震えた。で、Switch日本語版はいつでしょうか…。

 フィンチ家は今でも胸を焦がされる描写がいくつも思い出される。ブランコ、魚切り、缶切り、バスタブ、鮫、本、本。類似ゲームの中ではぶっちぎりに好きだ。

 ニーアはやはり終盤のアクションとシューティングが交互に釣瓶撃ちされるシーンが白眉で、ややチープな全体の雰囲気を許せてしまう。プラチナは本当にいいディベロッパーだ。ベヨネッタ3」や「グランブルーRe:LINK」にも期待。

 「Hollowknight」と同じく手が痛くなった「Cuphead」。俺はマジでプラットフォーマーが苦手だなと思い知らされつつ、えげつないアニメートと愛あるパロディの数々にクラクラさせられた。インディーだからこそ出来る圧倒的な作り込み。プレイ前は操作性が不安だったが、実際はピッキピキの仕上がり。ファミコンのアクションがクリア出来ない俺だけどCupheadはクリア出来る。完璧な調整。起動、即、素晴らしいサウンドトラックは、ラストバトルでの盛り上がりまでずっと最高。

 リメイクというレベルに収まらない熱血物語SPも最高に楽しい出来だった。リメイクの枠を超えてアップデートされた物語にハクスラ要素。大雑把な調整がちょっと惜しいが、それも瑣末なことと思える出来。これが出るまでシリーズを作った開発陣、それを支えたファン、その両方がありがたくなる。

 オークに始まりオークに終わったシャドウ・オブ・ウォーは、ほんとオークに尽きた。今年遊んだゲームの中では一番尖った作りだった気がする。アクションとオークに関わるとこは特に充実してて、全体を牽引する物語とか構成とかはざっくり大雑把。人間も中つ国の運命もどうでもよく、主役はオーク。オークよ永遠なれ。

 

 

やり残したゲームもあるが大満足

 ゲームに使える時間が減ったこともあり、やり残したゲームもたくさんあるが、遊んだゲームはどれも楽しかった。制作コストの大型化からか、安定して完成度も高いゲームが多く、その分、歪に尖ったゲームは少なめだったか。いや、こっちのチョイスもあるんだろうな。

 やり残したゲームは来年にやりましょう。来年出るゲームも来年やりましょう。鬼には笑わせとけ!!

 

 

ではまた来年。

今日は以上。