ヨコズキゲーム’

ゲームの事しか書いてない らじてんのブログ。

仁王→ニンジャバットマン

サイバーパンク2077」が発売するまでにPCを新調しなければ生きている意味がない。

そんなことを考えながら生きています。

久しぶりに書くけど、ただの日記。

 

 

色んなゲームを遊んだ

ゴッドオブウォー」をトロフィーコンプしたり。

セレステ」で死にまくった回数を誇らしく思ったり。

デトロイト」でそりゃ人間(自分)が操作してるんだからアンドロイドもバグるよなと思ったあと、そういう位置取りで遊ぶゲームではないかと頭を振ったり。

また「ランス10」を遊んでたらグラボがほぼ死んだ(別にランスとは関係なく)のでアプデまでにPC買い換えることにして封印したり。

やっと「大逆転裁判2」を遊んで、めちゃめちゃ面白かったぞ、という余韻のままサントラ聞きまくったり。

Abyss and Dark 0」をチマチマ遊んで全滅して救援のための第2パーティーを育成する懐かしいゲームプレイをしたり。

返校」で最初ビビりまくったけど中盤辺り奇妙さや話の展開な気になって怖さが気にならなくなったり。

 

大逆転裁判2が特に良かった。ベスト良曲だらけゲーム。

 

 

 

仁王を再開

で、色々遊んで、今は「仁王」を再開した。

DLCの第2弾が出た頃は若干のブランクから戦闘がキツく、しかし、レベリングもかったるいなぁ…と、そのまま別のゲームに移行してしまったままだったのだが、めでたく続編も決定したし、DLCをクリアしとこうかと。

いざ再開して、一からじっくり攻略してると、やっぱこのゲーム楽しいわー。難易度が複数敵大量出現で調整されてるミッションは好きじゃないけど…DLCの幸村、みんな知ってる謎のおっさんとかはいいね。タイマンで無茶苦茶なボスとバチバチやり合ってる時が一番脳汁が出る。

 

とりあえずDLCはクリア。

完全決着しなかったのは意外。この伏線(?)、次回作で回収されるのかな…されなくても別にいいけど。されなさそー。

 

 

 

ニンジャバットマン

仁王と言えば…仁王のサウンドを手がけた菅野祐悟氏が劇伴を担当する「ニンジャバットマン」を観て来た。戦国時代が舞台で、3Dでアクションしまくって、音楽が菅野祐悟氏とくれば、ニンジャバットマン=仁王」と言っても過言ではない。

www.youtube.com

いやー、面白かった。

バットマンファンのための映画ながら、ノーランの影響を微塵も感じさせない振り切りっぷりに、日本の映像作品をオマージュした小ネタを真剣に詰め込んだ力作だった。

話の勢いはいつもの中島かずき。むしろ、このくらい普通。

アクセルほぼ全開のまま最終決戦に至り、普通ならダレ場に相当するシーンが突然八犬伝新章(大平作画か??いやなんか違う!?と思ったらうつのみや氏というサプライズ)ミーツ日本昔ばなしが始まりダレ場になってないため結局最後までフルスロットル。日本のアニメーションの極北を混ぜてくるなんて思い切りが凄すぎる。

引き写しの殺陣が少ないのは少し物足りなかったが、バットマンジョーカーのいつもの感じのやりとりもあるわ、バットマンの萌えポイントもガッチリ押さえてるわ、見所だらけ。

凝り過ぎな美術、派手に動きまくるキャラ、痺れるBGM、扱いが悪すぎて笑っちゃうベイン。神風動画の並々ならぬ気合が画面から迸りっぱなしだった。絶対、応援上映と相性いい映画だよなぁこれ。

帰宅して即、サントラを買いました。

 

見逃すにはもったいない。

みんなも観ようぜ「ニンジャバットマン」。

 

 

 

次は……

予定ではDLC目的で「Hollow Knight」のスイッチ版を一から遊ぶつもりだったが、次のDLCが実装されるまでお預け。

トロフィー埋めがてら、もう少し仁王を遊んだら、「俺達の世界わ終わっている。」か「WILL: A Wonderful World」を遊ぶ予定(WILL遊んでる最中にPCが落ちまくる可能性があるので実質オレオワ一択)