ヨコズキゲーム’

ゲームの事しか書いてない らじてんのブログ。

「アサシンクリード:オデッセイDLC『最初の刃の遺産:EP1』」感想

 タイトル長っ。ほぼ、ただの日記です。

 

 PS4Proに換えた恩恵を感じるべく、「アサシンクリード:オデッセイ」のDLC第一弾をプレイした。今日はその感想。

 

相変わらずよくわからんが大体わかる

 DLCは、マケドニアの地から始まる。

www.youtube.com

 本編でのマケドニア地方は、終盤に少し関わっただけで、あまりコンテンツのなかった地域。DLCではガッツリとメインの舞台になる。

 マケドニアの地で、虐殺が行われている現場に遭遇するところからスタート。虐殺を主導する「猟人」と呼ばれる組織との戦いを軸に話が展開する。

 猟人を追跡することで、猟人に敵対するダリウス親子と出会う。ダリウスは後にアサシン教団へと受け継がれるアサシンブレードを装備していた…。というような流れ。

 会話の細部が曖昧というか、文脈が強引に感じられる場面が多く、大体わかるけどお前ら何言ってんだ?というところもそこそこあった。まぁ、これは本編も同じだったので、特段気になるほどではなかったが。

 

 

やることは変わらない

 舞台が変わっても、やることは本編とさして変わらない。

 本編ではコスモスの使徒を探し血祭りにした。その相手が猟人組織に変わったというだけではある。しかし、敵の組織図を少しずつ切り崩していくのはやっぱり楽しい。

 アップデートで追加された死体消去スキルのおかげで、暗殺が更に楽になり、最早敵なし。透明化してロックオンを外して来る敵なども登場するが、一過性のボス戦のみなので、大きな目新しさはなかった。

 

 

楽しい歴史ネタ

 とりあえず一本目の歴史ネタは、アケメネス朝クセルクセスの暗殺(回想シーン)。クセルクセスはなんだか暗愚な征服王みたいに描かれていたが、それはそれとして。クセルクセスの暗殺を主導した暗殺集団同士の分裂が描かれ、それが今回のDLCでの戦いにへとつながる。猟人も古代文明に関わりがありそうだし(むしろあってくれ)今後のエピソードはそのあたりも期待したい。

 3部構成となっているDLCエピソードの1本目ということもあり、まずは小手調べという印象が強かった。今後、猟人との闘いがどう激化するのか、楽しみではある。

 

 

アップデート

 DLCに前後してゲームシステムにもアップデートが入っている。

www.youtube.com

 追加クエストはまだ未プレイ。というか、前からアップデートされていたの含めて、あるの気付かなかったよ。もっと目立つように表示してくれ!

 一番の目玉は、レベルキャップの開放と、熟練度システムの追加だろう。

 熟練度システムは余ったアビリティポイントを使って、各種パラメータを更に強化できるもの。あくまでパラメータの強化なので、ゲームプレイを劇的に変えるような要素は全くないが、経験値に意味が出るのはありがたいところ。とりあえず、暗殺力を更に高め、ウォーリアーにもちょろちょろ振っておいた。力こそパワー。

 

 

 

今日は以上。