ヨコズキゲーム’

ゲームの事しか書いてない らじてんのブログ。

もうお腹いっぱいになりかけてる

 ここ数日風邪でダウンしていたため、あまりゲームをしてませんでした。

 それでも一応ちょっと進んだ「アサシンクリード:オデッセイ」。

 

 

メインクエストを見失う

 えっと…どこまで書いたっけ?そうだ、アテナイ社交界で「母親の手がかりが数か所で得られそう」という情報を入手したとこまでだ。

 そう「数か所で得れそう」というのが問題。それぞれ全く別の地方に散らばる母親の手がかり。しかも、どの地方でも簡単に情報は得れない。信用を得るために色々な依頼をこなすことになる。ついでに、社交界で出会ったソクラテスやアルキビアデスからもクエストが受けられるようになる。突然の供給過多!!!

 娼婦の元締めに気に入られるため娼婦を逃がしたり、娼婦の元締めと一緒に髭おやじと戦ったり、ジャイアンの母ちゃんみたいな海賊首領に金払えと言われたり、財宝求めて海に潜ったり、ソクラテスの哲学実験を実践させられたり、船員に裏切られたボンクラ船長を助けてあげたり…。色々やったけどどういう流れから、そうなったのか、最早ぼんやりしている。この有様、気ままな傭兵稼業というより混乱した狂戦士と言った方が近い。

 そして、気づいたら島国の反乱軍に加担し、反乱を主導する女を、スパルタ彼氏から寝取っていた。何言ってるかわからないと思うけど、俺もよくわかってない。あと、当の反乱されてる統治者はもう暗殺済。反乱軍は一体何に反乱しているのか。

 

 

お母さん、正直ちょっと面倒くさくなってきました

 母親がギリシャ各地で大人物として認められていた…ということはわかったんだが、認められた根拠がいまいち見えない。噂と、ぼんやりした思い出話を追いかける展開は正直いって退屈だ。結構苦労した挙句入手した情報が「乗ってた船は〇〇だ」だけってお前。おかんの消息追うだけで、手間かけさせ過ぎじゃない?

 個別クエストも、それなりに面白いんだが、プロットだけ並べたようなものも多くて、面倒くささが勝ち始めている。クソ広いマップが仇となっていて、ちょっとしたお使いでもそこそこの距離を往復する必要が出たりするせいで、かったるさが徐々に積もってきている。

 せめてクエスト中に起こる出来事がもう少しドラマティックならな…。娼婦元締めVS奴隷商人の演劇場対決はそこそこ面白かったけど、ボスっぽく登場した癖に大したこと言わなかった奴隷商人より、人質2択を迫ってきた名無しの雑魚の方がキャラ強かった。シンプルで力強かった序盤の展開に比べ、中盤はどうも色々弱い。

 あと、アルキビアデスが依頼してくるチマチマしたお使いがほんとつまんない。アルキビアデス、お前にはガッカリだよ!お前とは絶対寝ないからな。アテナイを裏切って話を盛り上げるならさっさとしてくれ!

 

 

嫌になる前にさっさと終わらせよう

 もう母親はどうでもよくなってきた。カサンドラさんも、反乱軍の女を寝取ったり、海賊行為で大はしゃぎしたりで、もう両親と関係ない生き方を120%楽しんでる気がするし。せめてコスモスは壊滅させたいが、メインクエを進めていないと倒せないキャラが結構いるっぽいので(前回探していたコスモスもメインクエの進捗で倒せるようになった)、嫌になる前に、まずはメインクエストをさっさと終わらせてしまおうと思う。

 

 

今日は以上。