ヨコズキゲーム’

ゲームの事しか書いてない らじてんのブログ。

また無人島生活(イース8はじめました)

 なんでもない日記。

 

 「イース8」をはじめました。

 「ザンキゼロ」がゲームプレイ・内容ともにそこそこ重た目の内容だった。なので、次は、サクサク進みそうなゲームがやりたいな~と思いながら、PSstoreを見てたら、「イース8」が目に入った。一つ前の「セルセタ」がいまいちだったので、様子見したまま忘れてたし、いっちょやってみるか!と。

 

 

無人島から無人島へ

 プレイ開始してから気付いた。

 ザンキゼロ」に続いてまた無人島かよ!!

 全然内容違うけど。

 

 導入は、概ね「いつものイースなんだけど、遭難者を救助することで、次のエリアがアンロックしていく進行が、リニア進行をあまり感じさせず、かつ、地図を少しずつ広げていく冒険感を高めてくれている。

 戦闘・移動はイース7同様サックサク。とにかく、ストレスを感じさせないということをメインにして作られたであろう触りこごちで、爽快感が強い。雑魚を蹴散らし、走りまわって探索するという、基本プレイ自体がノンストレスに楽しい(何気に無双シリーズってこうあるべきなんじゃねえのって思った)。

 難易度ハードで遊んでいると、ボス戦はフラッシュガード・ムーブをしっかり使わないと勝てないバランスなのもいい。

 シナリオのテンポ、サブキャラクターが集まっていく必然性、短めのテキストでサクッと立ててくるキャラクター描写などなど、いちいちバランスの良さが心地いい。

 資材集めなどは多少のマメさが必要になるけれど、今のところ苦痛に感じる場面は皆無。視界に入った敵をサクサク倒すついでに素材ポイントを殴っていたら、なんとなく素材が集まっているレベル。そのうち任意に狙ったりする必要も出てくるのだろうが、地図にはなんの素材が出るかまで表記される上、ファストトラベルも一瞬なので作業カロリー低そう。

 

 とにかくストレス少なさそうなゲームを遊びたくてのチョイスだったが大正解だった。プレイした当時は全然しっくりこなかったんだけど「セルセタ」も今ちゃんと遊んだら楽しいのかしら。

 

 「シルバー」は並行プレイのつもりだったけど、イースが快適過ぎてちょっとイースに集中してしまっているな。