ヨコズキゲーム’

ゲームの事しか書いてない らじてんのブログ。

「アストラルチェイン」感想

  「Agent of Adventure 君の願いを...」というアプリにハマっている。

 元冒険者である主人公(プレイヤー)の悪趣味を下敷きに、冒険者をダンジョンに送り出し、一喜一憂するタイプの放置ゲームだが、インフレクリッカータイプのそれとは違う。全然インフレしない。パラメータアップもほとんどせず、装備の更新とジョブレベルの上昇で強くなり、危険過ぎるダンジョンを全滅に怯えながら進ませる。wizと同等か更にハードな放置ゲームだ。お前は完全放置ゲー好きだな…という声が聞こえてきそうだ。

 延々とゴブリンスレイヤーをした挙句、巨大なめくじに圧死させられ全滅するようなゲームだが、知り合いの名前をつけて冒険に送り出すととても楽しい。全滅したパーティーの死体を一人、また一人と持ち帰るゲームは2020年になっても健在です。

 色んな仕様がいまいち漠然としているため、チャット内での会話が噂と少しの嘆息に塗れており、その様相に「冒険者の酒場っぽさ」を強く感じる。先輩冒険者は自分が身をもって知った情報を喜々として話してくれる。時に誤情報もある。この雰囲気は、リリースされたばかりの今だからこそ、という気がするので、興味ある人は是非やってみてほしい。

 

 

アストラルチェイン感想

 それはそうとして先日クリアした「アストラルチェイン」の感想。

www.youtube.com

 異世界から侵攻してきた異生物「キメラ」を逆に人類と共に戦う「レギオン」として使役することとなった主人公を操るアクションゲーム。

 プラチナゲームズが得意とする極上スラッシュアクションに加え、レギオンの操作が加わった「デュアルアクション」が売り。

 キャラデザは微妙だなぁ…と思っていたが、プレイしてみるとそんなことは気にならない美点と気合の乗った作りが楽しく、やっぱりプラチナは流石と思わされた。

 

 

遊ぶほどに奥深いアクション

 基本的には「ベヨネッタ」「ニーアオートマタ」同様のスラッシュアクション。プレイヤーのアクションは、攻撃、回避、アイテム使用(選択)のみと非常にシンプル。最初は警棒を振って戦うことしかできないが、すぐに銃が使用可能となり、次に大剣が使用可能になる。

 さらに、そこに「レギオン」の操作が加わることで、いつも以上に多彩なアクションが可能になっている。

 プレイヤーと鎖でつながったレギオンは、基本的にはオートで攻撃を行う。慣れないうちは、ロックオンした敵にレギオンを飛ばせば十分で、それなりに共闘感も味わうことが出来る。敵の特性に合わせ、使用武器とレギオンを切り替えて戦っているだけでも結構楽しめる。

 慣れてくると、レギオンの位置取りを考えて戦えるようになる。レギオンは任意に移動させることが出来るため、プレイヤーとレギオンで敵を前後から挟み撃ちにするようにすれば必ずどちらかはバックアタックでダメージを倍増させることができる。

 レギオンの鎖を使い、敵を捕縛したり、敵の突進攻撃にカウンターすることも出来る。強敵であろうと、鎖を巻いてしまえば捕縛で攻撃を止められるのは楽しく、ジャスト回避以外の選択があるのは新鮮だ。

 さらに慣れると、レギオンとの同時攻撃であるシンクアタックを使いこなすことで、派手な攻撃が出来るようになる。

 ここまでの動作で十分クリアは可能。

 しかし、基本動作が容易になった頃、コマンド技・アビリティー・スキルにより、さらに戦闘アクションが深くなる。スキルで攻撃力を増加させ、回転する刃をレギオンの身に纏った後、コマンド技でレギオンを突進させる。レギオンを完全自律行動させるスキルを使い、その後レギオンを切り替えることでレギオン2体での同時攻撃を行う。アビリティーで敵の攻撃を弾き返せるようにし、敵攻撃を全弾無傷で弾き返したり、シンクアタックの無敵時間を確実に利用して敵の大技をやり過ごすため、オートでシンクアタックが出るアビリティーをセットする、などなど。アビリティーとスキルのセットアップ次第で色んな戦い方が出来るようになっている。こうしたアクションにおける選択肢の多さと奥深さは、これまでのプラチナ製スラッシュアクションでも一番じゃないかと感じた。

 主人公の駆け足→ダッシュ移行が遅い、ビースト騎乗時の走り始めが急速すぎるのは気になるし、カメラにも慣れが必要だと思う。だが、プラチナ謹製の激しいアクションを2体同時にさせつつ、この仕上がりなのは流石だと感じた。

 

 

思ったより濃いめのADV要素

 アクションメインのゲームと思いきや、本作はADV要素も比較的強め。敵とのバトルの前に、まず捜査パートをこなす必要がある。会話やサブイベントの解決を通じて情報収集を行い、集めた情報で敵の居場所を突き止める…という展開が基本になる。

 会話による情報収集だけでなく、レギオンの能力を使って高所の物を取ったり、匂いによる追跡を行うなど、戦闘外のレギオン活用が楽しい。同時に多数いるサブキャラの掘り下げも行われていて、それなりの満足度があった。

 想定外だったADVパート充実の反面、ADVパートにはいくつか問題がある。

 まず、単純に2周目以降を遊ぶ際に邪魔くさい。クリア後、評価ランクS+を狙う際は、そのバトルに辿り着くために、クリア済のADVパートを多少やる必要がある。複数のチェックポイントからミッションを開始できるので、手間は控え目ではあるが、せっかくレッドケース(バトル)とブルーケース(ADV)という形で分類しているのだから、クリア済のブルーケースは完全スキップ可能にするか、チェックポイント数を増やして、レッドケースだけを単独でリプレイ可能にしてほしかった。

 また、終盤付近のADVパートが、本筋とあまり関係ないシナリオなのも寂しい。本編シナリオが消化不良なので、どうせならADVパートのサブクエストを使って補完する形になってくれていれば…という気持ちがある。

 一番気になったのは、ADVパートで大活躍するアイギスモードだ。バットマンアーカムシリーズや、ウィッチャーなどを通して、すっかりお馴染みとなった、特殊な視界による捜査モードが本作にもある。

 拾えるオブジェクトを探す、レギオンで動作するオブジェクトを探す、次の目標を探す、NPCのプロフィールが見える…などなど多機能で便利な視界モードは、便利で雰囲気も抜群なのだが……役割が多すぎて、バトル時以外、常時アイギス画面を見ている状態になりがち。せっかく色んな背景を作りこんでいるのに、ADVパートの大半がモノトーン状態なのは勿体ない。落ちてる拾い物は、通常視界で見えやすくするなど、アイギス画面の役割はもう少し減らしても良かった気がする。

 

 

アジアンサイバーパンクが楽しい美術だが

 グラフィックは全体的に良好。欲を言えば、ゴリゴリのアクションゲームなので、もっとフレームレートが安定していて欲しかったが、描写の派手さ、激しさから考えれば、スイッチの中でもトップクラス。

 前述のとおり、ADVパートの大半はアイギス画面となってしまうわけだが、意識的にみれば、中国要素強めのサイバーパンクな背景はとてもよく出来ている。ロケーション豊富というわけではないが、それなりのサイズ感があるマップが複数用意されていてボリュームも感じられる。ただ、ゲームの半分はアストラル界という場所で展開するが、こちらは景観変化がほぼない。そのせいで全体としては可もなく不可もなくという感想に落ち着いてしまう。

 キャラクター関係については良好。正直、キャラクターデザイン:桂正和というのを見た時に「う~ん今どきこれは…」と思ったのだが、いざ遊ぶと、背景の解像度とキャラクターデザインの解像度がマッチしており、クリアした今では(一部キャラの髪型がダサいという点に目を瞑れば)ベストマッチという印象すらある。

 

 

ノリで押し通せなかったシナリオ

 一番の欠点と感じたのがシナリオ。

 序~中盤はとても良い。見えない敵キメラに対抗するレギオン。レギオンの暴走と義父の犠牲によって亀裂が生じる妹(or弟)との関係。キメラに与するようなジェナという敵の登場。捜査という警察らしい動きと、バトルの配分が丁度よく、1ステージの要素が非常に多い。レギオンが増えると共に、やれること、できることが多くなっていくのが楽しい。

 しかし、中盤以降、異世界から侵攻してくる謎の敵、という人類の大問題が全く話の中心に来ないままどんどん登場人物が退場してしまう。隔離されてしまった第9区、レジスタンス的存在であるハーミットとカイルなど、面白い設定は登場するが、シチュエーションだけ作った後はフォローがない。

 エンディングに至っては、知らん間に色々いい感じに解決してましたという感じの終わり方。首輪をつけて無理に使役していただけのレギオンとの間に絆が芽生えていたという展開も、ちょっと厳しかった。確かに、ゲームプレイは、アクションにこなれるほど主人公とレギオンが一体となって戦えるようになる感覚が味わえていた。かと言って、前振りもなく絆が生まれていました、という展開が来ても、キメラやレギオン側の描写が足りず飲み込めない。

 最終バトル付近の演出やバトルは、かなりボルテージの高い流れが続き、非常に面白い。連続シンクアタックとか超熱い。しかし、設定にも物語にも疑問が多過ぎて、熱いノリだけでは流せない。最後の選択肢でエンディングが分岐したのかな?と思って2回ラストバトルをやっちゃったよ。結局、本編でのなんやかんやと、後日談から察するしかない平和の兆しが見えてる状況の繋がりがない。

 ADVパートがしっかり作られていた分、お話にも期待してしまったのは、こちらの勝手ではあるが、「作画も演出も良いが、シリーズ構成には大失敗したアニメの最終回」みたいなオチには苦笑いするしかなかった。

 

 

とにかくアクションはすこぶるいい

 ストーリーから解放された、その後のシナリオであるステージ12以降は、純粋にアクションだけを堪能できるボーナスステージが山盛り。これが純粋に面白い。

 足りない箇所や欠点はあるものの、アクションの面白さは折り紙つきで、やりこみ要素もかなり深い。純粋なアクションの腕前だけでなく、アビリティのドロップ運が要求される点は欠陥にもなりかねないが、個人的には色んなセットアップを試す機会になるし、組み合わせで色々遊べるいい仕様だと思う。

 評価をS+にしていく過程は、ADVパートのせいでやりにくさがあるものの、再挑戦して少しずつS+に塗り替えていけばいいので、実際のところ「ベヨネッタ」などよりは全評価S+にしやすいと感じた。

 気軽にも深くも遊べるので、かっこいいアクションでゴリゴリと敵をどつきまわすゲームがやりたい人は是非一度遊んでみてほしい。

 

 

 

今日は以上。